FC2ブログ
Home  > Category > バイク色々

恐怖到来?

2018/07/17(Tue) 23:36


5_20180717223146573.jpg


皆さん今晩は
夏です
恐怖の到来です

うちjp-akaiの工場の熱さは尋常では有りません

どれぐらい暑いかと言いと









2_2018071722314045a.jpg

こんぐらい暑い

毎日じゃありませんよ
でもほぼ毎日38度が普通で、本気で暑い時は40度オーバー

ちょ、マジで殺す気かね?






3_20180717223142602.jpg


何故ここまで工場内の温度が上昇するのかと言うと
原因はこの壁に有ります






4_20180717223142ea7.jpg

昼間はこの壁が直射日光で50度付近まで加熱されるのです><
もう、なんて言うんだろうか?
壁から発する熱エネルギと言うのか、それが遠赤外線グリルの様にじりじりと肌にキます
そりゃもう、ジューシーであふれ出る肉汁(汗)
最近は照り焼きの気持ちが解るようになってきました






1_20180717223139302.jpg

あんま暑すぎるモンだから、頭が炊けてきます
ずーっと湯舟に潜ってるのと同じなんだもん
のぼせますわ

とりあえず失敗と怪我しないように何とか頑張ってます



6_20180717223145a84.jpg

それなのに
何これ?
フュージョンのフロントまわりだと?
フュージョンて、ホンダのスクーターやん?
何て言うんだろうか
ただでさえ暑くて仕事の能率が落ちているのに、また厄介そうな物を持ってくる奴が一人・・・









7_2018071722314739d.jpg


犯人はコイツだ

スクーターの世界観は何か良く解らないけれど
車高を下げてホイールベースを伸ばすのがカッコイイだとか?
否定はしないけれどあんま興味ないんだなぁ・・・




8_20180717223148e89.jpg

フュージョンは、フロントの車高を下げると前輪が車体側に寄って不細工(?)だそうだ
だからコイツをぶった斬ってタイヤを前に出して欲しいとの事

そんなデンジャラスな事して大丈夫なのか?・・・・
スクーターのカスタムは発想が違うな

まぁ、そんな無茶な遊びも嫌いじゃ無い
言うのは、簡単だけど
しかし、どうやればアライメントと言うのか、極力左右のバランスを崩さずに角度を変更できるだろうか?









9_20180717223150d02.jpg

とりあえず左右をつないで、2/3ほど切り込みを入れてショックレスハンマーでぶん殴ってやった
どないや?おおよそ20°単純計算で約120mm程前に伸びた事になる



10_20180717223153dbd.jpg

当然だけど切りっぱなしでは強度もへったくれも無い
切り込みを埋めるのに約Φ38ぐらいの鉄パイプが欲しいのだが、残念な事にそんな半端な規格のパイプなんて手元に無い
32Aの鉄パイプを切て、沿うようにRを整えなおしてやった







11_20180717223153290.jpg


後は適当に目に付いたフラットバーをコンタで切て


12_20180717223156c06.jpg

歯抜けになったリブ部分にはめ込んで




13_201807172231566fa.jpg



溶接で繋いで完成




14_20180717223157303.jpg


これがどんなモンなのか俺には、解らない
しかしタケシは、バッチリと言っているのでこれで良いのだろう
でも万が一折れて怪我しても俺は知らないぞ




15_20180717223159ab5.jpg

更に恐ろしい事も言っていた
何の事か良く解らないけれど、フレームをぶった斬って、リア周りを作り変える????

