FC2ブログ
Home  > Category > 仕事

ロータリーバルブ完成

2020/08/02(Sun) 16:06

1_2020080216020582f.jpg

皆さん、こんちゃ
8月ですね
8月過ぎたら今年も終わり
毎年こんな事言っているjp-akaiです


しかし、暑い
早く冬になれ!
それはともかくロータリーバルブのその後です

結論から言いますと、何の問題も無く上手くできました

さて、前回は、どこまでアップしたのかあんま覚えていませんが
溶接にて歪んでしまったケーシングの仕上に入ります




2_20200802160208035.jpg


元々は、バラバラのパーツを溶接にてくっ付けたケーシングです
少し話がソレてしまいますが、溶接って接着剤みたく金属をくっ付けれそうで便利なイメージが有りますが
実は、相当厄介な作業なんですよ
金属に限らず様々な物には、熱膨張と言う物が存在します
溶接は、部分的に一度金属を溶かして母材同志を接合します
金属が解けるんだから、そりゃ相当な温度ですよ
この時の熱で溶けた金属がめっちゃ膨張します
タチが悪いのは、金属は、膨張した時に膨らむよりも縮む方が大きいんですよ
これ等を熱歪と呼んでいたりします






3_20200802160208f22.jpg



では、この熱歪で最初の寸法が狂ってしまい精度が狂ってしまった場合は、どうすれば良いのか?

物によっては、差ほど精度が不要な場合は、そのままだったり
または、ハンマーでドツいて曲がりを矯正したり
場合によっては、歪んだ反対側を焼いて水を掛けて急冷して真っすぐな状態に戻していきます




4_20200802160210048.jpg


しかし、今回のようなロータリーバルブは、回転体で有りクリアランスもコンマ数ミリ
大雑把な修正では、製品として成り立たないのです><
こう言う場合には、溶接後に再び機械加工にて仕上る
二次加工と言う工程を行います



5_20200802160211ee6.jpg


単純に考えて解ると思いますが
一次加工で仕上てしまった物は、二次加工で削る部分が残っていません
なので、削り代を残して一次加工を行うのですが、あんま削り代を残し過ぎると
今度は二次加工が大変なのです><

二次加工は、一次加工よりも作業条件が悪い場合が多いので
出来るだけ削りたくないのです
しかし、だからと言って削り代が少ない場合は、仕上がり寸法がマイナスになるので
さじ加減が難しい
コレだけ溶接するには、どれだけの入熱になるか?
また、どれだけ引っ張るのか?

そこそこの経験を積む必要が有ります
それでもワーク形状によっては、予想外の動きをする時が有るので
金属加工は奥が深いと言うか、一生修行だと思います





6_202008021602138fd.jpg

ここから減速機などを取付るネジ穴を加工していきます




7_20200802160214af3.jpg


汎用機でもマシニングでも、ワークの水平直角を出すのが結構大変と言うかメンドクサイのです
いくら機械が正確に仕事をしてくれても、そもそもの基準が出ていないと、お察しですよね




8_202008021602161ec.jpg


昔は、全て汎用フライスでやってましたが
今は、マシニングでこの作業が出来るので、大分負担が減りました
でも基準を間違うとドエライ事になるので、緊張感とスリリングは、倍増しましたけれどね><


9_20200802160217a59.jpg


無事加工終了
問題なく作業を終えて一安心


10_20200802160219df7.jpg

ここまで作業して、やっとフェルールを付ける
溶接も何も、同じ作業は一気にやる方が効率が良いのですが
しかし、世の中のは、効率を落してでも守りたい品質が存在します
実際にベース部分も最終仕上げが出来ている
本来ならもう溶接で熱を入れたくないんです
しかし、このフェルールは製品の命とも言える、一番目立つ部分で
しかも、機械と機械を接続する大事な部分なのです

だから、二次加工で生じるかも知れない傷を絶対に付けたく無い事と
それと、フェルールは、二次加工出来ないので出来る限り余計な歪を付けたくない

なので、二次加工の途中に一度機械加を置いてフェルールを取り付ける





11_2020080216022095e.jpg

スケール読みだけど、溶接で縮む分を予測して少し長めにて取り付ける




12_2020080216022358d.jpg


フェルール溶接したら即座に冷やす
冷やすと言う表現は少し違うのですが、熱の広がりを最小限にする為に冷やす
同じ冷やすだけれど、意味合いが異なる


因みにスポットクーラーは、俺を涼しくしてくれるよりも
ワークの冷却の方が活躍しています(´;ω;`)






