FC2ブログ
Home  > Category > バイク色々

タケシのおもちゃ

2019/06/30(Sun) 18:28

1_201906301736442a7.jpg


皆様まいど!jp-akaiです

暑い・・・
クソ暑い夏がやってきます
今年は例年よりも遅い梅雨入りのようですね?

こんだけ暑いんだから梅雨と言わず夏で良いじゃない

ま、暑いのには変わらないので、ぶっちゃけ何でも良いですがね


それはさて置き、このネイキッド状態のスクーター
当ブログの名物男タケシのオモチャで御座います

いつもスクーターばっかり持ち込んでくるのですが
今回のフュージョンらしきバイクは、お客さんの物では無く
タケシのオモチャ(所有物)のようです






2_2019063017364615b.jpg


前にも書きましたが、一気に沢山の事を俺に頼むとすぐにメンドくさがるのを知っているので(読まれている)
時間差で、忘れた頃に刻みながら加工を持ってくるのです


大分前にアップしました、フュージョンの前足

覚えていますかね?
フォークを切って、キャスターを寝かしたアレです

それよりも、このサスペンションアダプター・・・・・

どこかで見たと言うよりも、ずいぶん前に作った(作らされた)記憶が有る・・・・

タケシが言うには、「このホイールを付ける為にハブを改造したのもakaiさんですよ」との事

Σ!????


マジすか?

俺か?

全く覚えていない・・・

タケシおそるべし



3_20190630173647a69.jpg



さてさて
前置きが長くなりましたが、本日のお題です

タケシが言うには、「フュージョンはリアサスがレイダウンしすぎですぐにリアサスが折れるんですよ
  なのでコレの角度を垂直に近づけて〇☆□△¥・・・・」


あー!わかったわかった!
なんしか、サスの取り付け角度を適正化させればいいんでしょ?






4_20190630173648aca.jpg

面倒な事を言うな・・・
しかし、昨日も現場作業で手が足りなくて応援してもらっているので、俺も体で返さなければ








5_20190630173649749.jpg


うむ、確かにレイダウンしすぎてますね
これだとストロークの度にロッドの根本と言うのか、ダンパーとの摺動部分に負担が掛かるのは目に見えている





6_201906301736507ae.jpg

まぁ、可愛いタケシの為や
何とか頑張ってみますわ





7_20190630173652c01.jpg

サスの移動ブラケット製作途中風景



8_2019063017365334c.jpg

溶接部分に不純物が付着していると、溶接不良をおこします
と、うよりも
溶接がやり辛いのでペンキを引っぺがします

オラッ!


9_20190630173655b1a.jpg

いつもはTIGだけど、今回は鉄なので半自動溶接機です



10_20190630173657cf9.jpg

さてさて
こんな感じかな?




11_201906301736570dd.jpg

冷めた事を確認して
早速リアサスの取り付け


12_20190630173700442.jpg




大分角度が起きましたね
10°から15°ぐらいかな?
これで大分リアサスのロッドの横方向の負荷が減ったと思う

フユ-ジョンに乗ってないで、どれだけの頻度でリアサスが折れるのかは、解らないけれど
コレだけだも相当動きがスムーズになるんじゃないかな?








13_20190630173701738.jpg


コレ何?

俺も忘れてました

随分と前に「ダックスフンドの脚」みたいなブログを書いた記憶が有ります
ソレがコイツに使われるようです





14_2019063017370289d.jpg

作った事を忘れるぐらい
都市計画のような、気の長いカスタム計画
負けたね

まさか、またまた気が付かないうちにここまでタケシに加担していたとは・・・






15_2019063017370694b.jpg



とりあえず
今の所完成で良いのかな?




16_20190630173708189.jpg

絵にかいた餅は食べれないけれど
根拠の有る物はやってて面白いね



スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(0trackback(0

GPZ900Rエンジンハンガー(マウント?)

2019/06/22(Sat) 20:15

1_20190622192056bc1.jpg
皆さん今晩は
まだまだ6月なのに既に夏バテのjp-akaiです

いやぁ、暑いです
この暑さを語ると長くなるのでやめておきます

さてさて
今回のお題は、GPZ900Rのエンジンハンガーです


少し前に(去年か一昨年)に平井さんのGPZ900Rのフレームを改造した話は覚えているでしょうか?

え、?忘れた?