チョットまて
それ、誰がやるん??????・・・・><



スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(2trackback(0

色々と

2018/05/26(Sat) 17:32

1_20180526161713e21.jpg

みなさんお久しぶりです
今年はずーっと仕事がバタバタとしていて、なかなかパーツの製作に着手する事が出来ませんでした
このままでは、駄目だ
なんとかしなきゃ・・・・
しかし事が終わるのが深夜付近、それがほぼ毎日でした><
日曜も仕事してたけど、たまに休んだ日は、一日ベットから動けない

一時期、心臓の動悸がおかしくなって吐き気と言うのか、気分が悪い日が続き
「俺、このままだと死ぬんじゃないか?」
本気で危険を感じてから、極力日曜日は休むようにしてます^^;

そんなこんなでもう6月ですね
今年も半年が過ぎようとしてます
早いもんだ


少しづつだけど体調も整えて、欠品中のパーツを作っていこうと思います







2_20180526161716a13.jpg


ライトカバーのステーとなる板

先ずコイツを角度曲げしなきゃならない
ブレーキが有ればイチコロなんだけれど、残念な事にそんな便利な物は無い


3_2018052616171608d.jpg

外注さんにお願いするって手も有るのだけれど、極力製造コストを低く抑えたいのが本音

で、こんな曲げ冶具を作ってある
先ほどのステーとなる板を挟み込み固定

4_20180526161719715.jpg

後はハンドパワーでグイっと




5_20180526161719fad.jpg

冶具を外すとこの通り
角度を確認しつつ、一枚一枚地道に曲げて行く

一枚二枚なら何てことは無いんだけれど、何十枚ともなるとソレは精神の修行と言っても過言では無い><



6_201805261617215fd.jpg

ピンの部分となる材料です
最初からあの長さでは無く、こんなに長いんです


7_20180526161722eeb.jpg

切り方は色々と有るんだけれど、現在にたどり着いたには旋盤のステッキで突っ切る
コレも1ロットで何十本も切断して決められた長さに揃えて仕上げなくてならない
コツはひたすら無心で何も考えず
間違っても数を数えると言う事は自殺行為で有る><





8_20180526161723e7a.jpg

1本に付きRピンを通す穴を2個所貫通
因みに貫通穴はΦ1.6ワークはSUS304
仮に120本ワークが有ったとしましょう
1本に付きに2個所の穴( ^ω^)・・・・・

考えては駄目だ

因みに丸棒のセンターに垂直で穴を貫通させるは意外と大変なんですわ
しかもΦ1.6のドリルで



9_201805261617257b0.jpg

穴をあけるとバリが出るんですよ
今度はまた一本ずつ、一か所ずつバリの処理





10_20180526161727a22.jpg

120本×2個所の穴=240の穴
バリ処理は表裏が有るので倍率ドン







11_20180526161728975.jpg

合計480か所のバリ処理

コツは残りの量を確認しない事

少しでも精神力が負けて残りを見るとダークサイドに堕ちる事となるので注意


12_20180526161730d97.jpg

一通りの段取りが整った



13_20180526161731d47.jpg


パーツの一つずつを冶具にセットして仮止めしていく

ここまで来たらあともう少し


14_20180526161733c48.jpg

ひたすら無心で溶接していく


15_20180526161735ae6.jpg

どれだけ気を付けて角度曲げをしても
細心の注意で冶具にセットをしても
溶接すると歪んで変わっちゃうんだなぁ、コレが・・・

今度は一枚一枚寸法を測って
規定の寸法で無い場合には、ハンドパワーにて一か所ずつ修正していく







16_20180526161736b9c.jpg

やーっと出来たー!
バンザーイ!
と言いたい所なのですが、溶接すると焼けてしまって変色しちゃうんですわ

この後ラストの工程で、専用の酸に漬けて一皮めくります

出来てしまえば何てことないんだけど、結構手が掛かっていたりして(´・ω・`)

17_20180526161737b71.jpg

それとこちらも電着塗装から上がってきました
補強バーのバー
もっとちやう名前考えろやって言われそうだけれど
俺ネーミングセンス無いからなぁ・・・
魚の骨みたいだから(しっぽの部分に)フィッシュボーンとか?