13_20200802160225629.jpg


溶接後
とりあえず時間を少し置く



14_20200802160226ffd.jpg


あらまぁ~><
少し長いかな?とビビりながら仮止めをしたのですが
予想よりも0.4mm程多く溶接で縮んでしまった(´;ω;`)
今回は特に交差が入っていないから良いんだけど
でも、狙った寸法から大きく外れると悔しいのです
正直な話、溶接の引っ張りをバッチリ狙った所にもって行くのは、匠の世界なんじゃないかな?・・・・・
俺は、まだまだ無理ですわ><・・・・
世の中には、溶接構造にエゲつない交差と△マークの入った図面が有ります





15_20200802160226e7f.jpg

ココからが本番
一番緊張するケーシングの内径仕上です




16_202008021602285bc.jpg




形状的に断続切削になるんですよね
コンマ数ミリのクリアランスを仕上げるけど
この形状を削るのは、少し時間が掛かるんですよ






17_20200802160241e08.jpg


この、のし掛かるプレッシャーと忍耐力は、実際に機械加工する人間ににしか解らない
図面と言うか、架空と理論のCADの中でしか物を作れない人には、解る事の無い緊張感と時間



18_202008021602433a6.jpg


大した測定器具は持っていないけれど
コイツを信じないと一歩前に進めないんだわ


19_20200802160244de7.jpg

ウチの測定器具では、間違いない


20_202008021602460c4.jpg

話が前後してしまうが、減速機を取り付ける
モーターブロックの製作です


21_20200802160247c7c.jpg



旋盤は、回せれば削れる
これは、間違いないです
しかし、正確にチャック出来ないと、仕上がり精度はそれなりなんですよ

22_20200802160249dff.jpg

ソコソコは、色々な形状と大きさに対応できるように生爪を加工した物を持っています
しかし、今回は、今まで使っていた爪が適合しないので
新しい生爪の加工から作業が始まります

メーカー既製品の生爪を使うのですが
コレも只じゃないんですよね
当然新品を取り寄せてます
少し悲しくも腹が立つのが、依頼される方がこの購入費の事実を全く知らない事です









23_20200802160250919.jpg

後、切削条件にもよりますが、刃物の消耗も無視でき無いのです・・・><




24_20200802160254eb1.jpg


特に、今回の様に四角の物を旋盤で加工する時は
断続切削と呼ばれて、刃物にも機械にも良くないのです


回る度に「ガンガンガンガンガン・・・・・」と、刃物に衝撃を与えて、刃物の先端が直ぐにヘタって駄目になるんですよ




25_20200802160255662.jpg


そしてボルト穴は、再びマシニングの出番
ワークセンターを拾ってプログラムの起動

言葉じゃ簡単ですがね・・・


26_202008021602554be.jpg


中で回るローターの仕上
キー溝は、ワイヤーカットにて仕上てある

昔は、スロッターで掘ってもらってたんだけど
今、このキー溝を掘れる所少ないのかな?
スロッター加工できないとか言われた?!

何故に???





27_20200802160256a68.jpg

頼んでいる工具屋(商社)の力が落ちたのか?
それとも根本的に職人が居なくなったのか?・・・・・

どちらにせよ後継者の居ない日本の物作りの未来は、暗いね


因みにシャフト側は、普通にウチでやってます
28_20200802160258649.jpg


ローターの最終仕上げ

コイツも断続切削だから、刃物が直ぐにダメになるんだ・・・・





29_20200802160259482.jpg



寸法確認中
クリアランスが少ないので慎重にね




30_2020080216030194d.jpg


長い時間を経て、ようやく全ての部品を組み立てる時が来ました
この時が一番緊張します





31_20200802160302210.jpg

ケーシングにモーターブロックを取り付けて、減速機を付ける
そして主軸の取付


ココからが一番の緊張
ローターの取り付けです




32_202008021603046d0.jpg


コツ・・・・

シュー・・・・・

スコン

入った・・・・・
引っ掛かる事無く、シブさを残しつつスムーズに



33_20200802160331afb.jpg



今回は、たまたまかも知れないけど
特に大きな問題も無く、割とスムーズに組めた







34_2020080216033220b.jpg

前面の蓋もパタンと



35_20200802160334e2a.jpg

実際に動力を繋いで回す

シュインシュインシュイン・・・・
干渉する事無くキレいに回っとる・・・・

ありゃ?
昔作った時は、ドエライ苦労しまくったトラウマが有るんだけど
拍子抜けするぐらい普通に回ってる


流石に20年ぐらいこんな事ばっかりやってるうちに、少し上達したみたいだな。。。
横須賀のT社の御蔭も存分に有るが・・・><




36_20200802160335a74.jpg

ここから少し時間が進み
西淀川区に有る、谷川研磨さんからバフが上がってきました

谷川さん、いつもいキレイに仕上げてくれてありがとう!