ですよね
俺だって既に忘却の彼方ですもん・・・・



いやいやいやいや・・・
思い出しましょう

あの時にもう一つお願いされていた物が有ります
ソレが今回のお題となるエンジンハンガーのお話しです





2_20190622192058be5.jpg

俺、バイク好きなんだけど、スイートスポットが極端に狭いんですよ・・・
DAEGにR1-ZにTZR・・・・
基本バイクが好きなので出来る限りは何でもしますけどね


今回のGPZ900Rも好きなのですが、如何せん手元に本体が無いので部品の製作に時間が掛かってしまいます
依頼主の平井さんからの形状アドバイスを参考に、ノーマルエンジンハンガーと睨めっこしながらの作図です




3_20190622192059df3.jpg


基本二次元CADなのですが、加工手順とシミュレーションをリンクさせながら絵を書くとソコソコの形状を判断できます

でもね、シミュレーションはあくまでも確認作業の一つで
脳内CGで既に形状は出来ているんですよ


4_201906221921005e2.jpg

実際に削りの作業に入る前に沢山の段取りが御座います
加工で削るのに使う刃物の登録です

言っちゃ悪いんだけど、すんげーメンドクサイ作業なんですよ。。。。
基本的にセットしている刃物は20本
コイツで何ともならない時は、使わない刃物を外して
新たに刃物をつけ変えて高さを登録しなおします






5_201906221921035da.jpg

ワークの群れ

標準フォーク用のスタビ・ゴールドが無いので作らなきゃいけない
しかし、今回の様に待たせている人や、色々な作業が間に挟まるのでなかなか前に進まないんですよ
(いい訳かな?)
ゴメンねゴメンね


m(__)m






6_201906221921047c4.jpg



マシニングは、量産を前提とすると、とても優秀なのですが
単品の加工となると凄く効率が悪いのです

ワークごとに高さを測定して、機械にソレを教えてあげなければならないのです






7_2019062219210555c.jpg


プログラムに間違いが無い事を前提に話をすると、とても快調です♪
しかし、初めの一つ目は、どこに落とし穴が潜んでいるのかが解らない為に、工程が終了するまで緊張の連続なのです><

ようするに、何時でも停止できるように見張る必要が有り、機械から離れる事が出来なくて付きっ切りになるのです

マニアックな話だけどオーバーライドも100%に出来なくてイライラします


あー、別の作業したい! ><みたいな


8_20190622192107aa8.jpg


途中経過

確認



9_20190622192108a76.jpg


問題無いので続行




10_20190622192110824.jpg

シミュレーションのCGみたいになってるのでOK


元は、コレが2DのCADで書いた絵なのですが
イメージ通りになっているので満足してます




11_20190622192111a7b.jpg


次は反対(表)の加工になります

絵を書くのは簡単なんんですけど、ソレが本当に実現可能なのか?
それとも絵にかいた餅なのか?

ある程度はシミュレーションで形状が確認できるので助かります











12_201906221921132f1.jpg


先ほどまでは裏面の加工でした

次は表面の加工なのですが、素ではワークをクランプ出来ないのです
なので専用のジグを製作して固定しています




13_20190622192115243.jpg

加工途中の確認


14_20190622192116a73.jpg

完成ですね



実は、コイツの前に一度失敗してワークをスクラップにしています
原因は単純
刃物の送る回り方をウッカリと間違えたのです




15_201906221921179b3.jpg

どちらが表で、裏なのかはさておき
表面です



16_2019062219211903a.jpg


多分見えなくなる裏面



17_20190622192120815.jpg

悲しいかな
それなりに凝ってみたけれど
量産する事も無さそうなパーツでは御座いますが、GPZ900R用エンジンハンガー完成しました




平井さん
お待たせしました


jp-akai

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(2trackback(0

日常

2019/06/03(Mon) 19:20

1_201906021253151c8.jpg

みなさんこんちゃ
6月ですよ6月!
年々時の流れが早くなって行くように感じるjp-akaiです

この前にRZ250のウインカーステーを製作させて頂いた方から、意味深なメールを言頂きました

「ブツを送りますので爆発注意」

え?・・・
なにそれ怖い><

そして届きました
自分で開けるのが怖いので

「タケシ、なんか届いたから確認して~」
って、感じで一歩引いてブツを開封させる


・・・・・・


おや?

爆発しない?

とりあえず危険物ではなかったようなので、自分も駆け寄り白々しく中身を確認


2_20190602125131378.jpg

w!

シューマイですやん!

