FC2ブログ
Home  > Category > ワンオフとその他

ダックスフンドの足

2018/10/09(Tue) 18:09

1_201810091808226ab.jpg
みなさんお久素振り
jp-akaiです

10月ですね
時間の経過は早い物ですね
今年は特にバタバタとしていたので余計にそう感じてしまいます

仕事のバタバタを乗り切り少しは、気持ちを休めれるかな?
なんて事を考えていると「待ってました!」の如くミサイルを撃ち込んで来るヤツが一人います

誰とは、言いませんがね・・・




2_201810091808239e6.jpg


さっきの丸棒がこうなりました




3_201810091808252ea.jpg

今度はSUSのパイプ
わざわざ磨いてピカピカ高級仕様にしました





4_2018100918082697c.jpg

キャシー塚本の如くプレスでどーん!




5_201810091808282d2.jpg

せっかく磨いたのに速攻で潰す・・・


6_2018100918082996f.jpg

次に取り出すのは、溶接された部品


7_20181009180831692.jpg

先ほどのパイプと何点かのパーツを合体させる



8_2018100918083272e.jpg


サッツと全体を磨いて完成

タケシがローダウンさせたフュージョン用のサイドスタンドを作ってくれって><

それとフュージョンのフレーム改造してケツを落してくれって・・・・

ちょっと待てよ?
んー・・・、たしか前にフュージョンのフロントフォークも改造させられたような思い出が・・・
もう最悪><




スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(0trackback(0

CBのタンクつづき

2018/09/15(Sat) 20:15

1_20180915191211ae2.jpg
皆さん今晩は
世間では三連休だとか?

はぁ、なかなか良いですね
3連休とはいかない物の、日曜 祭日とゆっくりとしてやろうと思っていたのに
何故かこんな時に限って納期の無い仕事が集中してしまう



2_20180915191214721.jpg

まぁ、そんな訳で日曜も仕事しなきゃならなくなってしまった><
なんで納期に火が付いたヤツばっか来るんだろうか?
後もう少し早く頼んでくれたらなぁ・・・


まぁ、グチっても仕方が無いから無心で働く事にする


この前のCB750のタンクに燃料レベル計を取り付ける続です
前回もお話しましたが、考えていたよりも大袈裟な事になってしまった
聞くところによると、タンクとフレームの間にはそんなに隙間がないらしい?




そっかぁ、・・・
じゃぁ レベル計本体をタンクに沈め込むしか方法が無い
レベル計を取り付ける座の絵(図面)を書いてる最中






3_20180915191215b54.jpg


とりあえず絵は完成したので今度はマシニングで削るプログラム用の絵を書きなおす
物にもよるんだけれどマシニングプログラムを作るには、1つの物に似たような異なる絵が何種類も必要になって来る


え?レイヤーで分けろって?
ごもっとも><








4_201809151912173e1.jpg


いくらCAD・CAMが優秀でも実際の刃物の動きは、人間が指示する
人間がポンコツだと加工中に刃物とワークが激突したり大変な事になる
因みに当たり前の事だけれど、ウッカリと小数点の打ち間違えや、+-の方向を勘違いするとドエライ事になる

そんな事を防止する為にある程度はシミュレーションで事前にツールの動きを見る事が出来る
のでアホな俺でも何とかなる



5_201809151912184e6.jpg


加工プログラムが組めたら今度は、実際に加工していきます
ワークをバイスに固定して高さを測定している所です
実は、この作業が一番緊張します
さっきも書いたけれど、小数点の間違い +-の間違い
原点管理の間違い、何か一つでも間違うと刃物はぶっ飛ぶし、最悪機械本体がダメになってしまう
後、刃物の高さ登録もね





6_2018091519121901a.jpg

先ずは、エンドミルでセンターの穴をヘリカルで下ろして貫通
ヘリカル便利だなんけど時間が掛る・・・



7_20180915191221a59.jpg


次は細いエンドミルで内側をポケットにしたところ


8_20180915191222696.jpg

センサーを固定する為のタップの下穴



9_20180915191224c29.jpg

タップを切てとりあえず終了

それとエンドミルの軌道が見えます
このツールマークが好きって人も多いんじゃないかな?
もっと規則正しい目にする事も可能




10_201809151912252b3.jpg

センサーを固定するスタッドボルトを立て込む




11_201809151912272d0.jpg



コイツがガソリンの漏れを防止するパッキン



12_2018091519122873c.jpg

センサーをナットで固定



13_201809151912290c6.jpg


裏面と言うのか、タンクの内面側から見た所・・・・


14_201809151912312ea.jpg

とりあえずちゃんとパッキンが効いてるのかチェック
注いでるのは、メタノールです




15_20180915191242b13.jpg

・・・・・・・



16_20180915191242a54.jpg

まぁ、漏れては無いなぁ、、

・・・・・・・・



しかし
こんなんで解るか!





