Home  > Category > 仕事

なんでも屋jp-akai

2016/11/15(Tue) 20:26

1_201611151916164e2.jpg

まいど~jp-akaiです
冬やね冬!
嬉しい!
超嬉しい!
暑いのはどうしようも無いけれど、寒いには服を沢山着れば良い
ま、寒いのも限度がありますけどね
あんま寒いと目覚めても布団から一切出ません

それはさて置き、なにやら見覚えの有る画像・・・・

前に外国人が経営する(中国人かな?)リサイクル屋さん(スクラップ屋)の社長が
どう言う訳かわたくしを誰かと勘違いして「おにーちゃん、看板作って」と頼まれたんですわ

で、マシニングのCAD/CAM練習がてらOKして作ったものがコレです



んで、先日久しぶりにスクラップ屋に行くと社長が「おにーちゃん、この前は本当にありがとう!すごく良い!
思っていた以上の仕上がり」と凄く喜んでくれた

実は、渡しに行った時に社長が不在で奥さんに預けて帰ったんですわ


ま、そこまでは良かった

「おにーちゃん、もう一度リクエストさせて!」

との事・・・













2_20161115191619350.jpg



参ったなぁ。。。。
俺わりかし忙しいんだけど><

でも社長の熱い思いを聞いたら断れなくなった
なるほど、その思い入れ俺は好きだわ


前回はアルミ板を切断する手段が無かったので強引に丸鋸(木工用)にて切断した
丸鋸は良く切れるけど流石にアルミ板を切るのは怖い
それと右手親指のトラウマが有るので正直あんま好きくない
でも今回は違う、だってコンター買っちゃったもん♪(中古)




3_20161115191620160.jpg


コンターええわぁ~コンター
めっさ便利!もっと早くに買うべきだった







4_2016111519162130f.jpg


コンターで大まかに切断して、固定用の穴を開けて表面の保護ビニールを剥がした所


5_20161115191623d8d.jpg


でもってマシニングに冶具をセット
応急的に作った物だからそんなに良い物では無い

それはともかく板を固定する為のタップを切る最中


6_201611151917281ed.jpg


先ほどの板をセット
彫刻で掘る深さは、浅い所で0.08mm
平行が悪いと彫刻が出来て無い所が出来てしまったり
またはラインの太さが所どころで変わってしまうので慎重に
これが意外と難しいんだわ




7_2016111519173064c.jpg



次にワークの(削る対象物)高さと加工する時の原点を出す

マシニングってデータ作ってスイッチオンで後は自動で超便利!と思われがちだがそんな訳では無い
もしそんなに便利で優秀ならば職人と技術者はこの世から居なくなる
少し話がそれるのですが
マシニングは、刃物と機械の性能以外にありとあらゆる条件のマッチングと経験値が無ければ
無駄にデカい機械に過ぎません



8_20161115191732859.jpg


そんな面白くない話はさて置き、機械は動き出す



10_2016111519173337c.jpg

先ずは外枠をキレイに仕上げてみた

直角の真四角ならば汎用でも余裕だけど、この角にRが有ると話が変わる
でもNCなら鼻くそほじっててもキレイに仕上がるびっくりドンキー!




11_2016111519173437d.jpg


あほな事を言ってても機械は再び動き出す



12_20161115191745d62.jpg


外枠の縁取りとリサイクル屋のマークを彫刻

話が前後するんだけど、先ほどの社長の話です
このマークは社長が考えたオリジナルのデザイン

「僕はこのマークで成功したんだ、だからこれが凄く気に入っていて自慢なんだ!」

なるほど!そうなんだ
なんか解る気がするなぁ・・・
自分のオリジナルエンブレムか

11_2016111519173437d.jpg


感傷に浸っていても機械は動く
お前超優秀!






13_20161115191747efc.jpg


リサイクル屋の名前のKM

別に何んも気にもしないし考えようとも思わなかったKM
実はこれは社長と奥さんのイニシャルだそうだ

俺のJPも意味があるんだけど、KMにもこんな深い意味があったんだ



14_20161115191748af9.jpg


この社名ともなっているイニシャルのアップ

わりかし芸術的でかっこ良くない?




15_20161115191750453.jpg

そして再び機械は走る

・・・・
ちょっと待て
一番最初の画像と何がちゃうねん?!


KMリサイクル

全く同じならリクエストに応える気にならなかったかな?








16_2016111519175192e.jpg




下の空白に入る文字は

SINCE2009

うおー!俺のダエグと同じ年式やん!!!!

