FC2ブログ
Home  > Category > R1-Z

R1-Zのフレームのつづき

2018/10/27(Sat) 20:01

1_20181027184155327.jpg

今晩は、jp-akaiです

俺のR1-Zは、宇宙一カッコイイ!

バイク乗りなら大抵は、自分のバイクが一番カッコイイと思っているはず(?)

それでいいのです!

趣味ってそんなモンですから







2_20181027184156967.jpg

それはさておき
前回に改造を終えたR1-Zのアンダーフレーム

実は、コイツの正式名所を知りません

アンダーフレーム?
サブフレーム?
エンジンハンガー?


ま、伝わるなら別に何でも良いですかね?
(マニアに怒られるかな?。。。。。)





3_20181027184157d00.jpg

そしてシマダ君に塗装してもらったアンダーフレーム

ピカピカですわ
まるで新品のようだ

流石プロ!お見事!





4_20181027184159ec2.jpg

仕事が忙しくてなかなか交換できない
でも無理してでも交換しなきゃ一年ぐらい放置してしまう予感が・・・・・

みなさん、こんな話を覚えていますか?
R1-Zのカーボンリードバルブの話を?!
アレどーなったと思います?

実は、未だに仕事机の前に飾ってあります( ;∀;)
バイクを改造するのって、ある程度勢いが大切なんですよね
一度モチベーションが下がるとこんな事(放置)になっちゃいます




5_201810271842015d6.jpg

バイク好きなんだけど、仕事で機械ばっか見ていると、自分のバイクのネジ一本緩めるのも嫌になる時が有ります><




6_2018102718420288b.jpg

だって分解すると同時に組立工程まで考えちゃうからです
何事も考えすぎは、良くないんだな

それはさて置き、アンダーフレームが無いとスッキリするよな?




7_20181027184203d81.jpg

うがぁぁぁぁぁぁぁ
俺の手がぁ真っ黒ぉぉぉぉぉぉおおおぉっ!

8_20181027184205b44.jpg

無改造のアンダーフレームと幅を詰めたナローアンダーフレーム

因みにこんだけ叩いて凹ませても、まだチャンバーと干渉してました><







9_20181027184207e9a.jpg

やっとフレームの改造が出来た
叩いて凹ませてその場しのぎをしていたので気持ちが悪かった






11_20181027184208e40.jpg


うん良い感じです
シマダ君ありがとう




12_2018102718420989a.jpg

コチラはフレームの改造前です
チャンバーとフレームが干渉してます



13_20181027184211269.jpg


交換後
胸のどこかに引っ掛かっていた物がスッキリとしました(#^^#)



14_20181027184212ac6.jpg


フレームの改造前のチャンバー位置



15_20181027184214c5b.jpg

反対も改造前


16_20181027184236a18.jpg

フレームとチャンバーのクリアランスが生まれて、更に内側へとチャンバーを追いやる為のスペーサーを作る

17_20181027184237b19.jpg

ギリギリまで攻めたった



18_20181027184239f70.jpg


こちらも





19_20181027184240861.jpg

チャンバーの膨張室をフレームの内側へと追い込んだので少しはバンク角度が稼げたはずだ

画像が無いけれど、改造前に上から車体を見るとチャンバーのボテジャコが明らかに車幅より飛び出していた
今は、殆どがフレームの幅に収まっているように思う
後は、走らなきゃ解らない事が多いので今はコレで良しとしよう

話はここで終わるハズだったんだ
ここで・・・・・



20_20181027184241d71.jpg

不幸は突然訪れる

サイレンサーの角度がもう少し跳ね上がっていたら、更に内側に追いやれるかな?
サイレンサーをグイっと持ち上げていた時に誰かお客さん?がやってきた
だれや?
とりあえずサイレンサーをグイグイ・・・・

お!わりかしイクやん?

もげっ!

うゎ!

サイレンサーがもげたがな!