なるほど

電子レンジで暖める時に爆発注意でしたか



3_2019060212513277e.jpg


早速ですがチン
ボン
なるほど・・・・
確かに爆発した

タケシと世間話しながらだったので、不意打ちで焦った><





4_20190602125134b57.jpg


隣のツルヤも呼んでシュウマイを舌鼓


5_20190602125135446.jpg


akaiさん、こーすか?早く撮ってください!

演出も抜かりないタケシ
なかなシャッター押さなかったら暫くこのまま待ってくれた(笑)



6_201906021251370c6.jpg


いや、マジで美味しかったです

大阪で言う551の蓬莱のような感じですかね?
このシュウマイの味は551と甲乙つけがたい美味しさでした




7_20190602125138253.jpg
一緒に入っていたひょうちゃんマグカップ
ご当地ゆるキャラでしょうかね?
摂津で言うせっぴー?(超マイナー)


M様
ありがとうございます
ごちそうさまでした



8_20190602125140ed0.jpg

話が変わりますが、
CB400スーパーボルドールのカウル


9_201906021256371b9.jpg

友達の奥さんのです
この前一緒にツーリングに出かけた際に、ウッカリと立コケされました><

ま、これぐらい大した事無いって、すぐに治るさ




10_201906021251419e3.jpg

とは言って見た物の、部分的にバッチリと割れてたりします


a href="https://blog-imgs-126.fc2.com/j/p/a/jpakai/11_20190602125143d58.jpg" target="_blank">11_20190602125143d58.jpg


表面の削れは、先ず粗目のサンドペーパーでパテの下地を作ります



12_20190602125144363.jpg


一緒にツーリングにいったバイク屋のK村さんに電熱線治療器を借りました

カチカチ・・・・

あら?スイッチいれてるのに熱くならないぞ?

ははぁ~ん
奥さんの旦那(友達)の日頃の行いが悪いから使えないじゃないか?





13_20190602125146882.jpg


暫く頑張ったけどアカン><

諦めてバーナーで炙って加熱



14_20190602125147711.jpg

こんな感じでぶっすりとな



15_20190602125149da8.jpg

表の傷は、前から手持ちのポリパテで埋める


・・・・


のですが、何故か硬化しない><


なんでやねん!

ほんの3年前ほど前に買ったきりだったのがあかんの?



16_20190602125150857.jpg


諦めてオートバックスにパテを買いに歩く
光硬化パテ


コイツは紫外線ですぐに硬化する勝負の早いヤツ




17_20190602125214ce0.jpg

早い
まるでニュータイプの様だ・・・・


早速面の研ぎ出し作業に移れる


18_20190602125216b26.jpg


若干ヒケが強く感じる



19_20190602125217698.jpg


今一度盛りなおして、サーフェイサーを吹いた

20_20190602125219d1b.jpg

更に研ぎだす




21_2019060212522059c.jpg


ま、こんなモンかな?



塗料はコイツをハンドピースに移して細かく吹き付ける

22_20190602125222fb4.jpg


細かい事を言うとまだまだなんだけど、とりあえずOK牧場!



23_20190602125223150.jpg

塗装面をコンパウンドで仕上て完成

光の加減でクリアーの境目が見えてしまうが、一液アクリル系ではコレが限界
てか、俺の腕の限界なんで堪忍しておくれ


テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(0trackback(0

気が付けば。。。

2019/05/25(Sat) 19:07

1_20190524195301e0c.jpg


皆さん、こんな経験は有りませんか?
自分の意志とは関係なく、気が付けば予想もしない事に巻き込まれていたり
または、気が付けば悪の組織に加担してしまっていたり・・・・・



今日は、気が付けばいつの間にか・・・・ってお話しです




2_201905241953028a8.jpg

清々しい朝
工場に行くとコイツが放置されていた

カバーは掛かっているが、明らかにバイクで有る


あーん?また隣のバイク屋がウチの島にバイク止めてやがんな!
あの野郎ぅ・・・・
どうせまたハーレーでしょ?
先ずは、そう考えた




3_20190524195305712.jpg


ぴらり・・・

(;^ω^)

コレ、あかんヤツや・・・

見てはいけない物を見てしまった




4_201905241953060fc.jpg

見なかった事にする



そして工場の掃除をしている時に、颯爽とヤツが現れた・・・・


それと同時に覚悟を決めた


5_20190524195307168.jpg

このフォツァは、前にCBR250の純正マフラーをコンバートした奴じゃないかい?
あの時はカウルも着いてなかったけど
キレイに塗装が上がって別物に見えますね
サスガ島田くん(カスタムペインター)





ま、とりあえず

なんやねん
今日はどないせぇっちゅーねん



6_20190524195309a51.jpg


何やらナンバーを取り付けるステーが欲しいとの事

よっしゃ!もうすぐしたらオートバックスが開くから、エーモンステー買ってくるわー!
って言ってる最中に、即座に

駄目です!