などとしょうもない理由ではない


2009~
おっちゃんの歴史かぁ、すげぇ!
何人か知らないけど、異国の日本で成功を収めたおっちゃんカッコイイ!
俺なんてまだ2年になるかならないか・・・・








18_20161115191821c26.jpg


社長の思いで話ありがとう
国籍なんて関係なく、輝いている人は魅力が有る
俺も負けへんぞー!



んで、リサイクルは書かなくて、その場所に2009を入れてくれってのが今回受けたリクエスト

「書体と大きさとバランスはおにーちゃんにお任せ」

おいおい・・・責任重大やがな
どないしようか?・・・・

考えた結果、社長の直筆を画像で取込みトレースしてそこに収めた







19_201611151918246cd.jpg


看板や表札と言うよりも社長は、オブジェとして見ている様だった




20_201611151918242d5.jpg

写真立てのようにどこかに立てて飾りたい




21_201611151918266f3.jpg



流石スクラップ屋さん
アルミの端材のような物を手渡されて「これに溝切て」との事
(画像のブツはSUSの棒でっせ)
うーん、ここまで来てスクラップを利用して立てる何かを作るのが嫌だった



22_20161115191827715.jpg


SUSの丸棒を削って、簡単なステーを製作した



23_20161115191837ae9.jpg

表の穴にはローゼットワッシャにて飾りネジ(もちろんSUS304)


おにーちゃん有難う!

いえいえ、どういたしまして









御代は社長の思いで話にて

なんてね






スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(2trackback(0

位置決めのジグ

2016/08/20(Sat) 19:18

1_201608201826185d6.jpg



皆さま
お世話になりますjp-akaiです

クソ暑い
いや、スッゲー蒸し暑い
日本の夏は亜熱帯ですな
早く秋になってほしいです


それはともかくややこい仕事
守秘義務なんちゃら有るので部分的にしか写せませんが、SUSのφ3にてピッチ50の格子を作れとの事
まぁ、当然の事のようにフラットで
要するに縦横の棒を重ねたらアカン

言葉では簡単だけどめっさ大変と言うか手間仕事

うーむ、どないしよ
これだけじゃないんだけど、その他の収まりと言うか仕上もなかなかハイレベルな要求
そんなん匠の世界ですやん・・・・俺を誰や思てますん・・・・><
少々仕事も込み合っているし、断ろうかな?なぁ~んて思っていたんだけど
そうは問屋が卸さねぇ!
O部長直々に頼まれたもんだからもう(笑・・・

まぁ、作れない事は無い
てか普通に作れるはずなんだけど
ただ罠と言うか、詰め将棋の如く何手も先を読んで仕事と段取りをしないとドえらい目に合う
と言うか何度も地雷を踏んでる
おれプレッシャーに弱いのよね あははは。。(笑)



2_20160820182621e7d.jpg


だらだらした話はさておき
とりあえずメンドくさそうで、そのクセしてパっと目に飛び込む部分なので仕上がりの美観で全体の印象すら左右される格子

溶接すりゃどーせ歪んで曲がるだろうが、仮溶接の段階で通りが狂ってたら更に良い仕上がりなんて期待出来ないわな

で、考えた

ジグ作ればええやん

発想は単純で誰でも思いつくだろう
でもバシっとしたジグを作るのって大変で手間がかかる
まして一個の為にそこまで情熱を注げるのか?

あー、だるい・・・・

今まではそう考えたかも知れない
でもマニングで遊びたいからヤっちゃう
いや、マシニングが有るからヤル気になったのかも知れん


3_20160820182622f3d.jpg



Gコード手打ち
カンニングペーパーと言うか、先ほどのGコードの紙は自分で書いてる
今はまだ一度全部のコードを書いて全体を見ながらじゃないと打ち込みを間違う
まだまだ勉強が足らん
早くCAMほっすぃー!