わりかしイクと思ったのは、テールパイプが曲がったのでは、無く
ただ単にサイレンサーのカーボンFRPがちぎれる寸前だったようだ




チクショー!
ヒラ〇さんが悪い!
このタイミングでやって来たヒ〇イさんが全て悪い!

とりあえず〇ライさんのせいにしておく事にした





21_201810271842431e5.jpg

壊れた物は仕方が無い

新たに買いなおすか?

値段を調べるとわりかし高い><

仕方が無いからメンドクサイけど修理する事にした


割れた部分をカットして、リベットで固定しなおして一件落着


・・・・・・


のハズだったんだ






22_201810271842453d6.jpg



ヒ★イさんと雑談をしつつ何やら違和感を感じる修理したサイレンサー・・・・

?!

あ@

リベットの位置を120°間違えとるやないか!


コレはもう完全にヒライさんのせい確定!




23_2018102718424685c.jpg


見なかった事にします
そう自分に言い聞かせたつもりだったんだけど、壊れたサイレンサーを修理して
片側だけ15mmほど短くなって片ちんばだった事も心に引っかかる・・・・


元280mm




24_20181027184247482.jpg


今ここでやらなければ一生このままだろう

それとこのサイレンサーは、汎用品で少々長過ぎるかな?って思っていた部分が有る
この機会に理想とする長さ(バランンス)にしてやろう




25_20181027184249c7f.jpg


45mm程カットしてやった
短すぎるのもバランスが悪いし、長すぎるのは不細工

多分こんなモンがカッコイイんじゃないかな?みたいな




26_2018102718425156a.jpg

今度は、リベットの位置を間違わないように慎重に



27_20181027184252617.jpg


先ほどは、ブログに上げるつもりが無かったから画像が無かったのだけれど
サイレンサーの加工をする人の参考になれば良いかな?と思いまして


細かい事までは、上げられませんが参考程度に


穴の位置を割り振るのは現合で印を入れてもソコソコはイケます
今回のサイレンサーのシェルはカーボンFRP
コイツに穴をあける為のポンチを打つのは無理です
衝撃で割れる可能性が有ります

なので、穴をあける所にピンバイスで小さい穴を通しておくのがベターだと思います







28_2018102718425405e.jpg

例え小さくとも下穴が開いていれば、ドリルは、そこを目掛けて切り込んでくれると思います

しかし何も考えずに作業して穴がズレたりするのは、センスが無いと言うか先が思いやられます
何でも鵜呑みにせず、状況判断をしながら一歩先を考えて慎重に作業しましょう



29_20181027184255a38.jpg

コイツが皆さんが口にするリベットと言うヤツです

リベットは、弾だけじゃなくてリベッターと言う器具が必要です

詳しい構造はウィキペディアで調べてね

因み今回カシメるリベットはSUSフランジSUSシャフト
クソかたいです
初めてリベットを使う人は、指を挟まないように気を付けて下さい
カシメる時に指を挟むと本気でヤバイです




30_2018102718425779e.jpg

何事も慎重に

今度は何の問題も無く完成


31_20181027184258633.jpg

ヒらイさんとも話をしていたんだけど
これぐらいの長さがバランスが良いかな?って



32_20181027184300415.jpg


俺のR1-Zが一番かっこええ!

スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(0trackback(0

R1-Zのフレーム

2018/10/15(Mon) 20:48

1_20181015195106562.jpg

みんさんこんばんは
最近は、朝晩と少し寒くなってきましたね?
なんか今年は、秋が短いのかな?
バイクでツーリングに丁度良い季節
とか、何とか言いながらあまりバイクを楽しむ時間が無いんだけどね・・・

