FC2ブログ
Home  > Category > バイク色々

原付ハーレー

2018/12/10(Mon) 22:34

1_20181204182033b92.jpg

みなさん毎度です
過去のブログにちらちらとコイツが写っているのでお気づきの方もいるかも知れませんね

11月の頭の頃のコイツはやってきました

じゃーん、ハーレです!

少々訳アリでスクラップになる所をもらい受けたのです
決して盗難車や事件物では有りませんよ


3_20181204182035d43.jpg


一応動いていた(過去には)らしいのですが、長い間放置していた様子が伺えます

4_201812041820360c9.jpg

嫌な予感しかしないガソリンタンク
期待を裏切らないねぇ~
美しく錆びてます><





2_20181204182034381.jpg

錆錆タンクだけどチャポンチャポンと少しガソリンが残っている

期待を胸にチョークを引きキックを蹴る

バルン・・・・バルン・・・・(スカの音)
やっぱあかんな(笑)

そこでタケシがパーツクリーナーをおもむろに吹きかける(キャブの口に)

そしてキック
ドルッ。トっトっトっトっトっトっトっ・・・ぷすん


おぉ
一瞬掛ったな
さすがタケシ

一応生きてる事が解った



5_20181204182038fa5.jpg

どちらにせよ開ける予定でしたが、キャブがダメなようだ



6_20181204182040892.jpg

開けてビックリ
フロートの底に見た事の無い物質が沸いている

7_20181204182041910.jpg

何このブロブ。。。
これ、地球外生物じゃね・・・・?

マジで気持ち悪いわ><



8_20181204182043d2d.jpg

シンナーとパーツクリーナーで洗浄
すると染み出て来る秘伝のタレ!

9_20181204182044bc5.jpg

確かにコテコテに汚かったけれど、使えない程痛んでなかったのでラッキーです


10_20181204182045454.jpg

キャブがキレイになった所で再度ガソリンを流し込みキック・キック
ドルン。トットットットットットットットットットッ・・・・

おぉ!
掛ったぞ!


でも、なーんかおかしいんですよね????



11_20181204182047299.jpg

あ、そや
オイル入っとるか?(今頃)


・・・・・・・・・・・


コチラも開けてビックリ言葉が出ない

何じゃこの並々と入っているクリーミーな液体







12_20181204182048adc.jpg

エグイ

こんな酷いエンジン見た事無い

クランクに水が入ってオイルと混ざって乳化してますがな><



13_20181204182050109.jpg

慌ててオイル(?)を抜いてフラッシングせねば・・・・

ちゅーか、うちバイク屋と違うからすぐにエンジンオイルなんて無いし

でも機械油はイッパイあるんだな。。。
噂では天ぷら油でも走れるらしい(?)から、遥かにマシでしょ?







14_201812041820525ea.jpg

機械油で何度かフラッシングして、やはり機械油を入れなおして(コレしか無い)エンジン始動
トットットットットットットットットットッ・・・・

だんだんと少しずつ回転が安定してきた
すげーな、モンキーと言うのか、カブのエンジン
これでも壊れてないんだから・・・・・



15_2018120418205379a.jpg

翌日

走りはどんなモン?
クラッチを切り
いざギアーをダウンさせると

ガクン!おふっ!

危うく首がむち打ちになりかけた><

なんじゃこりゃ?
クラッチが張り付いてるやん
まぁ、あんだけエンジンに水が入っていたんだから仕方が無いか


16_20181204182055210.jpg


カバーを開けてクラッチを抜き取る
所々錆びて張り付いている場所を引きはがして、錆びた所はスコッチで磨いて・・・



17_20181204182056a73.jpg

クランク内部もヘドロのような物が沢山付着していたので、この際ついでにキレイに掃除しておこう



DSC_2647.jpg

とりあえず走るようになった

やべぇ・・・・
またオモチャが増えた



スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(1trackback(0

今更否定はしない

2018/12/04(Tue) 16:58

1_20181204162153b5a.jpg

皆さんこんにちは
今日は12月とは、思えない暖かさでしたね
所で今朝の話です・・・

いつもの通り工場の床を履いたりメールのチェックをしている時に、少し年配の方が訪ねてきました
「バイクのカスタム屋さんはコチラですかね?」

え??あ、・・・
隣は確かにハーレー屋だけれど、ウチは別なんだけどなぁ。。。。
来たことの有る人にしか解らない話なんだけれど
隣のハーレ屋は、片付けると言う事を知らないようだ><
だからいつ見てもスクラップ屋かもしくは、倉庫にしか見えないんだ
だから知らない人が見るとウチがバイク屋で隣は物置と言う認識になるらしい><
俺、そこまでだらしなく無いし、キレイ好きなんでどうした物か・・・・と、頭を抱えております