4_20160820182623e1b.jpg


材質アルミ
バイスにセットしてワーク原点と高さを測定

5_20160820182625040.jpg


ぶっちゃけXYは座標登録してるけどZだけは毎回測定せなあかん
機械は融通が利かないので、小数点1つ打ち間違えると、とんでもない事になる
ま、当たり前か・・・
ワークがぶっ飛ぶぐらい笑い話だけど、機械を壊すと笑いにならない



6_20160820182636a7c.jpg


細かく書くと長くなるからザックリの話だけど
プログラムを実行する時に一つ一つのコマンドで止まるようにして、なおかつプログラムが正しいか確信出来るまでは刃物を下ろさない


7_201608201826382f5.jpg


一つ上の画像の話だけど、刃物とワークは5mm離れてる

この画面で残り移動量と方向を確認しながら一つずつプログラムを進める



8_20160820182639817.jpg

一通りのプログラムを終えて、間違いが無い事を確信して初めて削る
俺はまだ手探りしながらコイツを使ってるので結構時間を消費する

なんせ大切なオモチャだから潰したくない


9_201608201826410c6.jpg


無事に作業完了

正直な話
これぐらいはマシニングを使わなくても汎用フライスで十分イケるし、今の腕ではソッチの方が早かったかも知れない
しかし無駄に時間を掛けてでも自分の経験値を上げて行かなければ今後の未来は無い

ま、時間が掛かった分は上乗せして請求するし(爆)       (冗談です><



10_20160820182642431.jpg


同じ色なのでわかり辛いけど、こんな感じで格子の間隔を決めてみようと思います



O部長
待ってくれてありがとうね
jp-akai










テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(0trackback(0

俺の旋盤

2016/06/02(Thu) 21:38

1_20160602203305a25.jpg

新しく俺の相棒になった大隈旋盤
前の大隈旋盤は俺よりもはるかに年上のお爺ちゃんだったけど、コイツは俺よりも2年ほど年式が新しい77製

基本操作はほとんど同じなんだけど、年式が新しい分あちこち進化して使いやすくなっていたり、逆に前の方がよかったなぁって思う事があります


2_20160602203306481.jpg

中でも致命的なのがこの部分
精度的にはバッチリなんで申し分ないんだけど問題なのが直径が小さいんだわ・・・・・
古い大隈旋盤に着いてたのは10インチ
対するコイツは8インチ
たった2インチの差なんだけどイザという時に役に立たない
それと今まで掴めて加工できた物が加工できなくなるのは腹が立つ


4_201606022033102a2.jpg

旋盤のチャックにも規格が有り、色々なメーカーやサイズに交換が出来るようになっている
前に使っていた同じメーカーとサイズのチャックを買った
キタガワの10インチ、しかも新品
何気に買ってるが20万円オーバー><
中古で探すのも有りかも知れんが、旋盤加工の命とも言えるのがチャックの精度
せっかくバシッと精度が出る旋盤なんだからチャックの金をケッチってはいかんでしょ



3_20160602203308891.jpg

早速8インチを外す
取り付け部分は色々なPCDがうってある

6_201606022033108ce.jpg

クソ重たい・・・・
一人で交換すると腰をいわす

7_20160602203321610.jpg

やっぱ10インチやで~♪

旋盤は大隈
チャックは北川10インチ
俺の中では、このコンビ以外は絶対に有りえない

ちなみに付いてた8インチも北川だけどね


8_201606022033226f8.jpg

8インチチャックの直径
何センチか大きいのは余白かな?


9_20160602203324833.jpg

こちらが10インチ
たった40mmの差かも知れないのだが、この差はすごく大きいんだ

それと8インチと書いたが40mmの差となると、ひょっとすると8.5インチかなぁ?
よく解らん


チャックが新品でウキウキのはずなんだけど地獄のどん底に落ちた瞬間でも有る・・・><
今回の10インチは旋盤に直付けなんだけど、以前の古い大隈に付いていた10インチはフランジ取り付けタイプ

何が違うのかと言うと物凄くマニアックでコアな話になるし、解る人が少ないと思うので書かない事にする
でも決定的に違うと言うか不便なのが正面から見える穴がすごく小さいんだ

フランジタイプのヤツはこの正面の穴が2周り以上大きかったから、ソコソコの径なら奥まで突っ込む事が出来た
それだけじゃ無い、正面の穴が大きかったおかげで、この正面から突っ込むタイプの当たりジグを多数作っていたのが全て使えなくなってしまった><