ま、でもDAEGにR1-Zと大好きなバイクが有るのでそれだけで幸せです

今回は、と言うか今回もR1-Zの話です
少し前に程度の良い1KT用のSSフクシマのチャンバーを手に入れて
ソレをキレイにレストアをしてR1-Zにくっ付けた訳です
まぁ、流石はSSフクシマのSPチャンバー
パワーバンドに入った瞬間、これぞ2st!と言わんばかりのロケットのような加速
それと空き缶を投げられかねないような、ダイレクトに鼓膜を刺激するエクスタシーな排気音

さ、最高だぁ・・(お花畑)



2_20181015195107964.jpg



しかし1つ欠点が有るんだ><

元々1KT型TZR250用のSPチャンバー(エンジンは同じです)
R1-Zにくっ付けようとするとアンダーフレームに干渉して普通では、取付出来ない

俺はチャンバーの根本を一度切断して、取付角度を微妙に調整しなおしているのと
干渉する部分はハンマーで凹ましているのと
それでもやはり干渉するのでアンダーフレームをこれまたハンマーで叩き倒して強引にくっ付けています



3_201810151951089a5.jpg


そこまで苦労して取り付けたのに結果がこんな残念な事に・・・・
峠や、少し路面の悪い所で車体をバンクさせるとチャンバーと路面がごっつんこ><

チャンバーが擦ると、ステップとかを擦るよりも遥かに怖いです
一瞬にしてトラクションがどこかに行ってしまいます><



4_20181015195110035.jpg


どうした物か・・・
フレームとチャンバーが干渉するんだから、根本の原因のフレームを何とかしなきゃ・・・
そう考えてから既に相当の月日が流れている

要約重い腰を上げて作業する事にした

初期型R1-Zのアンダーフレーム(¥1.000-ぐらい)
チョットしたマメ知識なんだけど、最終型は画像の物と違い数本補強が入れられている
そして中古相場が何故か高い
ぶっちゃけR1-Zのふにゃふにゃフレームは、首が弱い所から来る事と、ノーマルはエンジンのパワーもあんまり無いから
アンダーフレームの補強の有無はあんま関係ないような気がするんだけどなぁ
でもメーカーが入れた純正補強だし、無いよりは有る方が良いんだろうね?

因みに俺のは、最終型で補強入ってるけど、どうせ切断してバラバラになるんだからベースは何でも良い








5_201810151951117f2.jpg

パイプ径は25.4~5
ほぉ、1インチか

あらまぁ~、サニタリー用の薄いパイプなら転がってるけれど
肉厚の1インチなんてそうそう無いぞ?

困ったな・・・・



6_201810151951132d6.jpg

その時脳裏によぎったのがハーレーの鉄ハンドル・・・
確か1インチ
普通は、そんなモンの方が早々には入手出来ない

しかしウチの隣を見ると沢山落ちているんだな、コレが








7_20181015195114e5d.jpg

元・ハーレーのハンドル
結構肉厚



8_20181015195116055.jpg

隙間が有ると引っ張りが強く出て歪が大きく出てしまうので、叩き込むぐらいに擦り合わせる


9_201810151951183b3.jpg


ま、こんなモンやろ
塗装が残っていると、それが燃えてガスを出して溶接不良の原因になる
溶接って瞬間接着剤の様にお手軽に思われがちだけれど、意外と神経質な所が有るんですよ



10_20181015195118c98.jpg

今までの作業と並行して今度は、位置決め・溶接冶具を作らなくてはいけない


11_20181015195120d4e.jpg

本来の目的は、フレームの改造なんだけれど
ソレをやる為に別の何かを作らなくては成らなくなる事が有る






12_201810151951227d1.jpg

溶接の歪を少なく抑える目的も有るんだけれど
今回は、前後を切断して一度バラバラにする必要が有るから

フレームの穴位置関係と、パイプワークの通りを狂わせてしまうと
せっかく苦労して作業をしても使えない物が出来上がってしまう
だから凄くメンドクサイんだけれどコレ1つだけの為に専用の冶具を作る事になってしまうのです



