FC2ブログ
Home

CBのタンクつづき

2018/09/15(Sat) 20:15

1_20180915191211ae2.jpg
皆さん今晩は
世間では三連休だとか?

はぁ、なかなか良いですね
3連休とはいかない物の、日曜 祭日とゆっくりとしてやろうと思っていたのに
何故かこんな時に限って納期の無い仕事が集中してしまう



2_20180915191214721.jpg

まぁ、そんな訳で日曜も仕事しなきゃならなくなってしまった><
なんで納期に火が付いたヤツばっか来るんだろうか?
後もう少し早く頼んでくれたらなぁ・・・


まぁ、グチっても仕方が無いから無心で働く事にする


この前のCB750のタンクに燃料レベル計を取り付ける続です
前回もお話しましたが、考えていたよりも大袈裟な事になってしまった
聞くところによると、タンクとフレームの間にはそんなに隙間がないらしい?




そっかぁ、・・・
じゃぁ レベル計本体をタンクに沈め込むしか方法が無い
レベル計を取り付ける座の絵(図面)を書いてる最中






3_20180915191215b54.jpg


とりあえず絵は完成したので今度はマシニングで削るプログラム用の絵を書きなおす
物にもよるんだけれどマシニングプログラムを作るには、1つの物に似たような異なる絵が何種類も必要になって来る


え?レイヤーで分けろって?
ごもっとも><








4_201809151912173e1.jpg


いくらCAD・CAMが優秀でも実際の刃物の動きは、人間が指示する
人間がポンコツだと加工中に刃物とワークが激突したり大変な事になる
因みに当たり前の事だけれど、ウッカリと小数点の打ち間違えや、+-の方向を勘違いするとドエライ事になる

そんな事を防止する為にある程度はシミュレーションで事前にツールの動きを見る事が出来る
のでアホな俺でも何とかなる



5_201809151912184e6.jpg


加工プログラムが組めたら今度は、実際に加工していきます
ワークをバイスに固定して高さを測定している所です
実は、この作業が一番緊張します
さっきも書いたけれど、小数点の間違い +-の間違い
原点管理の間違い、何か一つでも間違うと刃物はぶっ飛ぶし、最悪機械本体がダメになってしまう
後、刃物の高さ登録もね





6_2018091519121901a.jpg

先ずは、エンドミルでセンターの穴をヘリカルで下ろして貫通
ヘリカル便利だなんけど時間が掛る・・・



7_20180915191221a59.jpg


次は細いエンドミルで内側をポケットにしたところ


8_20180915191222696.jpg

センサーを固定する為のタップの下穴



9_20180915191224c29.jpg

タップを切てとりあえず終了

それとエンドミルの軌道が見えます
このツールマークが好きって人も多いんじゃないかな?
もっと規則正しい目にする事も可能




10_201809151912252b3.jpg

センサーを固定するスタッドボルトを立て込む




11_201809151912272d0.jpg



コイツがガソリンの漏れを防止するパッキン



12_2018091519122873c.jpg

センサーをナットで固定



13_201809151912290c6.jpg


裏面と言うのか、タンクの内面側から見た所・・・・


14_201809151912312ea.jpg

とりあえずちゃんとパッキンが効いてるのかチェック
注いでるのは、メタノールです




15_20180915191242b13.jpg

・・・・・・・



16_20180915191242a54.jpg

まぁ、漏れては無いなぁ、、

・・・・・・・・



しかし
こんなんで解るか!





17_20180915191245f59.jpg


まぁ、パッキンの内側には滲んだ痕が無いから合格(今段階)




18_20180915191246462.jpg

今度は、タンク本体にとりつけ

この辺かな?