10_201606022033253f2.jpg


今の状況のままで数物が出ると非常に苦労する事になる
何とかせねば・・・・・

前までは正面の穴が大きいので出来た事が一切出来ない
ならば正攻法として後ろから調整出来る当たりジグを作ってやろうと思う



11_20160602203327d29.jpg

材質:SUS304

またソレかって?
コレしか無いんやがな
ちゅーか鉄嫌いやねん




12_20160602203344db9.jpg

ジグに304とは勿体ない話なんだけど
コイツは何かのスクラップ材なのでどのみち製品に使う事は出来ないからいいや
でも表面を一皮めくるとピカピカです


13_20160602203346770.jpg


後ろの部分にネジが切ってあるのでピッチを調べる
なんの為のネジかは解らないけど、多分こんな感じでアタッチメントを取り付ける為の物かな?
なかなか親切やん

14_20160602203347ab7.jpg

調べたピッチと同じネジを切る
旋盤に取り付ける部品を旋盤で作る
普通の事だけど何となく笑える


15_20160602203349d52.jpg

手締めでも滑らないようにローレットも切っとく


16_201606022033505e1.jpg

切断して反対側も仕上げる
奥にはM16のタップを貫通させている


17_201606022034035ae.jpg

でけた!
SUSはズッシリと重たい
でもこの重みが好きなんだなぁ


18_20160602203404427.jpg

部品と言うほどの物では無いが、M16の寸切(やはり304)を通して、先端の暴れ防止の為の円盤も取り付ける


19_20160602203406dbc.jpg

で、どないするのかと言いますと


20_2016060220340707a.jpg

コイツをケツからぶっすりと・・・


21_20160602203408f04.jpg

後はねじ込むと完成♪


22_201606022034182c6.jpg


正面から見るとこんな感じで寸切が突き出している
この寸切の長さで当たり調整をして寸法を決めておくと、数が沢山有る時に威力を発揮する
センターにこれより大きな穴が開いている品物の場合には、また先端のアタッチメントを作ればよい




23_20160602203419459.jpg

これで一つ作業効率が上がった




テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(3trackback(0

新しい工場と新しい年

2015/01/01(Thu) 23:47

1_20150101183224315.jpg

皆さん、明けましておめでとう御座います
いや~、一年て早もんスね
つい最近「2014年も宜しく!」
なーんて言ったような気がするのにもう2015年なんですもん!
そら~俺もオッサンになるハズですわ~(涙)


2_2015010118323812c.jpg

それはさて置き、俺の城の話です
(ちなみにこの画はまだ2014年の末の話です)

結果オーライって言葉が有る物の、念願の自分の工場を立ち上げてルンルン気分では有りますが
一つ気になった事が有ります
ソレは玄関のドアの塗装が劣化しまくっている事です

オシャレは足元から
うん、工場は玄関から
誰がそんな事を言ったかは定かではないのですが、お客さんが来た時に一番最初に目にするのは玄関ではなかろうか?

やっぱ第一印象って大事ですよね




3_20150101183239f4c.jpg

そんな訳でこのキッタネー玄関の塗装をやり直す事に決めました



4_20150101183240c7c.jpg


コイツはジャストからの戦利品だ


5_20150101183241b32.jpg

先ずは汚れ落しと軽く脱脂の意味合いにて、先程のペイント薄め液で表面をふきあげてやります



6_20150101183308d5b.jpg

お次にスコッチブライトにて表面の劣化した塗装の表面を軽く削るように塗装の足付けを施してやります

バイクや車の塗装の時もですが、足付けにスコッチブライトを使うと凄く効率が良いです




7_20150101183309065.jpg

折角キレイに塗装してやるのに、他の所まで色が付いてしまうと台無しですよね
刷毛で塗るにしても他を汚さないように塗るのは神経を使いますので、養生と言いましょうかマスキングをした方が効率よく作業が可能


8_20150101183311f87.jpg


使うペンキは水性塗料のこげ茶色
俺的に刷毛塗りなら水性塗料の方がキレイに仕上げやすいです



9_201501011833121fd.jpg

先ずはザーっと適当に刷毛で色をぬりぬりします
刷毛目なんて気にしな~い♪


10_20150101183314a39.jpg

で、ここからが刷毛塗りでもそこそこキレイに仕上げるコツです
取り出しましたのは洗車等に使う普通のスポンジです


11_20150101183341614.jpg


自分が使いやすい大きさにカットします
ソイツをペンキの中にドボンと・・・・・・




12_2015010118334251c.jpg

後はスタンプを押すが如くポンポンペタペタと刷毛塗りの上に塗料を乗せていきます



13_20150101183343095.jpg

スタンピングは適当でも良いけどあんまムラにならないようにした方が仕上がりがキレイです


14_20150101183344c88.jpg

仕上がりはこんな感じです
スポンジで表面を叩くので刷毛目がキレイに消えてるでしょ?
要するにローラー塗りと刷毛塗りの中間のような感じです

ローラーだと細かい部分が塗り難いでしょ?
刷毛だとムラが・・・・・

これは水性塗料と相性が良かったりします


15_20150101183345e86.jpg


ぼっちらぼっちらと、会社のユニックを借りて道具やらを運んでます


16_201501011834175cd.jpg

夕方

途中一人が寂しくなって、自撮りして関西組みの仲間にラインしてみたり・・・・(笑)


17_20150101183418ef0.jpg





工場の機械レイアウトはどうすれば使いやすいかな?
なーんて楽しい事を考えながら工場で過ごす




18_20150101183419e23.jpg


翌日

グッドモーニング!