18_20180526161739a25.jpg


クランプのアルマイトも上がってます



19_20180526161740e25.jpg


あ、少し前にですね
標準フォークようのスタビ/ブラックが欲しいとお問い合わせが有りました
その後アルマイトから上がってご連絡させていただきましたが、メール届いてい
いるでしょうか?
キャンセルならキャンセルで大丈夫です
ただ、もしもメールが届いていなかったら申し訳ないと・・・





極力融通は効かせる気持ちは有ります
ただ、時間が無いのと
要望の数が多すぎて、一人ではとても対応しきれない事を解ってもらえますと幸いです

後、何らかの方法で電話番号を調べて、直接電話を掛けて来られる方もいますが
基本的に電話での応対はしていません><
何故かって?
電話をくれた方は話の内容を覚えているかもしれませんが
日中、溶接やら機械加工に追われている時が多く、気持ちにゆとりが無い私は話の内容を殆ど覚えていないからです><
それと追い込みが掛かっている時は、話の内容に対して正常な判断が出来ない場合も有ります

かって我がままは承知の上で書きますが、メールにてその旨をお伝えいただけますと幸いです




販売店各社様
誠に申し訳ございません
基本業販を行っていません

注文書・請求書・納品書を送って欲しい・・・
基本一人で、製作から販売を行うので事務的な事が苦手で、時間に余裕が無いのです
本当に申し訳ございません
jp-akai

















テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(2trackback(0

もぉ・・・

2017/12/01(Fri) 20:04

1512031901054.jpg


12月ですよ、12月

で、このヤツメウナギの出来損ない何だかわかりますか?







1512031906601.jpg

うーむ、さてさて


1512031919047.jpg


乗せて良い場合は別として、守秘義務の責任が有るので本職仕事じゃない(?)のは勿論
俺がブログにするってバイクか遊び以外ないすよね・・・・・><

タケシの愛車らしいです
なんとまぁ下品なスクーター!
通常は門前払い確実
ウチの工場のスロープは上がれないし、重量はともかく無駄に長いから税金を倍払ってもよくね?って感じのスクーターです


でも音は静かなんですよ

その音の出口となるマフリャーの改造です

まふりゃーの改造と言いましても爆音にする訳では無く、いかにカッコよく・ジェントルに
そして図太く加速させるか(タケシ談)が課題となります

あ~、またスゲーめんどくさい事言ってる・・・・


持ち込んだサイレンサーも問題有り有りなんだけど、根本エキパイが短すぎるだろオイ?

冗談で「後方1mぐらいテールパイプを延長しようぜ!」と言うと



「ムリムリムリムリムリ!」




なんだ冗談んの通じない野郎め・・・・
俺、思うんだけどスクーターってマフラーの配管短すぎないかい?
DAEGで以前ウルトラショート菅試したけど、トルクは無いは、加速は悪いは、良い事無し
ある程度菅長を稼いで脈動を整えてやらないと、ただ単にウルサいだけでちっとも早くないんだわ

短いのも限度は有るが、ソコソコ誤魔化す方法も有る

それがベンチュリー

今回短い排気管に特製ベンチュリーを仕込んで「どうなの?」みたいな俺的に半分好奇心の実験と言うのか、遊びと言うか
何でやってみなきゃ答えは見つからない、です

ベンチュリーの入口はストレートテーパーに
逆に出口と言うか、引っ張る方はファンネル形状にして遊んでみました♪



1512031923964.jpg

実はブログにする気が無かったのと、写真とるのがめんどくさかったのだが
何時の間にか盗撮されていた

※写真提供:タケシ


因みに俺
真面目に髪の毛真っ黒です




1512031929597.jpg


最近トシのせいか急に目が悪くなったので、細かい溶接をするのに苦労します><



1512031933860.jpg

溶接のビートカットをして磨いて完成


一走りしたその後なのでチョット焼けてるな?

タケシのインプレ
「下はもの凄く良いです!でも上が抜けて無い気がします!」

ほぉ、・・・・
でもな、125cc用のJMCAマークついたサイレンサーなんて持ってくるなよ・・・
今更やけど根本的にアカンねん><


この戦いは暫く続きそうだ・・・・( ;∀;)