19_20180915191248560.jpg


美しくカット





20_20180915191249e88.jpg


タンクの板が薄いので隙が出来ないように慎重にすり合わせ
すいていたら、くっ付く前に無くなる><




21_20180915191250502.jpg

溶接めちゃくちゃ付けにくかったです><
擦り合わせが良くても、根本的に板厚が薄いので電気を飛ばすと溶けて無くなってしまう




22_20180915191252807.jpg



再び登場センサー本体です



23_201809151912541cc.jpg

フロートから延びる棒
元々違う車種の物だから仕方がないのですが、長さが足りなくてタンク内で干渉します




24_20180915191255fa4.jpg



仕方が無いから切る


25_20180915191256d1c.jpg

で、適当な棒を溶接して延長

・・・・・・

なんか折れそうやな、、、





26_20180915191258781.jpg


またまた適当な棒を抱かせて溶接

走行中にガソリンが揺れてフロートの棒って結構負担掛かってそう
これやったら大丈夫でしょ?





27_20180915191259080.jpg

再びパッキン(オーリングとも言う)



28_201809151913017e5.jpg

そりゃまぁ付くわな、、

なんか普通過ぎて言葉が思いつかない


29_20180915191302269.jpg


ここから後は、オーナーさんのお仕事です
完成したら乗ってきてね



jp-akai
スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(0trackback(0

お・と・な・の社会見学

2018/09/10(Mon) 19:10

1_2018091017204114b.jpg


みなさんこんにちは
大阪と言うよりも関西地方は、強烈な台風が直撃でそこら中大変な事になっていました
そんなこんなの矢先に北海道の地震
なんか今年は災害が多くないかい?
今年一年を漢字で表すと「災」なんじゃないか?
来年は元号も変わるらしいし、平和な年になりますように

って、まだ9月だが





話は本題にうつります

いつもは、マシニングや機械加工にてアルミパーツを作っている所まではアップしています





2_20180910172044c5b.jpg

しかしその先のフィニッシュと言いますか、アルミのお化粧アルマイト処理のお話しです

その前に軽く講釈をたれておきます
アルミと言うのは、本来は白と言うか銀色の肌の金属です
しかし皆さんのおなじみバイクのアルミパーツと言うと、赤やらブルーやら黒に金色
様々な美しい色が有ると思います

Q:これって色塗ってるの?

A:いえいえ、違います
コレはカラーアルマイトと言いまして、アルミの表面を染料で染めているのですよ
元々アルマイト処理と言うのは、アルミの腐食を防ぐ為の処理なんです
アルマイト処理を施すには、温度管理のされた薬品に漬け込み
そこに電気を流すとアルミの表面に規則正しい六角形状のミクロ単位の酸化被膜を形成します

この酸化被膜を形成した時に六角形の真ん中にミクロの穴が出来るのです
そこへ、キレイな色の染料をしみ込まして
最後にまた薬品と電気にて今度は、その穴を塞いでしまうのです
それが皆さんおなじみのカラーアルマイトと言う訳です

またアルマイト処理を施した酸化被膜は絶縁体に変化して電気を流しません












3_201809101720474c8.jpg



前置きが長くなりましたが
私がいつもお世話になっているアルマイト屋さん
株式会社・大洋技研さんにお邪魔します








4_201809101720478fa.jpg


工場に入ると先ず目に飛び込むのは、謎の枠
なかなか刺々しい鋭利な器具です
恐らくこれは、中世ヨーロッパの拷問処刑器具 アイアンメイデンの中に入ってるアレなんじゃないでしょうか?



5_20180910172048cea.jpg

ほら、見るからにヤバそうな事してます・・・
この怪しい浴槽に逆さ吊りした人間を頭からゆっくりと浸して・・・・・・





6_20180910172051595.jpg

ギャー!