13_2018101519512317b.jpg

切断したコバの穴が開きっぱなしは具合が悪い
とりあえず塞いでおく

14_201810151951250a6.jpg

切断したパイプを中央に寄せて再び合体
切ったり寄せたりでパイプの長さが足りない所はハーレーのハンドル


15_201810151951266ac.jpg


ネジレに弱くなるかな?って思ったけど、わりと硬い
塗装はシマダくんに塗ってもらおっと♪


つづく




テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(3trackback(0

バランス

2018/01/02(Tue) 18:23

1_20180102172541d75.jpg

みなさん明けましておめでとうございます
2018年もjp-akaiをよろしくお願いします

さて、2017年を振り返ると
もっとバイクを(自分の)触りたかったなぁ
もっとツーリングに行きたかったなぁ

何だろう
この不完全燃焼感?

仕事が第一
これでええねん



そんな訳で短い休日を利用して去年やり残した事に着手してみようと思います




2_20180102172543344.jpg


R1-Zに倒立フォーク
R1-Z乗りの野望の一つ?


なのかは、定かでは御座いませんが
倒立フォークを組みたい人
もしくは、組んでいる人って意外と多いんじゃないでしょうか?

ええ、俺もその一員ですよ








3_201801021725439da.jpg



ただね、R1-Zの倒立フォークを組んで感じた弊害
それは、首の弱さ

俺のR1-Zは、標準よりも二回り程大きいフロントディスクΦ300+ラジアルマスターを組んでいるので強烈なストッピングを発揮します
正しブレーキが強烈だからってビシッと止まるとは限らない

何故か?
それは、既にバイク本体のキャパを超えた制動力だから・・・・・





4_20180102172545f97.jpg


ブレーキを握ると、途端に強烈な減速Gを感じます
それと同時に「待て待て待て!殺す気か!」
そんな恐怖を覚えるような、すっ飛び感?
何しかフロントが暴れると言うのか、予想以上にボトムしてるような?
解りにくい例えかも知れないが
DJ1-RにGダッシュのフロントを組んで、時速90k/hからのフルブレーキングに似た恐怖感を覚える

要するにフレームの剛性が全く足りていないんです><







5_20180102172547756.jpg

せっかく倒立フォークを組んで、制動力も上げたのにその性能を発揮できない
勿体ない
どうすれば良いか?

簡単な結論かも知れないけれど、ソレに見合うフロント周りの剛性を確保すれば良い事かな?

じゃ、どーすればええねん?・・・

構造的に剛性を上げてみよう
それが今回の話のネタと言う訳です








6_20180102172549354.jpg

R1-Zの欠点とも言うのが、重たい鉄パイプフレーム
逆に良い所が、補強を入れやすい鉄パイプフレーム

今回は首回りの剛性を上げたいので、ここに補強を入れてみようと思います



7_20180102172549e0c.jpg


溶接完了♪




8_201801021725517ca.jpg


このままだと目立つので塗装します



9_2018010217255303f.jpg

違和感なし(?)

本来の姿は、この部分にネックカバーが取り付けられるので、細かいフレームの形状まで知っている人は少ないと思う



10_201801021725558c9.jpg


チョイ乗りの感想だけど

ダイレクト

たかが一本の棒
でもこれが効くね

必要な場所に、必要な補強

それがどこなのかは、やってみなければ解かない


当たった時は快感です






テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(0trackback(0

R1-Zのバックステップ完成

2017/11/08(Wed) 20:25

1_201711081906335b5.jpg

本日は雨
嫌な天気です

午前中は難義な現場にて作業
工場に帰ると運送屋さんからの不在通知

大洋技研

おぉ!めちゃ早い!
先日送ったバックステップがアルマイトから上がってきました

いつもありがとうございます
(#^^#)