たすけて












テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(0trackback(0

カウルステー

2017/11/30(Thu) 19:13

1_20171130182157dfc.jpg

みなさんこんばんは
今回もカウルステーの製作です
でもご覧の様にDAEGじゃありません

ハーレーすね

ご存知の方も居られると思いますが、ウチの隣がバイク屋さんなんですよ
しかもハーレー屋さん
少し話が脱線しますが、隣がバイク屋のおかげでウチまでバイク屋と勘違いをされて
パンク修理やらその他の修理を持ち込んでくる方が後を絶ちません
それと何故かこの辺りってよくパンクするのかな?
朝っぱらから通勤途中と思われるおばちゃんやおっちゃんが「すいませーん、パンク修理してくださーい」と訪問される
あんま朝が早いと隣のバイク屋が居ないんですよ・・・・
で、シブシブと修理をする訳なのですが、俺がバイク屋じゃないですと言わない限り何の疑いも無く普通に世間話が続くのです

最後に「僕、バイク屋じゃありませんよ、隣です」と笑顔でお話しすると、慌てふためくと言うのか、半分パニックのお客さん(?)
の顔を見るのが楽しみになっていたりします

「お兄ちゃん、ここ何屋?」

ご覧の様に金属加工屋です

そうは、答える物の壁にチャンバーが掛かってるは、マシニングの上にニンジャのタンクが乗ってるは、至る所にバイクの部品とBB弾が転がっているので説得力が全く無い(;^ω^)
R1-Zも止ってるし







2_20171130182158364.jpg



そんな訳で隣のハーレー屋さんからの依頼です

内容はシンプル

コレをこの辺りに付けて欲しい


なるほど






3_20171130182159129.jpg


ん~

俺、ハーレーにカウル付けるの何回目だろうか?
よく覚えていないけど、ハーレーってスゲー沢山車種があるんよね?
あんま詳しく無いからとりあえずチョッパーで済ましているけど、カウルの取り付け方も毎回一から考えなきゃならんから白髪が増える






4_20171130182201037.jpg


ハーレーとkawasakiは住んでる世界が違うけれど、同じく趣味的な部分と言うのか
求められるベクトルって同じだと思う




5_20171130182202873.jpg


求められるのはカッコ良さ
そして美しさ
物にもよるが、特にハーレーって存在が工芸品的な部分が濃いので変な物を作れない



6_20171130182203a95.jpg




直接のお客さんは、どんな人かは知らないけれど、きっと俺と同じぐらいバイクが好きなんだろう
ハーレーの美学と言うのは知らない世界だけれど
一つだけ言いたい事は、インチネジ使うのやめてくれ
延長した部品を取り付けるのにボルトを延長しなきゃならんのにすぐに手に入らないんだ
それと適合するレンチもねぇ!



7_2017113018220558d.jpg

ハーレーって普通では苦労しない部分で苦労する

上で書いたネジの問題

車両はともかく、持ち込まれたパーツの精度が悪い
個体差なのかどうなのか、真相は解らないのですが左右で寸法及び形状が違うので合わすのに苦労します

いくら左右が違うと言っても、この部分を上から見て
ステーの形状が全く違ったら気持ちが悪いでしょ?

正直な話、左右非対称
でもパッとみてソレを違和感なく作るのって意外と難しい

何となくぼんやりと辻褄を合わす

差支えが無けりゃこれでいいんじゃない?

これも考え一つ方かな?



8_201711301822089fe.jpg



結構雰囲気が変わるね
カッコイイやん

似合ってる


テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(2trackback(0

遅くてごめん

2017/10/22(Sun) 01:58

1_201710220138313d9.jpg

みなさんこんばんは
最近在庫切れ続出で申し訳御座いませんマンのjp-akaiです

基本的には在庫がなくなる前に材料を発注しているのだけれども、しばらく色々とバタバタとしていて
なかなか手を付ける事が出来ませんでした(´;ω;`)

量産と言っても一回にこれぐらいずつしか作れない

何故かって?

他にも沢山加工しなきゃならない物が有って、一つの物に長時間マシニングを占領させる事が出来ないんですよ
特にステンレスの加工が続く場合は、刃物の都合でなかなかアルミの加工を割り込ませる事が出来ない
ステンレス用のエンドミルでアルミも切れるのですが、ステンレスを加工して酷使したエンドミルはキレが落ちているので
アルミがキレイに仕上がらないんですわ

じゃ、その都度刃物を変えろって?