なんてしょうもない事を書くと、後から社長にドつかれると怖いので冗談はここまでにしておきます





7_2018091017205121f.jpg


先ほどの枠にアルミパーツをセットして、工程別の浴槽に漬け込み
アルマイト処理を施していってます

※本当は、先ほどの枠や冶具類・作業風景は、撮影禁止です
 工場長の許可を頂き撮影させていただきました
 ありがとうございます  akai







8_20180910172052e27.jpg


上がりたてホヤホヤのスタビライザーのクランプ部分





9_201809101720542c1.jpg

コチラは、タワーバーのセンターバーの部分です
社長・工場長・従業員の皆様、撮影および我がままにお付き合い頂きありがとうございます





11_201809101720552b6.jpg

ここからは、俺の仕事
組立作業です



12_20180910172057c55.jpg


通常は、濃い金と言いますか、一般的に金アルマイトと呼ばれる色にて仕上ています
しかし今回は、リクエストを頂きまして通常よりも淡い金・シャンパンゴールドにて仕上ています

え?「4セットしかつくって無いやんか?」ですって?
はい、製作開始は5セットだったのです

しかし製作しているうちに加工ミスが出てしまうのです
今回は、1つの加工ミスで済んだので残りの4セットが製品となりました
疲れている時や、忙しい時に無理矢理作ると2~3割が失敗してスクラップとなります><
マシニングと言えども、完全オートマチックでは無いので
体調とメンタル状態にて左右されるのです





13_2018091017205868c.jpg


コチラが皆さんのなじみ深い金アルマイトと呼ばれる仕上がりです
しかしこの金色も俺の我がままにて通常の金では無いらしいです・・・><
通常の金はもっとオレンジ色っぽい感じなのですが

俺が「エンドミルのコーティングのような色合いの仕上がり」

みたいな軽い気持ちで我がままを言ってしまった為に
通常ロットでは、無く
わざわざ特別に沸かしてくれて色を付けてくれています><
少数ロットなのに昔から現在までズーっとお世話になりっぱなしです





14_20180910172100678.jpg


コイツも組みつけ




16_20180910172101882.jpg


バラバラ状態で送るのと、とりあえずアッセンブリーで組み立てたのを送るのって
ドッチがええんやろか?

一応俺的には、極力悩まずに取付して欲しいって感じでアッセン組立してるんだけど



17_201809101721039a2.jpg


タワーバーのゴールドとスタビのゴールド

一括りにゴールドと言えど全くの別物です

スタビのシャンパンゴールドはとりあえず残り3セットです(jp-akaiの彫刻なしです)
フレームサイドキャップのシャンパンゴールドも残り1セット(こちらも彫刻無)
タワーバー・ゴールド 残り9本




18_2018091017210476d.jpg

しかしカラーアルマイトってキレイですよね

もしも個人にてアルマイト屋さんに作業を依頼される時のお願いです


無茶な納期を言わない

あんま細かい納期を聞かない
ロットの都合が有ります
焦るとろくな事有りません






プロでも100%では無い事を理解する
アルミも色々な材質が有ります、的確に材質指定をしても完全に100%では御座いません
まして材質の番手が解らないのに依頼して「仕上がりが悪い」なんて言う素人が多くなると
今度は、だれの依頼も聞いてくれなくなります




再アルマイトを頼む時は、キレイにしてから送りましょう
気持ちの問題ですね、逆の立場で汚れた物を送られた時にどう感じますか?




俺は客だぞ
そんな人は、氏んでください
50:50←これが理解できていない人は何か欠落しています



何か有っても
いちいちSNSで悪口を言わない
はっきり言って陰険です
根暗です
コレも何か大切な物が欠落しています




上記の事をアルマイト屋さんが言ったのでは有りません

あえて社名を隠していません
もし、このブログを見て個人にて作業を依頼する方が居た場合にお願いしたいのです

私が言いたい事は、お互いに人間です
思いやりを忘れずに気持ちよくやり取りをしましょう
jp-akaiからのお願いです






テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(2trackback(0

類友ってヤツか?