フライスや旋盤は年明けに搬入するとして、小物類の整理が結構大変
まだ棚が一つも無いからどないもならんわ><



19_201501011834203d2.jpg

あ、どうせなら表札も作ってみよう

大まかなデザインは今まで通りだけど、どうせなら少しだけアレンジしてみようと思う

20_201501011834212d6.jpg

先ずはメインの部分を白色から切り出す


25_20150101183452f2a.jpg

今回は大きいから問題ないけど、デザインが細かい物をプロッターで切り出すと、後で余白を抜くのが凄く大変だったりします
ゴーリンズやらジョーリンズなんて最強に目が死にます(笑)


21_20150101183448daf.jpg

akaiやから赤色も使う

22_201501011834490d1.jpg

額縁のデザインはCADで書く
意外な事にこのプロッターのソフトは、CADデータのDXFファイルが読み込める事に気が付いた



23_20150101183450667.jpg


額縁は金にしよう



24_20150101183451d2a.jpg


ベースになるのは黒いアクリルの板です




28_20150101183524627.jpg

またまた工場です
いや~、工場が歩いて5分チョイの距離なんで凄く良いです♪


29_20150101183525436.jpg

ちょいと休憩がてらコンビにで酎ハイを買ってきた(笑)

30_201501011835261cd.jpg

工場は電気工事がまだなので、投光器にて明かりを取っています



31_20150101183559a92.jpg

先程のアクリル板をPカッターにて切断と言うか折った


32_20150101183600c83.jpg

この黒いアクリル板に、先程のプロッターにて切り出したゴールドの額縁を貼り付けます



33_20150101183601ae5.jpg


ん~
ちょいとケバいかな?



34_2015010118360216e.jpg

そんなこんなで表札が完成しました



35_20150101183603d09.jpg

早速貼り付けた
これだけで酎ハイ3本はイケますね
良い酒のアテです



36_2015010118363439c.jpg

喪中なんで大きな声では言えませんが、新年明けましておめでとう御座います
2015 METAL CRAFT jp-akai 宜しくお願いします
m(__)m


テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(24trackback(0

色々とごめんね

2013/12/10(Tue) 22:28

DSC_0017.jpg

みなさん、お久し振りで御座います!
今年もとうとうひと月を切ました

しかしまぁ年末ってバタバタとして忙しいですね><
仕事が忙しいからって全く言い訳にはならないのですが、色々と謝る事が有ります
先週末から数日間出張やらなんやらでバタバタしていまして・・・
せっかくオーダーを頂いたライトカバーの取りつけステーですが、何故かゼンゼン関係の無い色に塗装しちゃいました><
本日、新たに別のステーにてご指示頂いた色へ塗装し直しましたので、乾燥に2~3日お時間下さい
本当に申し訳御座いませんでした m(__)m

その他の色は間違いなくちゃんと塗装できましたので、順次発送しますので到着まで今しばらくお待ち下さい

またまた謝らなければいけない事がもう一つ御座いまして・・・・
手に持っているのは12年式のパールスターダストホワイト
出張から帰りPCを開くとメールがてんこ盛り、お問い合わせからスパムメールまで色とりどり
順次お返事やら消去に励んだ時にドサクサ紛れでこのスターダストパールの方からのオーダーメールまでウッカリと消去してしまい、コチラから連絡する事が出来なくなってしまいました><
もしもこのブログを見られた場合は、申し訳御座いませんが今一度僕にメールを下さい
本当にごめんなさいm(__)m




DSC_0013.jpg


今度は1KTですが、機械や他の段取りが上手くかみ合わずちょっと時間が掛かりそうです
ごめんなさい






DSC_0008_20131210215043976.jpg


現在欠品中のタワーバー
こちらも頑張って作業を進めています
現在お待ち頂いている人の分は、何としてでも年内中には仕上げますのでもう少し待っててね






ゴメンねゴメンねー! 

(´;ω;`)ブワワワワ

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(2trackback(0


▲このページのトップへ