37_20200802160337e31.jpg



今一度、出荷に備えて組み立てる




38_20200802160338288.jpg

やっぱ、谷川さんの腕が良いから製品が映えるね!




39_202008021603409ae.jpg

モーターカバーも取り付けて完成♪


40_2020080216034245d.jpg


久しぶりに作ったけれど
ヤッパ何かと頭を悩ませるね
でも、昔と違うのは、今の方が物作りの経験が多いから
昔出来なかった事や、悩んだ事が出来るようになっている
継続は力なり
諦めず前に、前に進め
一歩前進、二歩後退!
jp-akai


スポンサーサイト



テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(0trackback(0

サニタリーロータリーバルブ

2020/06/22(Mon) 19:48

1_20200622174926b5a.jpg

皆さん今晩は
いやぁ、やっぱ早いモンすね
一か月って

いや、ここ数年は、一年単位であっちゅー間です><

今月もネタがありません!
なんて書いたら、しまいにゃココに来てくれる人がゼロになるのも寂しいし
それよりも唯一自分の生きた証で有るこのブログを放棄する事態にもなりかねない

本職系の製作って守秘義務絡みで、なかなかアップ出来ないのですが
今回のブツ
ロータリーバルブは、そもそもの設計がジャストプランニングからの流れで
元となる形状は、Iさんが設計した物なのですが
Iさんが退社して、そこからいろいろな経過が有りまして
収める先の仕様に合わせたり
または、こうすれば作りやすい・ここがウイークポイントだな・・・
そんな感じで独自に進化させてきまし

思い出せば俺がこの業界に入って間もない頃
今よりも溶接や機械加工が下手くそで、何もかもが知らない事だらけ

そんな危険人物に一言
ジャストの社長「おいボタ、(俺の事)コレ作れ」
手渡されたのがロータリーバルブの図面

図面見た時の感想
どーやって作るん??


ぶっちゃけ、実は俺がこの業界に入った動機は、ヨコシマな物で
自分の車やバイクのパーツを作りたい
そんな不純な物
しかし、どうせ作るなら良い物を作りたい
コレだけは、昔から一貫して変わらない事実です


旋盤もフライスも、自分のおもちゃを作りたい為に一生懸命独学で勉強して来た(仕事で実験みたいな)
しかし、さて困った
今までのお遊びでは、こんなモノ作れない

今まで考えた事の無い、先の先の先を考えて一次加工と溶接をしなきゃいけないからだ

結論的に言うと
何とか形には、なった物のボロボロですね・・・
正直すまん・・・
当時は、一生懸命やってアレだったんだ
今はコレしか言えない

その時に経験した数々の苦い思い出と苦労は、決して無駄にしない
旋盤屋さんのおっちゃんの所に行ったり
加工屋さんの所に行ったりして、色々と教えてもらった
なんせ元々大工で、金属加工は素人なんだから、人の倍は努力をしないと追い付けないんだから
そう気付かせてくれたのがロータリーバルブやスクリューです








2_202006221749281dd.jpg


そんな思い出の詰まったロータリーバルブ
10年以上作ってないな・・・

作り方等を忘れた時に来やがった






3_20200622174929329.jpg


バタバタとしているので、飛び飛びになりますが
ロータリーの製作風景です

バイクのパーツじゃないですが、コレが俺の本職です




4_202006221749297f3.jpg

コイツはベース板になる部分です

何でそーするの?
いやぁ・・・色々と有るんですよ
別にこんな事しなくても良いんですよ実は
でもね、ワザワザ工程を増やすからには、ちゃんとした意味が有るんですよ




5_20200622174931834.jpg

丸を回すのは、別に普通なんですが
四角い物を回すのは、少し怖いです
変心していると、なおの事。。。。><





6_20200622174931fd7.jpg


コイツは本体となるシームレス管
丸でも肉が薄いとビビります
パイプって、掴むと撓むから
これだけ肉厚だと少しは、安心できますが
条件が悪いとぶっ飛びます><



7_2020062217493236a.jpg


ある程度肉を残して、とりあえずこんなモンかな?