それはともかく今朝来た方の用事は一体何なのか?
だいたい朝一に来る人が言うお決まりのパターンは
「パンクしたから修理して」><

なのですが今回は、カウンターパンチを喰らいました


手渡されたのは、インナーサイレンサー

「私のバイクが少し煩いのでコレを買ってきて、付けようとしたらガバガバで取付出来ないので何とかなりませんか?」







2_2018120416215552d.jpg


え?、これがガバガバで抜けちゃうバイクって何??

見た目と先入観で人を判断しちゃ駄目だと思い知った・・・
俺はてっきりスクーターか、カブ的なバイクを想像してしまったのですが、見せられたのはコイツ・・・
GSX-R1000Rのスリップオン





3_201812041621565ce.jpg

GSX-R?!

まじすか!
どちらかと言うと小柄でご年配に見えたので、完全に予測不可能

バイク屋だからとか、違うとか
断るだとか断らないとか、そんな事どーでも良くなった

とにかく話を聞くと、GSXにこのスリップオンを付けたらトルクが細くなっておまけに煩いから少しでも何とかしたくて
このインナーサイレンサーを購入した所、径が余にも違い過ぎた事と
普通のバイク屋に頼んでもお手上げだったとか?








4_20181204162158bf2.jpg


なるほど~
この大将、物凄くバイクが好きだと言う事が良く解った

俺も過去に似たような経験をした思い出が有るね




5_20181204162200edf.jpg

このインナーサイレンサーでどれだけ音量が下がるのか?ベンチュリー効果でどこまで排気脈動を増幅出来るかは、解らない
しかし何事もチャレンジしなきゃ答えは見つからない






6_20181204162201bf3.jpg

俺が出来る手助けは、隙間を埋める何かを作る程度
SUS304から作ったリングアダプター



7_20181204162202bd9.jpg


それを溶接でくっ付ける



8_20181204162204d61.jpg


合体したヤツをサイレンサーへ入れる



9_20181204162205ac4.jpg

テールパイプの差し込み径と同じなので奥に当たって止まる
後はパイプを突っ込んで、普通にスプリングで引っ張ると自然と固定される仕組み



10_20181204162207f49.jpg

大将、排気口から見た時のビジュアルも気にしていたなぁ・・
まぁ、そうだろな
せっかく付いても覗き込んで不細工な収まりだとガッカリだもんな
俺も同じだ

とりあえずこれならOKだと思う


11_20181204162208eeb.jpg
  

何屋でもええわ



テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(1trackback(0

恐怖の再来

2018/11/27(Tue) 19:01

1_20181127174136a78.jpg
みなさんこんばんは
11月のブログに滑り込みセーフ!
毎月最低1回は更新するのがポリシーでしたが、今年の6月だったかな?
忙しさのあまりに初めて更新できない事が有りました
今思えばがんばって更新すりゃ良かったなぁ・・・などと後悔しております



2_20181127174137705.jpg

今日の話題は、コイツです
ウチに下品なスクーターばっかり持ち込んで来るタケシと、今回のオカズとなるフォルツァです



3_201811271741388d0.jpg

すでにローダウンまでカスタムしていますね
なにやらここからはTKコンセプト(タケシの店)色に味付けを施していくらしいです


タケシ曰く
「マフラーを市販品に交換するのは、誰でもやっている
そんなカスタムは面白く無い
自分は、コイツにこのサイレンサーをぶっこんでやりたいんですよ!」

現行のCBR250RR(二気筒のやつ)の純正マフラーだそうです






4_20181127174139fa4.jpg


なるほど~
ヨシ〇ラやら〇ートのサイレンサーを流用して纏めている車両はよく目にするが
あえて純正マフラーをコンバートして見せる(魅せる)ってのは、なかなか着眼点が良いと思う
ぶっちゃけ俺も純正パーツの流用でシックにしっとりとしたカスタムをするのが大好きです