確かに・・・・

でもコレがわりかし大変なんですよ><
ツールの刃物を入れ替えて、マガジンにセットして
さらに刃物の高さを登録して・・・・・

マシニングすっごい便利なんですけれど、段取りを変更するが結構手間なんです><

え、言い訳すんなって?
こりゃ失礼



と、言う訳で
ペースが遅いのカンベンして下さい


2_20171022013834350.jpg


何故か一瞬で無くなってしまったR1-Zのスプロケカバー
チェンジロッドを受ける部分にボールベアリングが入ってます

錆びないと言う訳では、無いけれど
錆に強いステンレスベアリング
だからって防水って意味じゃ無いんだぜ?


3_20171022013835db5.jpg

カバーを取り付けて完成



4_20171022013836c10.jpg


因みにグレーも有ります


5_20171022013838211.jpg

結構渋い色なんだけど、写真じゃ光の加減であんまりソレが伝わらないのが悔しい



6_201710220138392a5.jpg

最近R1-Zの話ばかりになってしまったけれど、DAEGのパーツもちゃんと作ってます
補強バーの取付クランプ
少しだけどブルーの在庫が残っています

※タワーバーのブラックとゴールド
 現在アルマイトに出した所です、もー少しお待ちを



7_201710220138403a0.jpg


ブログではいちびって宣伝するんだけれど、肝心のHPには全く画像をアップしない暴挙
本当はHPも更新したいんだけれど、なかなか時間が無いんよね(´;ω;`)



8_20171022013842313.jpg

それとHPどころか当ブログでも全くアップしていないのがこちら

ドン

少し前の話になりますが
あるDAEGオーナーの方から補強バーを付けたいとの問い合わせが有りました


b_20171022023656cc7.jpg

しかしエキパイとのクリアランスが狭くて取付不可
付けたかったのに残念との事


c_201710220236561a4.jpg


そう思ってもらえるのは凄く幸せな事

現状物理的に収まらない
ならば可能な限りコンパクトな形状に再設計してみようと思った



d_20171022023659a07.jpg



そして完成したのがこちらのコンパクトタイプクランプ



f_20171022023701806.jpg

手前が標準タイプのクランプで、奥がコンパクトタイプ


g_2017102202370291f.jpg


コンパクトタイプが出来る切っ掛けとなった、ダウンチューブとのクリアランスが狭いエキパイ

チタンの輪切りでもの凄く美しい
めさ高そう><





h_20171022023704506.jpg



コンパクトタイプは、この狭いクリアランスに対応する為



i_20171022023705ad4.jpg


物凄く遅くなりましたが、画像ありがとうございました
ノクタンブルーDAEGシブすぎです





9_20171022013843cd5.jpg

しかし再設計までして、今までよりも取付自由度がアップしているのに
なんでブログにもHPにもアップしなかったのか

理由の一つは、既にバージョン3まで形が変わっている
またバージョンを変更してver.4にするか?
それも節操のない話かな?って、

それと従来の形状に思い入れが有るから
バージョンが変わってもクランプだけは大きく形状を変更しなかった
今の自分が有るのは、補強バーが切っ掛けだから
最初は、個人で部品を作り楽しんでいたんだけれど
ZRXを通じて知り合った仲間達にも作り
それが少しずつ増えて行き今になる
最近までマシニングなんて持っていなかったので、当時はクランプを外注に出していたんだ
今だから言うけれど、外注にクランプを製作してもらうと鬼のような請求が来る><
それと当時は会社員なので、売り上げは全部会社
当然利益の出ない物なんて許してもらえないだろうし、堂々とまでは、言わないでも作れなくなるのは嫌だ
だからタイムカードを押してから夜遅くまで、コツコツと補強バー本体を作って、何とかギリギリで利益を出していたんだ
しんどかったけど、自分の考えた物を欲しいと言ってくれる事が嬉しくて、それが原動力だった
その時に決めた、いつか絶対に自分でマシニングを買って、全てを自分の手で作っやるって

因みにコンパクトタイプ
10式しか作って無いけど、お客さんの手に渡ったのは現在3式だけ
付けている人が居たらわりとレアかも?


テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