8_202006221749330c3.jpg


先ほどの大きなパイプにコイツが入って回ります
コイツのこれまでの加工風景は撮ってません><







9_202006221749359a8.jpg


コレは、蓋になる部分の部品です

飛び飛びなのは、堪忍

10_20200622174936862.jpg

コイツは主軸の荒加工だな

削り代が多いと、そこまで行くのにワークがかなりの熱を持ちます
熱膨張している時に仕上げてしまうと、冷めた時にマイナスになってしまうんですよ
ウッカリやると怒られます
ウッカリしてなくても怒られる時が・・・・・みたいな
1/100なんてはずみだぜ?
って言いたいけど、キレられます><




11_202006221749375ca.jpg

荒や一次加工だけでも普通に時間が掛かりますね

世の中の風潮で言うと
良い物を、早く・安く

正直無理です
時間かかります
時間=コストです

だから安かろう悪かろう、しかし中国製
そんなんに競合させられるから日本の物作りがおかしくなるんだ

それと、どんどんと古き職人古き店が無くなる世の中
日本の物づくりを守るならば、大手企業も今一度体制を改めて頂きたい・・
我々を潰すのは簡単ですが
我々が無くなれば、最終的に困るのは大手の企業様達

え?ならば派遣や、生き残っている所に頼めば良いと?


hahahahahaha
ナイスジョーク
そうなれば、そこはパンクしてお手上げになっているか
技術者がいなくなっているかもね?



外国の外注に頼む?
好きにすれば良いさ
ノウハウを抜かれてポイされるだけだから


今の世の中の価格破壊は何故起こったのか?
本来は、日本の発明
日本の物で有る物が、何故中国の安売り海賊版が出来たのか?
企業はよく考えるべきである
一時の利益とハニートラップで、企業の肝を中国人に売り渡す
我がで我がの首を絞める
好きにすれば良いさ

もひとつ言えば、残業時間やブラック企業問題
コレにビビって企業はがんじがらめも事実で有ると思う

確かに人を追いこむようなパワハラはアカン
しかし、労働時間延長・残業・休日出勤
コレは必要だろ
コレを無くして企業の競争力を確保する?
無理でしょ
その代り能力に応じてキッチリ払ってあげてくれ
無駄な残業自慢するヤツはクビで良いから


お客の特急的な要求
お客のお客は、自分のお客
そのお客が困ってるんだ
それを何とかするのが企業で有り職人だと思う
それをイチイチぐちぐちと、ブラックやらパワハラやら・・・・
じゃ、お前たちは、どこから給料をもらっているんだ?
会社が潰れるとお前たちの給料が無くなるんだぞ?
弱者と偽善を盾に正義を語る
どうしようもない
やりもせん奴の意見は聞きたくないし興味は無い