17_20180915191245f59.jpg


まぁ、パッキンの内側には滲んだ痕が無いから合格(今段階)




18_20180915191246462.jpg

今度は、タンク本体にとりつけ

この辺かな?





19_20180915191248560.jpg


美しくカット





20_20180915191249e88.jpg


タンクの板が薄いので隙が出来ないように慎重にすり合わせ
すいていたら、くっ付く前に無くなる><




21_20180915191250502.jpg

溶接めちゃくちゃ付けにくかったです><
擦り合わせが良くても、根本的に板厚が薄いので電気を飛ばすと溶けて無くなってしまう




22_20180915191252807.jpg



再び登場センサー本体です



23_201809151912541cc.jpg

フロートから延びる棒
元々違う車種の物だから仕方がないのですが、長さが足りなくてタンク内で干渉します




24_20180915191255fa4.jpg



仕方が無いから切る


25_20180915191256d1c.jpg

で、適当な棒を溶接して延長

・・・・・・

なんか折れそうやな、、、





26_20180915191258781.jpg


またまた適当な棒を抱かせて溶接

走行中にガソリンが揺れてフロートの棒って結構負担掛かってそう
これやったら大丈夫でしょ?





27_20180915191259080.jpg

再びパッキン(オーリングとも言う)



28_201809151913017e5.jpg

そりゃまぁ付くわな、、

なんか普通過ぎて言葉が思いつかない


29_20180915191302269.jpg


ここから後は、オーナーさんのお仕事です
完成したら乗ってきてね



jp-akai

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(0trackback(0

お・と・な・の社会見学

2018/09/10(Mon) 19:10

1_2018091017204114b.jpg


みなさんこんにちは
大阪と言うよりも関西地方は、強烈な台風が直撃でそこら中大変な事になっていました
そんなこんなの矢先に北海道の地震
なんか今年は災害が多くないかい?
今年一年を漢字で表すと「災」なんじゃないか?
来年は元号も変わるらしいし、平和な年になりますように

って、まだ9月だが





話は本題にうつります

いつもは、マシニングや機械加工にてアルミパーツを作っている所まではアップしています





2_20180910172044c5b.jpg

しかしその先のフィニッシュと言いますか、アルミのお化粧アルマイト処理のお話しです

その前に軽く講釈をたれておきます
アルミと言うのは、本来は白と言うか銀色の肌の金属です
しかし皆さんのおなじみバイクのアルミパーツと言うと、赤やらブルーやら黒に金色
様々な美しい色が有ると思います

Q:これって色塗ってるの?

A:いえいえ、違います
コレはカラーアルマイトと言いまして、アルミの表面を染料で染めているのですよ
元々アルマイト処理と言うのは、アルミの腐食を防ぐ為の処理なんです
アルマイト処理を施すには、温度管理のされた薬品に漬け込み
そこに電気を流すとアルミの表面に規則正しい六角形状のミクロ単位の酸化被膜を形成します

この酸化被膜を形成した時に六角形の真ん中にミクロの穴が出来るのです
そこへ、キレイな色の染料をしみ込まして
最後にまた薬品と電気にて今度は、その穴を塞いでしまうのです
それが皆さんおなじみのカラーアルマイトと言う訳です

またアルマイト処理を施した酸化被膜は絶縁体に変化して電気を流しません












3_201809101720474c8.jpg



前置きが長くなりましたが
私がいつもお世話になっているアルマイト屋さん
株式会社・大洋技研さんにお邪魔します








4_201809101720478fa.jpg


工場に入ると先ず目に飛び込むのは、謎の枠
なかなか刺々しい鋭利な器具です
恐らくこれは、中世ヨーロッパの拷問処刑器具 アイアンメイデンの中に入ってるアレなんじゃないでしょうか?



5_20180910172048cea.jpg

ほら、見るからにヤバそうな事してます・・・
この怪しい浴槽に逆さ吊りした人間を頭からゆっくりと浸して・・・・・・





6_20180910172051595.jpg

ギャー!