2_201711081906355dd.jpg

早速組む



3_201711081906360b3.jpg

チェンジカムにブレーキカム
スムーズな動きとガタを極力減らす目的にてベアリングをダブルで入れる構造です





5_20171108190640c6b.jpg


ブレーキ側のペダル完成





6_2017110819064053e.jpg


ペダル&ステップ部分とベース部分の組立

おぉ、まるで売ってるヤツっポイ




7_2017110819064251c.jpg

ブレーキ側の裏面
リターンスプリング 純正流用
ブレーキランプスイッチも純正流用
でもステーは作ったよ


8_2017110819064321d.jpg


R1-Z純正チャンバーはアンダーフレームの下側に取り付けるようになっているけれど
外品のチャンバーを取り付ける場合は、ステップホルダーのこの部分にブッシュを入れてチャンバーを取り付けるタイプが有る
バックステップを付けて、チャンバーの取り付けで困るのは更に困る

純正ステップとほぼ同じ位置にゴムブッシュを付けれるようにしてある







9_20171108190645d2a.jpg



うん、黄色い梱包用の紐がさみしー!



10_20171108190647e0b.jpg

ドキドキしながらバックステップを取り付ける

ブレーキロッドの位置OK
ブレーキランプのスイッチ作動OK
チャンバー取付位置OK
その他の干渉チェックOK





11_201711081906483e5.jpg


とりあえず一安心した所で
フィニッシュのヒールガードの取り付けて完成


12_20171108190651a28.jpg

チョットだけ自己満足させて(*^^*)
うふふふふふふふh
カッコいいと思う




13_201711081906513be.jpg


スプロケガードにはR1-Zのロゴを採用したけれど、このバックステップには自分の名前を入れたった
もし盗まれたり、落としたりした時にちゃんと届くかな?みたいな





14_20171108190653376.jpg



チェンジ側も上手く収まった

余談だけどチェンジが気持ちショートストロークになっているのでコク・コクっと小気味よくギアチェンジを楽しめます
あんまショートストロークにすると、ギアチェンジが重たくなるのでサジ加減が微妙な部分
今回は上手くいったと思う





15_2017110819065409a.jpg


バックステップを付けてハピハピだけれども、忘れちゃいけない事が有る
それは、主役はあくまでもR1-Z
カッコいいってなんだろう?
パーツ単品でかっこ良さを追求するならばもっとケバいデザインを考える
でもパーツが本体を追い抜くのはどうだろうか?
地味かもしれない
でも少し自己主張する程度のデザインの方が本体を引き立てる事が出来るんじゃないだろうか?

好みはそれぞれなので何とも言えないのですが
いかにも「ヤッてますよ!」
そんなバイクも好きです
遠目に「はぁ・・・」って、ため息が出ますよ(凄い!と言う意味で)

色々と触っていて説得力は無いのですが
このバイクが欲しくなった理由
それは、ノーマルのデザインに惚れたから
でも色々とカスタムされたバイクを見ると浮気心が出てくるんですよね・・・・・(;^ω^)

俺も・・・・みたいな

発狂したかの如くコンセプトを完全無視したカスタム車両も面白い


しかし
DAEGもR1-Zもキープコンセプト
カタログを見た時のワクワク感を忘れぬように

16_20171108190655a22.jpg



09 DAEG 今でも惚れ惚れする
全塗装してしまったけれど、基本的に惚れた部分はキープしつつ自分色を追加

R1-Z ノーマルは思い描くイメージとかけ離れた遅さでは有るが、車体デザインは最高だと思う

言い方は悪いかもしれない
イメージと宣伝は、さて置き

どちらも最悪で有り
そして最高である

忘れられた80年代後半
90年代の匂いがする
やれば応えてくれる
(R1-Zは90年代だけどね)


ユーザーが、なにやら手を入れて性能アップを堪能出来る車両って今や貴重ですよね☆





テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(0trackback(0

BS続き

2017/11/04(Sat) 00:26

1_20171103231445e71.jpg

寒い
とうとう11月になっちゃいましたね
一年てあっちゅーまや
しかし過ぎた一年を振り返ると色々とあったなぁ・・・・
ただ単に納期に追われる毎日だから一週間、そしてひと月が短く感じますが
過ぎた一年の思いでは、沢山有りますね
そう考えるとやっぱ一年は長い

