FC2ブログ
Home  > Archive > 2011/10

Archive list

2011/10Archive list

悪巧み

2011/10/28/(Fri) 21:25

1_20111028202606.jpg


サイレンサーをビートに戻しました
何でかと言うとコッチの方がエンジンがパワフルに吹け上がるからなんですよ

この前に全国Mの時、皆で高速をマナー良く安全に走行していた時に全くエンジンが回ろうとしない・・・・
つーか、遅すぎる!って事を痛感しました><

最近は日頃飛ばさないので(マジ安全運転です)この遅さになれてしまい何とも思わなくなっていたのですが、やっぱ突撃隊長の後ろを走るとダウンしたパワーの無さを改めて痛感した次第です














2_20111028202605.jpg




コチラはビートの標準サイレンサーです
口径で約Φ55って所か?





3_20111028202604.jpg



そしてコチラは某サイレンサーです
外見はカッコイイんだが、このショボイ口径はいただけない・・・・

Φ30ソコソコって所?(詳しい寸法は忘れた)


この前にショートエキパイを作って少しは吹け上がりが良くなったので満足してましたが、ビートに戻して吹け上がりの違いにビックリしました
やっぱ標準サイレンサー早ぇ~~~!!!!(パワーの出方が段違い!)
しかも音もキレイだし、この外観も気に入ってる!
でもへこんでるんよね><






4_20111028202604.jpg


今更コイツをボツにしてビートサイレンサーを修理するにはお金が勿体無すぎます
つーか、俺って潰しの利かない事ばっかやってんなぁ・・・・・


コレどーしようか・・・・・・・









(つづく・・・)



























5_20111028202603.jpg

なんて久し振りのフェイントを掛けてみた


外見はカナリ気に入ってるんだ
問題なのは排気の抜けが悪いだけ

んじゃ~口径を広げれば問題解決か?!

いつもながら後先を考えない単純な発想でサイレンサーを分解











6_20111028202626.jpg





エンドキャップ(排気側)の加工は簡単だけど、シェル本体と一体で有る差込側の拡張作業は面倒くさそうだな

ちゅーか、どーやってこんなに奥まった場所の穴を広げるか・・・・?









7_20111028202625.jpg




先ず手始めに簡単な排気口側の穴を大きくしました
これで大体Φ50です
う~ん、やっぱビートと同じくΦ55まで広げようか考え中・・・・・


右はシェルのエキパイ差込口から覗いた所
穴のデカさは一目両全


でもね、ストリートを主体で考えるとこの小さい穴でも十分なんですよ、下の回転の安定性と言いましょうか、扱い易いのはコチラの方が上です
でも僕は下の扱い易さを犠牲にしようが、トルクが痩せ細ろうが、問答無用で一気に高回転までバィーンと吹け上がる気持ちよさの方が一番大事と、ちょっと脳がアレな人間です
(でもガクガクしゃくるのはカンベン><)

ま、快適性を重視するならこんなアブノーマルなバイクになってませんけどね



8_20111028202625.jpg


それはさて置き、シェル本体のエキパイ差込口側の内径を拡大
これ切るの苦労したぜ・・・・
エアリューターに超硬の刃を付けて地味に少しず切断した

余り一般の人は知らない事だと思いますが、チタンの粉って燃えるんですよ
マグネシュウム程では無い物の、チタンの粉も結構な勢いで燃焼するもんなのでバチバチウルサイと言うか、熱いっすわ!
グラインダーの火花も白っぽくてキレイです
でもチタンも粘るし硬いから削るの大変でしたよ~






9_20111028202621.jpg


よ~し
これで拡張工事は何とかなった
(パンチングの内径の小ささが良く解るでしょ?)






10_20111028202621.jpg



ここで一つ問題が出た
何も考えずに好き勝手に切断したり、穴を大きくしたりしましたが、ウチにチタンの薄い板なんて無いです
(6mmなら在庫有り)

困ったなぁ、確かチタンとSUSって溶接出来ないぞ?
世の中は何でもチャレンジだ!って感じで無理を承知でチタンのはぎれとSUSのはぎれを溶接してみました

結果は言うまでも無く無理

あーぁ、やっぱりね♪
何かえぇ方法無いやろかぁ~・・・と考えていた時に某鉄工所社員の人(笑)がやってきて設計の頭の良い人に電話で溶接の良い方法を聞いてもらった

答えは「無理」やっぱりね~♪






11_20111028202635.jpg


えぇねんえぇねん溶接出来んでもええねん!
俺は万能な接着剤を知ってるねん!!

って、ただのシリコンコーキングなんですけどね♪
シリコンコーキングってソコソコの耐熱性と強力な接着性をかね揃える万能薬なんですよ!(大袈裟)
(使い方と解釈は間違ってるかも知れないが世の中結果オーライですわ!)

取りあえず手に持つ変なパーツは何年も前にリテーナーを切断して「おっ!これ何かに使えそう」と大事に保管していたゴミです

今回使えるかどうかは解りませんが、やっと日の目を見る事になるかも?






SN3Q0016_20111028202635.jpg


あともう一つ問題が有る
こんな都合の良いパンチングが無い
仕方が無いから週明けにでも1mmのSUS板を打ち抜き屋さんに持っていって良い感じに打ち抜いてもらうか

欲しいのはΦ50~55の間なんだが、うちのローラーではデカ過ぎて最小径でもΦ80~100しか巻けないんよなぁ~

有る程度巻いて後は無垢棒に叩き付けて強引に巻くか?!

どないしたろかいな?



(計画性無し)



つづく

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(14trackback(0


▲このページのトップへ