なんてしょうもない事を書くと、後から社長にドつかれると怖いので冗談はここまでにしておきます





7_2018091017205121f.jpg


先ほどの枠にアルミパーツをセットして、工程別の浴槽に漬け込み
アルマイト処理を施していってます

※本当は、先ほどの枠や冶具類・作業風景は、撮影禁止です
 工場長の許可を頂き撮影させていただきました
 ありがとうございます  akai







8_20180910172052e27.jpg


上がりたてホヤホヤのスタビライザーのクランプ部分





9_201809101720542c1.jpg

コチラは、タワーバーのセンターバーの部分です
社長・工場長・従業員の皆様、撮影および我がままにお付き合い頂きありがとうございます





11_201809101720552b6.jpg

ここからは、俺の仕事
組立作業です



12_20180910172057c55.jpg


通常は、濃い金と言いますか、一般的に金アルマイトと呼ばれる色にて仕上ています
しかし今回は、リクエストを頂きまして通常よりも淡い金・シャンパンゴールドにて仕上ています

え?「4セットしかつくって無いやんか?」ですって?
はい、製作開始は5セットだったのです

しかし製作しているうちに加工ミスが出てしまうのです
今回は、1つの加工ミスで済んだので残りの4セットが製品となりました
疲れている時や、忙しい時に無理矢理作ると2~3割が失敗してスクラップとなります><
マシニングと言えども、完全オートマチックでは無いので
体調とメンタル状態にて左右されるのです





13_2018091017205868c.jpg


コチラが皆さんのなじみ深い金アルマイトと呼ばれる仕上がりです
しかしこの金色も俺の我がままにて通常の金では無いらしいです・・・><
通常の金はもっとオレンジ色っぽい感じなのですが

俺が「エンドミルのコーティングのような色合いの仕上がり」

みたいな軽い気持ちで我がままを言ってしまった為に
通常ロットでは、無く
わざわざ特別に沸かしてくれて色を付けてくれています><
少数ロットなのに昔から現在までズーっとお世話になりっぱなしです





14_20180910172100678.jpg


コイツも組みつけ




16_20180910172101882.jpg


バラバラ状態で送るのと、とりあえずアッセンブリーで組み立てたのを送るのって
ドッチがええんやろか?

一応俺的には、極力悩まずに取付して欲しいって感じでアッセン組立してるんだけど



17_201809101721039a2.jpg


タワーバーのゴールドとスタビのゴールド

一括りにゴールドと言えど全くの別物です

スタビのシャンパンゴールドはとりあえず残り3セットです(jp-akaiの彫刻なしです)
フレームサイドキャップのシャンパンゴールドも残り1セット(こちらも彫刻無)
タワーバー・ゴールド 残り9本




18_2018091017210476d.jpg

しかしカラーアルマイトってキレイですよね

もしも個人にてアルマイト屋さんに作業を依頼される時のお願いです


無茶な納期を言わない

あんま細かい納期を聞かない
ロットの都合が有ります
焦るとろくな事有りません






プロでも100%では無い事を理解する
アルミも色々な材質が有ります、的確に材質指定をしても完全に100%では御座いません
まして材質の番手が解らないのに依頼して「仕上がりが悪い」なんて言う素人が多くなると
今度は、だれの依頼も聞いてくれなくなります




再アルマイトを頼む時は、キレイにしてから送りましょう
気持ちの問題ですね、逆の立場で汚れた物を送られた時にどう感じますか?




俺は客だぞ
そんな人は、氏んでください
50:50←これが理解できていない人は何か欠落しています



何か有っても
いちいちSNSで悪口を言わない
はっきり言って陰険です
根暗です
コレも何か大切な物が欠落しています




上記の事をアルマイト屋さんが言ったのでは有りません

あえて社名を隠していません
もし、このブログを見て個人にて作業を依頼する方が居た場合にお願いしたいのです

私が言いたい事は、お互いに人間です
思いやりを忘れずに気持ちよくやり取りをしましょう
jp-akaiからのお願いです






テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(2trackback(0

類友ってヤツか?

2018/09/07(Fri) 21:39

1_20180907210838a0f.jpg


皆さん今晩は
世の中には色々な人が居る

大雑把に分類して、ノーマルな人間とアブノーマルな人間
今回は、後者の方
そう、いわゆる変態とも呼ばれる部類の人のお話です




2_2018090721084018a.jpg

変態とノーマルの線引きは難しいです
普通の人でも想像を膨らませて色々な事を考えます

しかし変態と呼ばれる人間はここから一線を越えてしまうのです


今回持ち込まれた物は、CB750のタンクと 逆輸入かな?CBF125の燃料タンクです
ぶっちゃけDAEGとR1-Z以外には全く詳しくない
CB750は知っているけれどCBF125なんて聞いたことない





3_20180907210841f84.jpg
で、何をしたいのって話なのですが
このCBF125の燃料計センサーをCB750に移植したいとの事

とりあえず依頼主に聞いた

「何でそれが使えると思ったの?」
よくまぁ、それがイケるって解った物だ・・・

「それ付けて燃料メーターはどうするの?」
なんせ元々燃料計が付いてないのにセンサーだけ移植しても意味が無いじゃない?