のカウンターパンチ><


とりあえず話し合いの結果、タイヤの横からステーを出してドゥカティみたいな感じにしようと決まった

のですが・・

ついつい余計なデザインを思いついてしまい、ウッカリと口を滑らせてしまったのです

結果は後程に








7_20190524195310eca.jpg


とりあえず取付るベースから作ろうじゃないか


8_201905241953124b3.jpg


SUSの丸棒のセンターにタップを切る


9_2019052419531379d.jpg


こんな感じで付ける
ここまでは普通な感じ



10_201905241953153b5.jpg


手に持つのは同じくSUSのφ12丸棒

ここからがウッカリと余計な事を言ってしまった結果になります




11_20190524195316e09.jpg


どうせなら真っすぐにナンバーステーを作るよりも、一度後方に逃がしてそのままタイヤのRに沿わして
跳ね上げるようにしたらカッコよくないか?

言った瞬間しまった!と思った

しかしヤツは即座い言い放った

それで行きましょう


12_20190524195317f9f.jpg

何と言う決断の早さだ
コチラに撤回する暇を与えない見事な一撃



13_20190524195319545.jpg

まぁ、困った時に助けてくれているし諦めて作ろうと思う
それよりも、今まで見たことの無いナンバーステーのデザインだと思うので、自分でも作ってみたいと思う


14_20190524195321c0b.jpg

丸棒を車体に合わせて微調整

Rの部分結構ダルかった




15_201905241953225f2.jpg


仮止め中

イメージが少しずつ現実になって行く瞬間です



16_20190524195323031.jpg

叩いては合わせて
曲げては合わせて
とりあえず大まかな部分は先に溶接して固定してしまう




17_201905241953251b8.jpg

最初は、片側だけで、反対の左は何も無方が良いんじゃないか?って話だったのですが
振動が大きいのでこのままではブレブレで危険

ま、予想はしていたので左側にもステーで繋いで強度を持たせます


18_201905242038245b4.jpg

コンターで長さを調整中

頭ぼさぼさや
恥ずかしい><



19_201905241954371c3.jpg

再び仮止め中


20_20190524195441968.jpg


大まかな形状はコイツで決定なので溶接で固めてしまう

21_201905241954427b5.jpg

溶接の熱が冷める待ち時間中に次の段取り




22_20190524195442242.jpg


φ12同径の切り込み加工



23_20190524195443268.jpg


センターにM6のタップ






24_20190524195444709.jpg

コイツはナンバーを取り付ける部分になります


25_201905241954455fc.jpg

取付角度はタケシのセンスに任せる



26_20190524195447026.jpg


またまた溶接





27_2019052419544921f.jpg

フィニッシュにバフでポリッシュ

正直もの凄く手間が掛った
ナンバーステーにここまで手間を掛けたのは初めてだ・・・


28_20190524195451ebd.jpg



ご満悦のタケシ



29_20190524195452c85.jpg

完成!
疲れた!

32_20190524195516498.jpg

左側
強度もバッチリです






30_20190524195453f81.jpg

やりたかったのは、タイヤのRとステーのRを同じにして駆け上がるデザイン

あんま見た事無いでしょ?


しかしこのバイク・・・
よく見たらいつの間にか俺が手掛けてる所が沢山あるぞ?

このマフラーも確か俺が付けたよね?

カウルで見えないけど、ショートエンジンハンガーも作らされたぞ?




34_20190524195519cbf.jpg

前のホイールも確か違う車種からコンバートするのにセンター合わせやらディスクの小径加工やら手掛けた記憶が・・・

まてまて、キャリパーのコンバートも確か・・・

33_2019052419551895d.jpg

凄く自然に収まってるので気が付かなかったが、このトップブリッジもタケシが監修のもと俺が数セットワンオフした奴じゃないか?
取り付けてるの初めて見たけれど意外とカッコイイのね





35_20190524195521ca3.jpg


俺は、一気に沢山言われるとメンドクサイと聞く耳を持たないのを知っているから
タケシは単体・単体で根気よく刻んでスクーターをカチ込んでくる
チリも積もればいつの間にか・・・みたいな感じ