2018/09/07(Fri) 21:39

1_20180907210838a0f.jpg


皆さん今晩は
世の中には色々な人が居る

大雑把に分類して、ノーマルな人間とアブノーマルな人間
今回は、後者の方
そう、いわゆる変態とも呼ばれる部類の人のお話です




2_2018090721084018a.jpg

変態とノーマルの線引きは難しいです
普通の人でも想像を膨らませて色々な事を考えます

しかし変態と呼ばれる人間はここから一線を越えてしまうのです


今回持ち込まれた物は、CB750のタンクと 逆輸入かな?CBF125の燃料タンクです
ぶっちゃけDAEGとR1-Z以外には全く詳しくない
CB750は知っているけれどCBF125なんて聞いたことない





3_20180907210841f84.jpg
で、何をしたいのって話なのですが
このCBF125の燃料計センサーをCB750に移植したいとの事

とりあえず依頼主に聞いた

「何でそれが使えると思ったの?」
よくまぁ、それがイケるって解った物だ・・・

「それ付けて燃料メーターはどうするの?」
なんせ元々燃料計が付いてないのにセンサーだけ移植しても意味が無いじゃない?

すると依頼主が曰く「なんちゃらのメーターが何々で、それがどーのこーの★□〇△☆・・・・」

うむ・・・・
マニアの言う事は、サッパリわからん☆
とにかく情熱だけは理解出来た




4_20180907210842168.jpg

電気的な事はオーナーが一番詳しい
要するに俺はコレをコイツに取り付ければ良いのだね?



5_20180907210843c65.jpg


変態オーナーの情熱と口車に乗せられてウッカリと引き受けてしまった物の
タンクとフレームの隙間があまりない事に後から気が付く





6_2018090721084565b.jpg

うーむ・・・・
脳内では簡単に取付できるのだが、実際にはクリアすべき問題点が多々存在する


7_2018090721084620d.jpg

結論から言うと想像通りには事は運ばなかった
遠回りする事になるが、それがゴールの近道になるのかな?


嫌いじゃないです
本格的に熱い変態の人
(失礼)

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(0trackback(0

まだまだ暑いですね

2018/08/27(Mon) 11:15

1_20180826184323cd6.jpg
お盆を過ぎて2~3日ほど涼しかったので今年は、早く秋が来るかな?
なんて甘い事を考えていましたが、やはりまだまだ残暑が続きますね><


2_201808261843241cd.jpg
ライトカバーのステーです
一度在庫を切らせると、そこから長いjp-akaiでありますが
何もさぼっている訳では御座いません><


3_20180826184326942.jpg

知っている人は、知っている
知らない人はごめんなさい
朝の8時からPM22時 遅い時は25時まで仕事をしています
うちって基本短納期の仕事が多いのです

その短納期が重なるともう大変
日曜祭日なんて関係なく仕事をしています





4_201808261843272ab.jpg

こんな一人ブラック企業なのでなかなかパーツを作る時間をとれないのです

はい、
たまには、休みを取ってゆっくりもしますよ
流石に人間ですので・・・

それよりも近頃ストレスが溜まってるのかなぁ?
胃腸の調子が悪くて病院に行ってきました
なんていうのか、下腹部の鈍痛で夜眠れない・・
検査の結果はまだですが聞くのが怖いです><





5_20180826184328505.jpg

このフェンダーレスも地味にたくさん作っています
あらかじめ決められたパターンで大まかなレイアウト変更は受けていますが
あまり細かい事を言われると対応できません

しかしバリエーションが多すぎて何が何やら・・・・・(;^ω^)

6_20180826184330458.jpg

素の状態の材料
黄色いのは保護ビニールです


DSC_2418.jpg

何を作るのかと言うとフォークスタビです

とある方からのリクエストにて通常は、濃いゴールド部分をシャンパンゴールドに変更したバージョンです
このリクエストも相当長く待たせています。。。。
普通なら怒ってもおかしくないレベルです・・・

その他の方もいっぱい待たせていたり
誰が誰なのか解らなくなって連絡出来なかったり。。。

俺、やべーよな


怖いから絶対に検索しないけど、自分の名前をググったらむちゃくちゃ悪評が立ってるかもしれん?
もし、そんなの見たら確実に鬱になるから絶対に検索しない><

便利な反面、怖い世の中になりましたね
jp-akai

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(4trackback(0

恐怖到来?