俺が言いたいのは
ええから皆、前向いて仕事しろ




ココでは書ききれない程の色々なネガティブ要因が沢山有ります
グチってゴメンね><











12_20200622174938789.jpg

さて、グチって少しスッキリした所でロータリーの続き
この展開して冠みたいになったパイプと、先ほどの肉厚パイプに穴を開けた物に付ける段取りです


13_202006221749401ca.jpg


この穴を合わせる作業
昔、一番最初にコイツを作る時に物凄く苦労した思い出が有ります
材質がプラスチックなら差ほど悩みません
でもSUS304は硬いです

それと、すり合わせも、徐々に削って合わせたんじゃなくて
計算して、こうなると言う確信が有って切断した物です




14_202006221749429e1.jpg


合うのは解っているけれど
ひょっとしてどこか勘違いして計算していたら。。。。
実際にそんな恐ろしい事も有るので、最後まで緊張しますね><





15_20200622174943d97.jpg


一次加工も格好が付いたので、これから溶接でくっ付けて行きます
この溶接前の仮止めも凄く重要
ココがいい加減だと全て台無し



16_202006221749455f3.jpg


しかし、どれだけ神経をすり減らしても、溶接の熱歪と変形は起こってしまいます><


17_202006221749464ef.jpg

溶接後

うん、バッチリ変形した♪

ワークがコレだけゴツくても、熱歪は起こります
元々は真円だったハズの丸もわずかに楕円形になってます

だから溶接嫌いやねんなぁ・・・・

とりあえずこの日は終了~






18_2020062217494770d.jpg


ここから熱歪で変形して寸法が狂ってしまった所を二次加工にて仕上て行きます

続く

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(2trackback(0

とりあえず挨拶

2020/05/31(Sun) 19:01

DSC_4134.jpg

ごめん
更新できるネタが無い><


しかし、もう六月なんですね・・・・

五月は、あっちゅーまに過ぎ去りました

有り難い事に仕事に追われる毎日
独立して5年目になりますが
最初の時は「俺、大丈夫なんかな?仕事有るんかな?ちゃんとやっていけるんかな?」
不安ばっかりでしたが、こんな自分を支えてくれた数々のお客さん達に感謝しています

ブログのネタを作る時間が無いのは、悲しい反面
自分がちゃんとやっていけている証なので幸せです


仕事と言うか、本職と言うか
ちゃんとした物作りもブログにアップ出来たらなぁ・・・・
守秘義務も有るので、軽々しくブログのネタには出来ませんが
いつか、お客さんがOKしてくれる物が有ればブログにしてみたいです


6月も頑張るぞい!


テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(0trackback(0

本職

2019/06/21(Fri) 20:38

1_20190621201229751.jpg


皆さん今晩は
ユーチューバーも面白そうやな~ と、思ったけど ライダージョーさんの動画に少しだけ出させて頂き
「あかん、俺、上がって喋られへんわぁ・・・」と、思い知ったjp-akaiです
やっぱ俺は、カチャカチャとキーボード叩いてブログやってる方が向いてるのかな?

このブログなのですが本職は、守秘義務やら大人の事情でアップ出来ない事が多々御座います
でも、別にええんちゃう?みたいな感じの物は記事にしてみようかな?なんて

コイツは、某メーカーの機械部品の一です
付き合いの深いお客さんの所に収められる物なのですが、お客さんの所で手を加えてしまった為に、メーカー保証は愚か
マイナーな修理すら拒否されてしまったようです


うーむ・・・・
コイツは別の意味で難しい案件です

なんせ一度ユーザーが何かしら触って基準となる物が解らないのですから・・・








2_20190621201230cfa.jpg


詳しい内容は書けませんが、コイツが機械に上手く収まらない

そっか・・・
とりあえず出来る限りを測定して何が悪いのかを特定しなきゃ


今回のコイツは、非分解の所を、お客さんの所で触っちゃってアチラこちらの寸法がチグハグで、本来は、平行垂直でなきゃダメだろ?って部分が狂っていました

たまたま今回は、上手く修理が出来たので一安心です





4_20190621201231f01.jpg

次です
SUS304のブロック


5_20190621201233ae1.jpg

コイツは商社さんからの依頼の機械部品です


6_20190621201234c44.jpg

正直な話、何の機械に、どのように使われるのか用途が判りません




7_20190621201235c9f.jpg


最終的にソレが何の機械の何で有るのかが判ればある程度は気分的に楽なのですがね・・・



8_201906212012375a9.jpg

この形状とこの機械交差から推測すると、さほどキビシイ物では無いと思う

その前に、俺に難しい事言っても無理だし


9_201906212012397dd.jpg


出来てみれば単純な物なのかも知れないけれど、材質がSUS304とかになると加工条件が上げられないので結構な時間が掛かってしまいます
それとSUSは硬いので刃物の痛みも無視できないのです




10_20190621201240dfa.jpg


その他にも何かの機械部品です

単純に穴が開いてるだけかも知れないけど、ソレが金属となると意外と加工に時間が掛かるんですよ



テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(0trackback(0

メンテ?

2019/06/07(Fri) 20:06

1_2019060719114951b.jpg

皆さんこんばんは、jp-akaiです
実は、ずーっと気になっていた物が有ります
それがコイツです

マキタの掃除機に付けるサイクロンのアタッチメントです
皆さんはサイクロンをご存知でしょうか?
え、知ってるわ!って?
今は、ダイソンの掃除機のおかげでサイクロンって名前が一般的になりましたね