多分今年ラストのワンオフになりそうなR1-Zのバックステップの続きです



2_20171103231446064.jpg

ステップのベース部分は、何とか形になったのだけれど
肝心なアシを乗っける部分がまだ出来ていない

ステップかぁ・・・・・
今更そんな事言うなって言われてしまいそうだけれど、ステップのローレット切るのメンドクサイ(;´・ω・)
規格品で売ってないかなぁ~
なんて甘ったれた事を考えて一応探してみたが、そんなモンねぇ





3_20171103231447048.jpg


仕方が無いから諦めて作ったった



4_20171103231449fb3.jpg
材質はジュラルミン


ローレット切ってるだけで売り物みたいじゃね?




5_2017110323145054a.jpg


要約一通りの部品が揃った

長かった



6_20171103231452b8c.jpg


仮組
アルマイトに出す前は、すぐに擦り傷が入ってしまうので気を遣う
ペダルのゴムはキジマから汎用品が出ていたので助かった







7_2017110323145313f.jpg


ブレーキ側
なんやらかんやら有ったけど無事に取付出来た



8_20171103231455304.jpg


俺のR1-Zはスイングアームがゴツイから何かと収まりがキビシイ (+_+)
何とかカツカツで収まった感じ

R1-Zのリアマスターシリンダーは、フレームに付くので、おもくそブレーキを踏みつけると
ステップ本体が押されてしまって少し気色悪い><

ま、そこまで踏んだらロックするけどね
本当はマスターシリンダーをステップのラインと同じ角度に寝かしたかったんだけどなぁ・・・
残念な事にキレイに収まらないので諦めた





9_20171103231456ffe.jpg



チェンジ側




10_20171103231458706.jpg


悲しい事にチェンジペダルとチェンジロッドが見事に干渉
シフトアップは出来るがダウンが出来ない

実はチェンジペダルの形状を横から見て逆への字に拘ったから、ロッドの通る部分に余裕が無くなってしまったんだ
話すと長いけど、ブレーキ側の話で
普通にへの字にすると中央部分が盛り上がる格好になって、ブレーキを踏む時にゴムの部分じゃ無くて
ペダル本体を踏んでしまいそうな気がした
ま、本体を踏むぐらいは良いのかも知れないけれど材質がアルミだし、長い目で見ると傷だらけにならんかな?
せっかく作ったんだから長く使いたい
で、考えた結果逆への字デザインにした
それに合わせてチェンジも同じ形状デザインにしたからこんな所でハマってしまった訳だ
もっと言うと、真上から見たペダル本体の通りも真っすぐでは無く、外側へオフセットしてるんだ
前回に書いたけど、真っすぐだと踏む部分が車体内側へ寄ってしまってスカを食らうのが嫌いだ

本当は単純にストレートに作るのが一番手離れが良いと言うか簡単なんだけどね・・・><



11_2017110323145916a.jpg

チェンジカム兼ベアリングケース
コイツのオフセットを変更すれば何とか収まる
CADで書いただけでは解らない部分が結構ある
車体丸ごとの3次元データが欲しい


12_20171103231501fd1.jpg


部品のオフセット変更と言っても一から作り直す事になる><



13_20171103231528a4c.jpg


写し方が悪いけど無事に回避できた
1から加工データを組みなおして、ジグも作り直したから結構時間が掛った><

売り物のバックステップって結構なお値段がするじゃない?
でも自分で作る事を考えると納得できます><



14_20171103231530771.jpg

仮組で付いた小傷をコンパウンドで磨き、あとはアルマイト屋さんに出すだけ
早く取付したいなぁ~ ( ^ω^ )

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(2trackback(0


▲このページのトップへ