2018/07/17(Tue) 23:36


5_20180717223146573.jpg


皆さん今晩は
夏です
恐怖の到来です

うちjp-akaiの工場の熱さは尋常では有りません

どれぐらい暑いかと言いと









2_2018071722314045a.jpg

こんぐらい暑い

毎日じゃありませんよ
でもほぼ毎日38度が普通で、本気で暑い時は40度オーバー

ちょ、マジで殺す気かね?






3_20180717223142602.jpg


何故ここまで工場内の温度が上昇するのかと言うと
原因はこの壁に有ります






4_20180717223142ea7.jpg

昼間はこの壁が直射日光で50度付近まで加熱されるのです><
もう、なんて言うんだろうか?
壁から発する熱エネルギと言うのか、それが遠赤外線グリルの様にじりじりと肌にキます
そりゃもう、ジューシーであふれ出る肉汁(汗)
最近は照り焼きの気持ちが解るようになってきました






1_20180717223139302.jpg

あんま暑すぎるモンだから、頭が炊けてきます
ずーっと湯舟に潜ってるのと同じなんだもん
のぼせますわ

とりあえず失敗と怪我しないように何とか頑張ってます



6_20180717223145a84.jpg

それなのに
何これ?
フュージョンのフロントまわりだと?
フュージョンて、ホンダのスクーターやん?
何て言うんだろうか
ただでさえ暑くて仕事の能率が落ちているのに、また厄介そうな物を持ってくる奴が一人・・・









7_2018071722314739d.jpg


犯人はコイツだ

スクーターの世界観は何か良く解らないけれど
車高を下げてホイールベースを伸ばすのがカッコイイだとか?
否定はしないけれどあんま興味ないんだなぁ・・・




8_20180717223148e89.jpg

フュージョンは、フロントの車高を下げると前輪が車体側に寄って不細工(?)だそうだ
だからコイツをぶった斬ってタイヤを前に出して欲しいとの事

そんなデンジャラスな事して大丈夫なのか?・・・・
スクーターのカスタムは発想が違うな

まぁ、そんな無茶な遊びも嫌いじゃ無い
言うのは、簡単だけど
しかし、どうやればアライメントと言うのか、極力左右のバランスを崩さずに角度を変更できるだろうか?









9_20180717223150d02.jpg

とりあえず左右をつないで、2/3ほど切り込みを入れてショックレスハンマーでぶん殴ってやった
どないや?おおよそ20°単純計算で約120mm程前に伸びた事になる



10_20180717223153dbd.jpg

当然だけど切りっぱなしでは強度もへったくれも無い
切り込みを埋めるのに約Φ38ぐらいの鉄パイプが欲しいのだが、残念な事にそんな半端な規格のパイプなんて手元に無い
32Aの鉄パイプを切て、沿うようにRを整えなおしてやった







11_20180717223153290.jpg


後は適当に目に付いたフラットバーをコンタで切て


12_20180717223156c06.jpg

歯抜けになったリブ部分にはめ込んで




13_201807172231566fa.jpg



溶接で繋いで完成




14_20180717223157303.jpg


これがどんなモンなのか俺には、解らない
しかしタケシは、バッチリと言っているのでこれで良いのだろう
でも万が一折れて怪我しても俺は知らないぞ




15_20180717223159ab5.jpg

更に恐ろしい事も言っていた
何の事か良く解らないけれど、フレームをぶった斬って、リア周りを作り変える????

チョットまて
それ、誰がやるん??????・・・・><



テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(2trackback(0


▲このページのトップへ