Home  > Category > プラモデル

虫眼鏡?

2014/08/02(Sat) 23:08

DSC_0009_20140802222253b20.jpg

もうかなり前の話になるのですが、零戦を取り上げた映画の影響か、プラモデルコーナは零戦だらけの時期が有りました
その時は正直な話「俺は絶対に流されんぞ!」等と心に決めておりましたが
ブームも下火(?)になった頃に何となく零戦が作りたくなってしまい、思わず買ってしまったと言う訳です



DSC_0010_20140802222255c03.jpg

自分がコイツを買ったは一時の流行はすでに過ぎ去った時ですが
中身を軽く確認してから、そこから更に数ヶ月間放置状態で現在に至ります

まぁ、忙しいと言うかバタバタとしていたので、プラモデルどころの余裕が無かったんですがね
でもたまには仕事の事も忘れてプラモデルに没頭して頭をリセットするのも良いかな?と





DSC_0012_20140802222256427.jpg

今まではこの手のプラモデルを作っても、付属するフィギュアに色を塗った事が無かったんですよ
何て言うか地味だし目立たないし面倒くさいし・・・・みたいな
でもやっぱちゃんと人が乗ってる方がソレらしいかな?なんて思い初めてフィギュアの塗装にチャレンジしてみました


先ず初めてこの手のフィギュアをマジマジと見て思ったのが「モールドがわりかしいい加減」
そりゃ色を塗り別ければなんやらかんやらの境目はハッキリするだろう
でもモールドの境目が解らないから何処で塗り別けたらええねんて!

塗装する前に先ずは彫刻からスタートする事になった
腕が腕なので完成してもこの程度なのだが、彫刻する前はもっと全体的にのっぺらぼうチックで気分がナエナエでしたよ
最初は「コレを塗るのか?・・・・」とか思ってましたが、モールドがハッキリとすると意外と塗装は楽でした

ソレよりもコレやってて感じたのが、自分の視力の低下です><
昔はこんなんハッキリと見えたはずなのに、近づくと目の焦点が合わない
離すと細かい部分が見えないジレンマ><





DSC_0013_2014080222225757d.jpg

確か仲の良い同級生のツレが「あかんわ、最近俺老眼やねん」とか言う悲しい事を言ってたのを思い出した
自分は昔から視力だけは良かったので、目の悪い人の気持ちが解らない
だから連れの言ってる事なんて到底理解が出来ない

でもなぁ、昔はこんな細かいのでも近くでハッキリと見えたのになぁ・・・・・・・

Σ!

ひょっとしてコレが老眼か!


近所のホームズに行った時に老眼鏡が売ってたので、恐る恐る掛けてみた
いやぁ、悲しいね
近づいた時に目の焦点を合わすのに苦労する距離でも、めがねを掛けたら楽にハッキリと見えるじゃない
しかも虫眼鏡のように少し大きく見えるし快適じゃんかよ・・・・・><

でも確かに老眼になりつつ有るのかもしれないが、至近距離10cm程度の話です
昔はこの距離でもハッキリクっきりと見えたお陰で、相当細かい作業が出来ましたが今は無理><
でも老眼鏡のお陰で見えるわ あははははは (笑うしかない)

裸眼でも15cmも離せば細かい字もちゃんと見えますよ
でも立体感を必要とする至近距離10cmでの細かい物がが全く見えない
おおよそ30cm以上の距離まで離さないと焦点が合わないのが老眼らしい
だからコレが老眼なのかは解らない、でも前は普通に見えたし、老眼鏡を掛けると感動するぐらい至近距離の物がハッキリと見える



それよりも頑張って仕上げたフィギュアは、零戦に乗せると殆ど見える事が無いのが悲しい事実











スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:プラモデル

comment(10trackback(0

ヤマト完成

2013/11/23(Sat) 18:52

1_20131123183129faa.jpg


本体や主砲関係の塗装も出来たので、コイツの鬼門とも言える細かいパーツ群をヤッツケにかかる



2_20131123183130833.jpg


あかん、何回やってもピンボケ



3_201311231831316be.jpg

こちらはちゃんとピントが合った
気まぐれなスマホカメラだこと

しかしまぁ細かい
油断し「ピン」と飛ばすと二度と見つからない事になる





4_20131123183133b7f.jpg


10月末頃にウチにやってきたコザクラのピッピちゃん
めっちゃ可愛いです
俺にベタベタになついてくれてるのは凄く嬉しいんだけど、いっときも離れてくれないのでなかなか作業する事が出来ません><