5_20181127174140409.jpg

でも、一つ言うてええか?
それ、誰がやるん?????・・・・><

エキパイ作るって、そんなに簡単とちゃうねんで?
どないやってきれいにパイプを曲げろと?
(エビ管はメンドイから嫌)

タケシ曰く
「使えそうなエキパイ持って来たので、適当に上手く繋いでください」



ほぉ。。。。

言うねぇ~
しかし全部パイプの径が違いますやん







6_20181127174142754.jpg


根元から徐々に径が大きくなるメガホン構造!

と、言えば聞き映えが良いのだが。。。。。

たまたまこうなっただけ




7_20181127174143dbd.jpg


純正マフラーの差し込みジョイントを残したのでメンテ性は良好かもね?





8_201811271741453d0.jpg


マフラー作ったら(?)ステーも、もれなく付いてくる><

9_201811271741476bf.jpg

SUS304磨き仕様(高級)


10_201811271741483ab.jpg


すっかり夕方
日が落ちるのが早くなったね





14_20181127174154f94.jpg
なかなかカッコイイやん
最初についてたイカにもって感じのマフラーよりも100倍上品でシブイと思うわ


13_20181127174152b32.jpg

後ろからみても纏まってると思う
純正マフラーの流用だけど音もなかなか良い
うるさく無いんだけど、ノーマルのように静かでもない



12_20181127174151ad6.jpg

最終的には、これから全塗装で色が変わるらしいですが、このままでもカッコイイね


15_201811271741568af.jpg

これで終わった訳では無い
悪夢は続く



16_201811271741576e8.jpg


フォルツァにコイツを付けろって><
マジェのホイールらしい・・?



なんでやねん!なんでそんなんと交換すんねん!
いまのホイール(純正)と似たようなモンやんけ!
(嫌な予感しかしないので必死の抵抗)



タケシ曰く

違うんですよ
このホイールの方がリムに幅が有るので、太タイヤを履いた時にカッコイイんですよ




えー、マジかよ><





17_20181127174159aff.jpg

タケシ
「心配しないでください赤井さん
コイツは、ベアリングの打ち換えとスペーサーを作って、センターを合わせるだけなので」



18_20181127174200bd2.jpg



うそつき(´;ω;`)


ディスクのオフセット全然ちゃうやん




19_20181127174233444.jpg


そんなこんなでヒ〇イさんがやって来た

ウチの工場は、ゴキブリホイホイの如く入ったら最後
なかなか帰れませんよ~



22_201811271742350ee.jpg



結局更にホイールのシャフトの通る部分のボーリング゙に、ディスタンスカラーの製作・スペーサーの製作






おい、なんかキャリパー付かんぞ?
ブレーキディスクの外径がR5違う事に気が付き (Σ今更?!)旋盤加工



よし、今度こそ・・・・・


ガコン   ガコン   。。。。。。

なぁ、ディスクのボルトがフォークと干渉してないかい?

はぁ・・・・
気持ちを切り替えて今度は、フライスにてディスクボルトの収まる部分の座面をザグリ加工で追いこんで。。



流用チューンってお手軽に思われがちですが、既存のバイクに違うバイクの何かを付けるのって実は
大変だったり、予想以上に難しかったり
予期せぬトラブルに見舞われる事が有ります
付いてしまえば普通なんですけどね。。。



テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(2trackback(0

恐怖到来?

2018/07/17(Tue) 23:36


5_20180717223146573.jpg


皆さん今晩は
夏です
恐怖の到来です

うちjp-akaiの工場の熱さは尋常では有りません

どれぐらい暑いかと言いと









2_2018071722314045a.jpg

こんぐらい暑い

毎日じゃありませんよ
でもほぼ毎日38度が普通で、本気で暑い時は40度オーバー

ちょ、マジで殺す気かね?