すると依頼主が曰く「なんちゃらのメーターが何々で、それがどーのこーの★□〇△☆・・・・」

うむ・・・・
マニアの言う事は、サッパリわからん☆
とにかく情熱だけは理解出来た




4_20180907210842168.jpg

電気的な事はオーナーが一番詳しい
要するに俺はコレをコイツに取り付ければ良いのだね?



5_20180907210843c65.jpg


変態オーナーの情熱と口車に乗せられてウッカリと引き受けてしまった物の
タンクとフレームの隙間があまりない事に後から気が付く





6_2018090721084565b.jpg

うーむ・・・・
脳内では簡単に取付できるのだが、実際にはクリアすべき問題点が多々存在する


7_2018090721084620d.jpg

結論から言うと想像通りには事は運ばなかった
遠回りする事になるが、それがゴールの近道になるのかな?


嫌いじゃないです
本格的に熱い変態の人
(失礼)

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(0trackback(0

またか・・・

2018/04/03(Tue) 23:18

1_201804032108195cf.jpg

来るべきその日が訪れた

玄関に(シャッター)に目をやるとソイツが居る

あえて説明しなくても見た通りアメリカンな野郎だ







2_20180403210820c32.jpg


ワンオフ・現車合わせの部品取り付けは、大変だし疲れるので基本的に断っている
それよりも納期の無い仕事が集中していてソレ所じゃ無いんだわ(´;ω;`)
だって自分の手掛ける部品やらの製作すら出来ない状態なんだし・・

それでもカチ込んで来るハーレー屋が居るんだ
普通なら「ゴメン無理」で終わらせるのだけど、隣のハーレー屋も俺と同じぐらい一人ブラックな人間
「何時まで仕事しとんねん、アホちゃうか?」
深夜1時ごろシャッターを閉める時でもまだ仕事をしている

酷い時、徹夜どころか翌朝を迎えてフラフラになりながら隣を見ると、同じく半分死にながら仕事をしているバイク屋が・・・・
こいつアホちゃうか?・・・

妙な親近感と言うのか似たような感じでブラックなので、コイツから頼まれると断れないんだわ・・・


事情はともかく受けたからには、オーナーの好みやらその他を伺い製作に反映させる

こうやって書いたらカッコイイかも知れないんだけど、実際はなかなか理屈通りには事が運ばないんだわ・・・

理由は以下にて・・・


3_20180403210823a1e.jpg


今回のミッションも、前回のショベルと同じく、リアフェンダーの取り付けとシーシーバーのワンオフ

俺、膝が悪いから屈伸が苦手><
でもバイク屋と違うから専用のリフトなんて持ってない
その代りホイストとサイコロ(バイク乗せてるブロックにたいなヤツ)を持っている

見た目じゃない
この辺は、要するに1か0かの世界かも知れん

話が変わるけど、このショベルのエンジン凄く美しいデザインしてるね
ハーレーは詳しくないけど、このフレームとエンジンのデザインの良さは頷く

言い方悪いけど、ハーレーの人って、蟹股で、運転マナーが最悪で、集団でやたらと道路を占有して
アウトローと周りを威嚇しているだけを履き違えているイメージが強いんだ

それとウチは、ハーレー屋では無い
でも、勝手にウチの出入り口にハーレーや、車を無断駐車して業務を妨害してくる質の悪いバイク乗りが多い
自分さえ良ければ人の仕事を邪魔して良いのか?
目の前の道路が混雑しているぞ?この渋滞はだれの責任や?
よーく考えろ、もしも自分の玄関前に見ず知らずの他人が無断駐車をして、自分が出入り出来なくて困る事を