5_20131123183135d29.jpg

そんな感じでボッチらボッチらやっとります


6_2013112318321208d.jpg

小物の対空機関砲も始末したので残るは艦載機の塗装
小さいけどソレなりに塗り別けしなきゃいけないので結構手間です



7_20131123183213f57.jpg

だんだんソレっぽくなってきた

8_20131123183214e95.jpg


んで、完成
めっちゃかわいい


9_20131123183215d09.jpg


ブーン!

解りにくいけど裏面はちゃんと白っぽいグレーで塗り別けしたよ



10_20131123183216be0.jpg

そしてカタパルトに装着
水平尾翼のストライプ模様をもう少し白にすれば良かったなぁと反省


11_20131123183254ab9.jpg


やっと完成しました


12_20131123183255802.jpg

いいねー、カッコイイねー

13_20131123183257ca5.jpg

このハリネズミ具合がたまらんね


14_20131123183258ee6.jpg



15_20131123183259508.jpg



16_2013112318341409e.jpg


いつも背景がゴチャゴチャしてるので黒画用紙を置いた



17_20131123183416a0d.jpg

でもスマホカメラなんであんま画質がよくないね

18_20131123183417319.jpg


うん、やっぱヤマトは格好良いね
このキットは細かい事を言うと省略されている部分も有るんだけど、そのかわり部品点数を少なく抑えてかなり組み易く出来ています、部品が少ないと言っても何万円もする気合の入ったプラモデルと比べての話で、対空機関砲の数を見ると流石は大和!と言った感じでしょうか?


そんな訳でヤマト完成




テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:プラモデル

comment(5trackback(0

ヤマトの続き

2013/11/04(Mon) 22:13


3_201311042134268fc.jpg

ちょっとずつだけど進んでます
しかしまぁ塗る面積が大きいから結構大変ですわ





4_201311042134271ba.jpg

船底塗ったので本体側も塗っていきます


5_2013110421342943c.jpg


塗装で一番の快感がコレ
マスキング剥がし
でもね、あんま調子にのってべリッとやると塗装まで剥がれる時があるんよね




6_2013110421345787d.jpg


スクリューとラダーを取り付けた船らしくなってきた



1_201311042134249ff.jpg

船体関係は大体出来てきたので艦橋部分も仕上げていく

2_20131104213425812.jpg


んーとま、こんなもんかなぁ?


7_20131104213458fbe.jpg


主砲・副砲・艦橋
しかしまだ対空機関砲等細々したのが残っている
しかも結構な数だから見るだけでゲップが出てくる





8_201311042135003cb.jpg


もーちょっとで完成かな?


でもこんなデカイのを何処に飾れば良いのか悩み中

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:プラモデル

comment(6trackback(0

大和

2013/10/14(Mon) 18:43

1_20131014182234173.jpg



みなさん今晩は
三連休最終日いかがお過ごしで?

僕はユックリとして身体を休めるような休日を過ごしました
それと前に買った大和のプラモデルですが、触る暇がなかったのでパーツを切り出して仮組で止まってます


2_20131014182236023.jpg



このキットはパーツの合わさりが良いので苦労知らずです
なんて言うか、戦艦物のプラモってパーツの合わさりが良くないイメージで、実際に自分が過去に組んだやつもパーツのソリや酷いバリにラインがバチってるのは当たりまえと、あんま良い思いでが無かったのでコイツは少し感動物です

関係ないけどコレだけを見ると戦艦と言うよりもタンカーに見えてしまう



3_20131014182237b58.jpg



ん~・・・
何から始めようか・・・?