3_20180717223142602.jpg


何故ここまで工場内の温度が上昇するのかと言うと
原因はこの壁に有ります






4_20180717223142ea7.jpg

昼間はこの壁が直射日光で50度付近まで加熱されるのです><
もう、なんて言うんだろうか?
壁から発する熱エネルギと言うのか、それが遠赤外線グリルの様にじりじりと肌にキます
そりゃもう、ジューシーであふれ出る肉汁(汗)
最近は照り焼きの気持ちが解るようになってきました






1_20180717223139302.jpg

あんま暑すぎるモンだから、頭が炊けてきます
ずーっと湯舟に潜ってるのと同じなんだもん
のぼせますわ

とりあえず失敗と怪我しないように何とか頑張ってます



6_20180717223145a84.jpg

それなのに
何これ?
フュージョンのフロントまわりだと?
フュージョンて、ホンダのスクーターやん?
何て言うんだろうか
ただでさえ暑くて仕事の能率が落ちているのに、また厄介そうな物を持ってくる奴が一人・・・









7_2018071722314739d.jpg


犯人はコイツだ

スクーターの世界観は何か良く解らないけれど
車高を下げてホイールベースを伸ばすのがカッコイイだとか?
否定はしないけれどあんま興味ないんだなぁ・・・




8_20180717223148e89.jpg

フュージョンは、フロントの車高を下げると前輪が車体側に寄って不細工(?)だそうだ
だからコイツをぶった斬ってタイヤを前に出して欲しいとの事

そんなデンジャラスな事して大丈夫なのか?・・・・
スクーターのカスタムは発想が違うな

まぁ、そんな無茶な遊びも嫌いじゃ無い
言うのは、簡単だけど
しかし、どうやればアライメントと言うのか、極力左右のバランスを崩さずに角度を変更できるだろうか?









9_20180717223150d02.jpg

とりあえず左右をつないで、2/3ほど切り込みを入れてショックレスハンマーでぶん殴ってやった
どないや?おおよそ20°単純計算で約120mm程前に伸びた事になる



10_20180717223153dbd.jpg

当然だけど切りっぱなしでは強度もへったくれも無い
切り込みを埋めるのに約Φ38ぐらいの鉄パイプが欲しいのだが、残念な事にそんな半端な規格のパイプなんて手元に無い
32Aの鉄パイプを切て、沿うようにRを整えなおしてやった







11_20180717223153290.jpg


後は適当に目に付いたフラットバーをコンタで切て


12_20180717223156c06.jpg

歯抜けになったリブ部分にはめ込んで




13_201807172231566fa.jpg



溶接で繋いで完成




14_20180717223157303.jpg


これがどんなモンなのか俺には、解らない
しかしタケシは、バッチリと言っているのでこれで良いのだろう
でも万が一折れて怪我しても俺は知らないぞ




15_20180717223159ab5.jpg

更に恐ろしい事も言っていた
何の事か良く解らないけれど、フレームをぶった斬って、リア周りを作り変える????

チョットまて
それ、誰がやるん??????・・・・><



テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(2trackback(0

色々と

2018/05/26(Sat) 17:32

1_20180526161713e21.jpg

みなさんお久しぶりです
今年はずーっと仕事がバタバタとしていて、なかなかパーツの製作に着手する事が出来ませんでした
このままでは、駄目だ
なんとかしなきゃ・・・・
しかし事が終わるのが深夜付近、それがほぼ毎日でした><
日曜も仕事してたけど、たまに休んだ日は、一日ベットから動けない

一時期、心臓の動悸がおかしくなって吐き気と言うのか、気分が悪い日が続き
「俺、このままだと死ぬんじゃないか?」
本気で危険を感じてから、極力日曜日は休むようにしてます^^;