でも色々とまとめ上げるこのセンスは尊敬する

乗るのは恥ずかしいから嫌だけど、カッコイイと思う


テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(4trackback(0

材質も色々

2019/05/23(Thu) 21:26

1_20190523202142a7c.jpg

皆さんこんばんは
ちかごろ随分と日が伸びましたね
暑いのは大嫌いだけど、夏は好きなjp-akaiです




2_201905232021433c8.jpg

基本ひとりなので、全ての人に100点を頂く事は到底不可能なのですが
出来る限り(気が向いた時とも言う)同じようにバイクが好きな人のアレコレお手伝いをしています

今回のコレは、RZ250のウインカーステーのようです

RZかぁ。。。
俺のR1-Zのご先祖様ですな


3_20190523202145cfa.jpg

今回の依頼は、頂いたメモの様に
ウインカーポストをショート加工して欲しいとの事

漠然と構想だけを伝えられるよりも、このようにコンセプトがハッキリとしたメモが有ると、最終的な仕上がりを考えやすいので助かります



4_201905232021470a1.jpg


要するにベースとなる純正を根元でぶった斬って、一緒に送ってくれコイツを溶接すれば良いのですね?

しかし現物を見て少し悩んだ


5_20190523202148926.jpg


コイツって鋳物なのは、解る
しかし何の鋳物なの?

同じアルミの鋳物で有れば溶接も可能です

しかし、アルミでも不純物の多い鋳物だと上手く溶接出来ない時ぎ有ります
一見アルミ風でも、実は亜鉛ダイキャストの場合も有ります

亜鉛ダイキャストって溶接出来ないんでよ・・・
もしかしたら方法が有るのかも知れない
でも過去に何処からか頼まれた鋳物を溶接した時に、母材の思わぬ所がグズグズになってモノがパーになった経験が有るのです

アレが一体何なのか?
解りません
でも、多分ダイキャストなんじゃないかな?みたいな


今回のコイツも母材が良く解らない

アルミってよりもダイキャストっぽいんですよ。。。










6_20190523202149dbb.jpg

R1-Zも大好きですが、ご先祖様のRZも好きです
一か八かでご先祖様の貴重な純正パーツを無駄にしたく無いのです

今回の依頼の内容は、ウインカーを内側へと寄せたい

ならば、貴重な純正で博打をするよりも、新規で部品を作った方が良いんじゃ?

そんな訳で、ワンオフまでは頼まれていないのですが
RZの為にいっちょ頑張てみたいと思いました




7_20190523202151513.jpg

加工前の母材17Sの棒


8_20190523202153329.jpg


丸の加工は旋盤で




9_201905232021544b4.jpg

M10 P1.25
細目ですね





10_2019052320215672f.jpg


キワまで頑張るが・・・


11_2019052320215704d.jpg

ホルダーが邪魔してどうにもならないから、後は手で切る




12_201905232021582be.jpg

旋盤でやれる所まではやった



13_20190523202159e8e.jpg


残りの作業はマシニングだな





14_20190523202202730.jpg



マシニングは、データだけ作ってもダメなんですよ
加工データも勿論なんだけど、機械に形状を認識させなきゃクラッシュします

余談なんでけれど、マシニングって目が無いんですよ
だから俺が間違ったデータを作ってしまったら壊れるまで突き進むのです




15_2019052320220331e.jpg


コレが加工プログラムなるGコードってヤツです
詳しい動きは解らないとしても、基本的な回転数と送り速度はここで見えてしまってます

わりかしビビってます

日頃はSUS304の加工が多いせいか、アルミだともっとイケるのは解っていても
安全の安全を見てこのような速度になってしまいます、、、




16_20190523202204b3b.jpg

一発目の加工は凄く緊張します

小数点の打ち間違いはないか?
そもそもの高さの検出を間違っていないか?

機械は指令通りにしか動かないんですよ

俺がイケ!と指令すれば、壊れてしまっても突き進むのです。。。








17_201905232022067d8.jpg


後はこのGコードを見ながら工程をすすめます
もしも「あれ?」っとなれば即停止しなければいけません





18_201905232022073bd.jpg

一つ目はとにかく慎重に
とりあえず目が離せないので時間が掛ります





19_2019052320220919e.jpg

間違いなく仕上がってるので一安心ですね




20_201905232022105f1.jpg


RZ250のショートウインカーポスト完成です

jp-akaiに何か頼むと、勝手にブログのオカズにされますのでご注意下さい


ブログのオカズにされるのが嫌な人は、絶対に頼まないでください
よろしくでーす
jp-akai




テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