本体からか甲板からか

極力マスキングが簡単に出来そうで、後々の段取りが楽なように考える

何時もの事だけど、取りあえずつや消しの黒で下地を殺した




4_20131014182243c0f.jpg

でまぁ、上面のグレーからヤッつける事にした





5_201310141822441bc.jpg

本体って言うのか、下の部分も取りあえず黒くしてる最中
黒くなったら余計にタンカーに見える


6_20131014182318203.jpg

特に変化は無いが取りあえず

7_20131014182319499.jpg


お次は甲板の木部の塗装に取りかかろうと思う
コレからが面倒なんですわ、先に塗装したグレーの部分に茶色系の色が付着すると台無しです
色が着かないようにマスキングするんだけど細かい事
黄色いマスキングテープの幅は約1mmにカットして有ります

8_20131014182321be4.jpg


その他も色が着いちゃまずい部分は全てマスキング


9_20131014182322efb.jpg


船体中央部分の甲板もこんな感じで地味にマスキングしていく
色なんて塗るのは意外と簡単なんだけれど、準備のマスキングがなかなか面倒くさいです



10_20131014182324351.jpg


下地の茶色をぶわ~っと吹いた



11_20131014182355561.jpg

後はソレっぽい色を何色かソレっぽく見えるように吹いてみた

12_20131014182356e50.jpg

マスキングを剥がしてスッキリ

そして仮組みして雰囲気を確認



13_20131014182358ad0.jpg


ひと段落着く間もなく再びマスキングです

近頃のガンプラは各パーツのパネル毎に殆どが1色だからマスキングなんて殆どしないし、もしも塗り別けする場合もマスキングが簡単だけれど、昔ながらのコノ手のプラモってそうゆー訳にも行かず、塗装=マスキングってな感じで、マスキングが仕事ですわ

それとマスキングには便利な物があって、手に持つ水色の液体が入った瓶ですが
塗る時は液体(ゲル状)なんですよ、でも乾くとゴム質の皮膜に変化して、塗装後に一緒に剥がす事の出来る、液状マスキング剤が有ります









14_201310141823592ea.jpg

大よその面倒な部分の塗装は終わりました
後は船の胴体と細々した部品なので気持ち的に楽です


15_20131014182401249.jpg


こぼれ話です

プラモデルを作る時の悲しいお話し


なんやらかんやら沢山のプラモデルを作って来ました
最初の頃は何か新しいプラモデルを買うと同時に、ソレ用のカラーも購入しなければ塗装する事が出来ませんでした
でも近頃は塗料のストックも半端じゃ無く、新しいプラモデルを買ってもワザワザ色を買う必要も無いくらいに、瓶の数だけで言うと軽く100瓶はストックしています

でもね、「あ、この色持ってないから新たに買わなきゃ」と思い買って帰ると実は持っている色だったり・・・それだけじゃ無く何本も・・・・・><

このハルレッドだけで4本(今回めでたく4本目)
しかも全部ほとんど新品状態・・・
なんでだろう?なんでこの色に限って(使わないくせに)何本も買っちゃってるんだろう??
別に船なんて滅多に作らないから必要も無い色のはずなんだけど、、、

多分必要の無い色と認識しているから、逆に「持ってない」と思い込んでしまうのだろうか?

その他にもニュートラルグレーも沢山有る
ニュートラルグレーに関しては良く使う色なので逆に「無いと困る」って認識なんですが、、、


それと今までのうちで最も沢山買った色がつや消しの黒とつや消しの白です
特につや消しや黒やセミグロスブラックの消費は半端じゃないです
何故かと言うと俺の塗装のやり方に問題が有る
先ず何も考えず、取りあえず全てをつや消しの黒で塗りつぶすからだ
つや消しの白は、色のトーンを変化させるのに混ぜるので、これまたよく無くなる
それとフラットベース(つや消し剤)の消費も半端じゃない
模型ってツヤツヤのテカテカすべすべまんじゅう蟹なのと、逆に艶の無いヒャッハー!な感じのマットな質感と2種類有ると思う
特に俺が作ると「一切の光の反射も許さん!」の如く完全つや消し仕上げ
セミグロス(半艶)なんで半端なあまちゃんですよ(極論でゴメン><)