ハーレーは、悪くないで
も隣にくるハーレー乗りのマナーが最悪だからハーレーに対する嫌悪感を抱いてしまう時が有る

ハーレーは、デザインも素晴らしく味わいの深いバイクだと思う

だからこそ一言いいたい
ハーレーに限らず全てのバイカーへ
マナーが悪いのがカッコイイとか思っている子供みたいな発想と運転は止めて欲しい

自分の運転は迷惑と違うか?
ハメを外すのと調子に乗るは紙一重
一般車両やその他の人が居る時は、マナーよく譲り合いの気持ちを忘れずに


グチってゴメン
でも人の工場の出入り口を塞ぐのは止めてくれ

お前は楽しくても俺は仕事なんだ






4_20180403210824c2b.jpg


さて、
今回もフェンダーの取り付けから始まる


メーカーは知らない







5_20180403210825763.jpg



とりあえずコイツを渡されて取付位置を聞いて・・・

6_20180403210826ead.jpg

ほぉ・・・

理想の取り付けクリアランスど言うと、フェンダーとタイヤのショルダーが干渉するんだけどなぁ


7_20180403210828923.jpg

ザックリ125mmね
物理的な事を無視して4次元の収まり希望と来たもんだ


考えた

「無理です」

そう言って理想的なベタベタな収まりを断って、フェンダーを浮かす



8_20180403210829774.jpg


でもなぁ。。。
自分もカッコいいと思うバイクなんだから、理想の配置に何とか収めてやりたい






9_20180403210831383.jpg


こうなったらフェンダーのRを伸ばしてやるしかないな・・・




10_201804032108347c5.jpg

フェンダーのプレスラインやらの乱れに注意しつつ徐々にRを広げてあげる


11_20180403210834cbc.jpg


幅で10mm程広げてやった



12_201804032108359cf.jpg

タイヤのRとフェンダーのRバッチリ
リアリジットの特権クリアランスベタベタで収めてやる





13_20180403210837c42.jpg


今度は、ウルトラマンのモヒカンみたく出っ張りが邪魔


14_20180403210839d60.jpg


削ったら穴が開くし






16_20180403210840b7d.jpg


仕方が無いから叩いてならしてやろうかと

俺、板金屋さんと違うからこんなモンで堪忍して





17_201804032108416ea.jpg

取り付けクリアランスはクサビをかまして微調整



18_20180403210843898.jpg


フェンダーの固定場所に困る・・・

ココに一本でもパイプが通っていれば・・・・・><




19_20180403210844381.jpg



ここまで来たら今更パイプが一本ぐらい増えたってどうって事ないだろ?



20_20180403211044fa1.jpg


フレーム補強も兼ねて

違和感が無く違う何かを取り付けるのって結構難しいんだぞ

いかにも「付けましたー!」が好きな人にはウケないかも?・・・

21_20180403211046d2f.jpg


疲れた
けどコイツもまた納期が無い

惰性でシーシーバーの製作




22_201804032110487b9.jpg

作り方はこの通り
鉄は加熱したら柔らかくなる
いたってシンプルな理論




23_20180403211050bf0.jpg

固定部分も溶接して



こんなモンか?



24_201804032110505e5.jpg


別パーツの製作

短いと熱い><


25_2018040321105238d.jpg


フライスでセンターを出して穴をあける



26_201804032110536f4.jpg

取り付け金具が露出させるのが嫌

目立たなくシッカリとフェンダーを固定する

前回も同じ方法でしたが

考えて出た結論がこの固定方法





27_201804032110556d0.jpg


上のRと下のRの
オーナーの好みはともかく、自分的に好き

自分が気に入らない物を作って、オーナーが気に入る訳がない
そうやって自分好みに、好き勝手にデザインしてたりして?!




28_20180403211057917.jpg



終わったー!

と思ったらトドメの一撃

タンクも付けてください。。。。


マジすか?!><









29_2018040321105838e.jpg


なんや、なんや!
このアジの開きみたいなタンクは!






30_20180403211100a68.jpg


うわぁ~

もう流石に疲れ切って余力が残ってないんですけど・・・

(汚い溶接は俺じゃない)



31_2018040321110114f.jpg


くっ付いたら普通なんだけど、タンクとエンジンのヘッドが干渉したり
その部分を叩いて窪ませたり・・・・





でもな、ここまで来て「嫌じゃ」で終わらせて
不細工にタンクを取り付けられると、今までの苦労が報われない><

正直疲れた


32_20180403211103b0d.jpg

腹減った



33_20180403211104700.jpg


帰りたい


34_2018040321110656a.jpg


コイツには黄金ラインが有るらしい

ヘッドライトから始まり
フレームラインから延びる後輪の取付位置
その黄金のラインを崩さないように、タンクは出来る限りローマウント

ハーレーマニアでは無いけれど、その理屈は解る気がする
それよりも、美しいエンジン形状にタンクをフィットさせてやりたい
ただそれだけ

気が付けばこの日も深夜2時

長生き出来ないなこりゃ・・・><





待たせている人、ゴメンなさい



テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(2trackback(0


▲このページのトップへ