そんなこんなでもう6月ですね
今年も半年が過ぎようとしてます
早いもんだ


少しづつだけど体調も整えて、欠品中のパーツを作っていこうと思います







2_20180526161716a13.jpg


ライトカバーのステーとなる板

先ずコイツを角度曲げしなきゃならない
ブレーキが有ればイチコロなんだけれど、残念な事にそんな便利な物は無い


3_2018052616171608d.jpg

外注さんにお願いするって手も有るのだけれど、極力製造コストを低く抑えたいのが本音

で、こんな曲げ冶具を作ってある
先ほどのステーとなる板を挟み込み固定

4_20180526161719715.jpg

後はハンドパワーでグイっと




5_20180526161719fad.jpg

冶具を外すとこの通り
角度を確認しつつ、一枚一枚地道に曲げて行く

一枚二枚なら何てことは無いんだけれど、何十枚ともなるとソレは精神の修行と言っても過言では無い><



6_201805261617215fd.jpg

ピンの部分となる材料です
最初からあの長さでは無く、こんなに長いんです


7_20180526161722eeb.jpg

切り方は色々と有るんだけれど、現在にたどり着いたには旋盤のステッキで突っ切る
コレも1ロットで何十本も切断して決められた長さに揃えて仕上げなくてならない
コツはひたすら無心で何も考えず
間違っても数を数えると言う事は自殺行為で有る><





8_20180526161723e7a.jpg

1本に付きRピンを通す穴を2個所貫通
因みに貫通穴はΦ1.6ワークはSUS304
仮に120本ワークが有ったとしましょう
1本に付きに2個所の穴( ^ω^)・・・・・

考えては駄目だ

因みに丸棒のセンターに垂直で穴を貫通させるは意外と大変なんですわ
しかもΦ1.6のドリルで



9_201805261617257b0.jpg

穴をあけるとバリが出るんですよ
今度はまた一本ずつ、一か所ずつバリの処理





10_20180526161727a22.jpg

120本×2個所の穴=240の穴
バリ処理は表裏が有るので倍率ドン







11_20180526161728975.jpg

合計480か所のバリ処理

コツは残りの量を確認しない事

少しでも精神力が負けて残りを見るとダークサイドに堕ちる事となるので注意


12_20180526161730d97.jpg

一通りの段取りが整った



13_20180526161731d47.jpg


パーツの一つずつを冶具にセットして仮止めしていく

ここまで来たらあともう少し


14_20180526161733c48.jpg

ひたすら無心で溶接していく


15_20180526161735ae6.jpg

どれだけ気を付けて角度曲げをしても
細心の注意で冶具にセットをしても
溶接すると歪んで変わっちゃうんだなぁ、コレが・・・

今度は一枚一枚寸法を測って
規定の寸法で無い場合には、ハンドパワーにて一か所ずつ修正していく







16_20180526161736b9c.jpg

やーっと出来たー!
バンザーイ!
と言いたい所なのですが、溶接すると焼けてしまって変色しちゃうんですわ

この後ラストの工程で、専用の酸に漬けて一皮めくります

出来てしまえば何てことないんだけど、結構手が掛かっていたりして(´・ω・`)

17_20180526161737b71.jpg

それとこちらも電着塗装から上がってきました
補強バーのバー
もっとちやう名前考えろやって言われそうだけれど
俺ネーミングセンス無いからなぁ・・・
魚の骨みたいだから(しっぽの部分に)フィッシュボーンとか?





18_20180526161739a25.jpg


クランプのアルマイトも上がってます



19_20180526161740e25.jpg


あ、少し前にですね
標準フォークようのスタビ/ブラックが欲しいとお問い合わせが有りました
その後アルマイトから上がってご連絡させていただきましたが、メール届いてい
いるでしょうか?
キャンセルならキャンセルで大丈夫です
ただ、もしもメールが届いていなかったら申し訳ないと・・・





極力融通は効かせる気持ちは有ります
ただ、時間が無いのと
要望の数が多すぎて、一人ではとても対応しきれない事を解ってもらえますと幸いです

後、何らかの方法で電話番号を調べて、直接電話を掛けて来られる方もいますが
基本的に電話での応対はしていません><
何故かって?
電話をくれた方は話の内容を覚えているかもしれませんが
日中、溶接やら機械加工に追われている時が多く、気持ちにゆとりが無い私は話の内容を殆ど覚えていないからです><
それと追い込みが掛かっている時は、話の内容に対して正常な判断が出来ない場合も有ります

かって我がままは承知の上で書きますが、メールにてその旨をお伝えいただけますと幸いです




販売店各社様
誠に申し訳ございません
基本業販を行っていません

注文書・請求書・納品書を送って欲しい・・・
基本一人で、製作から販売を行うので事務的な事が苦手で、時間に余裕が無いのです
本当に申し訳ございません
jp-akai

















テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(2trackback(0


▲このページのトップへ