ま、そんな訳で100瓶有っても同じ色だらけです














テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:プラモデル

comment(6trackback(0

戦艦

2013/09/23(Mon) 00:35

1_20130922231835892.jpg


フェイスブックを見てくれている人には「は、今頃それアップする?」と思われるかな?
少々前の話なのですが、久し振りにプラモデルを買いました

戦艦長門 1/700スケール

日本人に戦艦と聞けば大抵は大和と答えが返ってくると思います
逆に長門と言っても「???」でしょうね
この戦艦長門(ナガト)はWW2で日本が敗戦するまで沈没する事無く最後まで生き抜きました
しかし終戦後にはアメ公の水爆実験に利用されて、2度の核実験の爆風にも耐え抜き、最後は誰の目にも
触れる事無く孤独に海に沈んでいったと言う、少し悲しい最後を迎えた戦艦です


それはさて置き戦艦と言えばヤマト!
なんつーか、定番過ぎて嫌だ
それだけじゃなくて子供の時にヤハリ戦艦=ヤマトってな感じで何回もプラモデルを作ってきたのでもう飽きた







2_2013092223183601e.jpg



で、大人になってから戦艦のプラモを作るのは初めて(前にチビ丸作ったけどね)
船は知ってるけどキットの内容までは良く知らないってのが本音

で、悲しいお知らせに直面


DSC_0012_20130922234923cca.jpg



船の底が な い ? ! ・・・・

ウォーターラインシリーズ

は、何それ?


なにやら何処かに置いて水面に浮かんでるのを再現してるらしい

別にそれはそれで良いんだけど、有ると思っていた物のが無いと何だか悲しいね><






3_201309222318380fa.jpg



で、まぁ、何となく悲しいまま完成しました
部品が細かいから作りながらにして何回か部品を握りつぶしてしまったり
パーツを切り離す時にうっかり「パキ」っと折れちゃったり・・・
近頃目が悪くなったのか細かい部品が見づらかったり(トシか?)
部品のバリ取りや修正最中に「ぴーん・・・」と何処かに旅立ってしまったり><
それと甲板の塗り別けをしたりするのにマスキングが結構大変でした


でも完成するとやっぱ旧日本海軍の戦艦てカッコイイよな~
ヤル気満々なのがヒシヒシと伝わってくる
現在のノッペリとしたイージス艦には無い魅力がイッパイです








4_20130922231839850.jpg



で、つい先日Joshinのプラモデルコーナーをうろうろとしていたらコイツを発見
上で最初に散々と飽きたとか偉そうに言ってる大和です
でもコイツはスケールが1/450と大きいです
そのクセしてお値段なんと¥3.480-やしぃ!
実はだいぶん前からコレ売ってるの知ってたんだけどね、でも何となく乗り気じゃなかったんだわ
しかし見てるうちに欲しくなっちゃった



5_20130922231841cfd.jpg

やっぱ1/450は部品が大きいから触りやすいです
普通このスケールのモデルになると最低でも1万ぐらいするんだけどね
なんでこんなに安いかと言うと、どうやら初心者でも作りやすくする為に部品数を抑えていて、細かい所はモールドで表現しています、だからってチャチィって訳でも無くパーツ構成もシッカリとしていて、金型が新しいからか変なソリや歪みやバリも殆ど無く、難しい修正をしなくても充分素組出来るレベルです(色は自分で塗れ)
うん、これなら値段も含めて初心者でも馴染みやすい優良エントリーモデルなんじゃないかな?
プロのモデラーには少々物足りないかも知れないが、俺程度のニワカモデラーにゃ丁度良いですわ




6_2013092223191934e.jpg

関係ないけれど、ヤマトのこの部分を見ると(艦橋)何故か自由の女神の頭を思い出すのは俺だけだろうか?






7_201309222319202c4.jpg


このボリュームと迫力が4千円を切る値段てのは凄くない?
しかも部品数が少ないし、金型がシッカリしてるからパーツがキッチリと合って作りやすい事
別にハセガワの回し者じゃないけれど、ヤマトを作りたいけれど難しそうだな・・・・とか、値段が・・・・・と、諦めているプラモ初心者や子供にも充分お勧め出来て満足出来るキットだと思います





Category:プラモデル

comment(4trackback(0


▲このページのトップへ