でもサイクロンの原理を知っている人はそんなに居ないんじゃないかな?
サイクロンのウンチクを書くとめっさ長くなるので簡単に説明をします
要するに気流と遠心力でゴミと空気を分離するのです
CMのうたい文句では、ほぼ100%ゴミを分離するみたいな事を言っていますが
どんなに効率の良いサイクロンでも約2%は気流に乗って排出されてしまうのです
多分だけど分離できなかったゴミはフィルターでキャッチするからって言いたいのでしょうかね?
この辺はダイソンのエンジニアに話を聞いてみたい所です





2_20190607191151d10.jpg

それはさて置き、このサイクロンをどうしたいのか?
日頃工場を掃除するのに普通に掃除機を使うとすぐにフィルターが目詰まりしてしまうのです><
このサイクロンでゴミと空気を分離して
分離できなかった粉塵は掃除機が
そんな使い方と、もう一つはコイツに使いたいのです

まだジャストプランニングに努めていた時に作ったブラストボックスです
とりあえずスイングアームやホイールのブラストをして塗装の下地を整えたい
ただそれだけで作ったのですが、後から後から不具合と言いましょうか、予想もしていない事実に直面しました



3_20190607191151fe5.jpg

先ず、ボックス内部が暗くてワークの状態が良く解らないのです><

それを改善すべく、とりあえず投光器を設置しました





4_20190607191153d19.jpg

でも後付けなんで、電気の通る穴なんて無い
仕方が無いので、エア抜きフィルターの付く部分から電気の線を通して無理矢理使っていました




5_201906071911555d5.jpg


しかし所詮は付け焼き刃
隙間からブラストの粉塵と言うのか煙りと言うのか、モワモワモワモワモワ・・・と
作業後は、辺りがエライ事になっていました


なのでこの際キッチリと電気を通す穴を設ける事にします

因みにこのエア抜き穴は、ただのフィルターが付くだけなので、作業中に舞う粉塵の処理が出来ません
今回は、このフェルールの部分に先ほどのサイクロンを取り付けて、掃除機で粉塵を吸引してやろうと言う考えなのです



6_20190607191156407.jpg

密閉された容器の中に、掃除機で吸引するだけでは空気の流れが生じないので、二次エアーを吸い込ませる穴も作ります

7_2019060719115724b.jpg

ここからエアーを取り入れてやります
バイクのパワフィルを付けてやろうと目論んでおります


8_20190607191159be2.jpg

元々はエア抜きのリテーナだった部分に掃除機のホースを付けれるように改造します



9_20190607191201fda.jpg

特に製品では無いので作り方はザツです



10_201906071912028e7.jpg

適当なパイプに適当な板を点付けして
コーナーシャーで適当に切って
ベルダーで適当に仕上ます



11_201906071912049dc.jpg

このままでは、穴が無いので、旋盤で適当に抜きます



12_20190607191205cc8.jpg

漏れさえ無けりゃOK牧場!
溶接も適当

製品じゃないって気が楽ですわ



13_20190607191206348.jpg

とりあえず付ける


14_20190607191209686.jpg


こうやって見るとデカイな

15_201906071912302de.jpg


サイクロンを取り付けるブラケットの溶接



16_20190607191232832.jpg


こんな感じでセット


17_201906071912331f1.jpg


掃除機をつないでテスト

ん?。。。。
思ったよりも効果が無いぞ



18_2019060719123481a.jpg


おそらくこれだけでは、この穴の周辺しか吸引出来ていないんだな



19_201906071912369f0.jpg

昔、ジャストプランニングで集塵風洞を作っても、穴だけだとその周辺しか吸引出来なくて
あえて邪魔板を入れる事により周りから吸い込むようになった事を覚えている

20_20190607191237267.jpg

今回のブツは、側面で吸引するよりも
真ん中で、まんべんなく吸い込んでくれるとありがたい



21_20190607191239f6a.jpg

手持ちに丁度よさげな材料が無いので適当だけど、吸引パイプを作ってみた


22_201906071912404c1.jpg


色々とテストしてみたら、根本の穴は無い方が効率よく吸引してくれる事が解った


因みに内半分と外半分では穴の大きさを変えています
何となくだけどね




23_20190607191242f9c.jpg

わざと粉塵が舞うようにイケズなテスト

今までだったらすぐに中が見えなくなってイライラとしていましたが
「ん?見辛い・・」と思っても サーっと視界が開けて来ます♪
集塵機を付けて無かったら、延々と中が見えません><





24_201906071912431b2.jpg


短時間だけどコレだけ捕集しました

これで快適に作業が出来そうな感じです



ではでは

akai

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