Home  > Archive > 2012/06

Archive list

2012/06Archive list

空気の流れを見る

2012/06/26/(Tue) 19:23

1_20120626185806.jpg



うわ~っ!
オラのバイクに白髪が生えただ!


なんて下りは必要無さそうですね
失礼しました




コレ何してると思います?

実はね、コレはクタクタにへばったナイロン紐を細く裂いた物です
コイツをテープで張って走ると風の流れが見えるかな?
何て事を思いまして

因みに普通の糸じゃ重たくてあんまたなびかない




整流板やらサイドフラップやらをつけましたが、結局は風の流れの変化を目視出来ないので効果が有るやら無いのやら?

ブッチャけ効果が有ると言えば有るんですよ?
でもね、色々なパターンを同一の条件で試せないのと、自分の考えを整理する為の物差しが欲しいんですわ


フラップがこの長さでこの角度なら風の向きがどうのって感じのね




2_20120626185805.jpg

読むのもめんどくさそうな前置きは置いといて、先ずはブロアーで風を送る
ちまたでは通称「扇風機」とも呼ばれているだとか?


実走で風を見るのが一番なんだけど、こんな物見ながら走ってると事故するぜ

命の危険を感じたので扇風機作戦に変更







3_20120626185804.jpg


ほほぉ

コッチの方が直ぐに色々と試せるしゆっくりと見れるわ








4_20120626185803.jpg


ラジエーターの内側の糸が大きく外側に引っ張られていると言う事は上手く換気が出来ている様子だ

車体横の空気の流れもサイドフラップで良い感じに整流出来ているみたいだ





5_20120626185802.jpg



色んな種類のフラップを作って実験するのは大変なので、ダンボールでアレコレ試した


ふ~ん
目に見えない物が見えると楽しいもんだ


フラップの長さや角度で、フラップ後方の負圧ポケットの広がりや範囲がずいぶんと違う
でもあんまたて過ぎるとエリマキトカゲみたいだし無駄に空気抵抗ばかりが増えそうだ

元々スピードが出れば無条件で冷えるから、極力低速で効果を発揮する形状を見つけようと思う









6_20120626185843.jpg


こちらはアンダーステム下の整流版

風の流れを見ると、整流板後方で気流が渦を巻いて乱れている
サイドフラップと同じ現象で整流板後部に負圧ポケットが出来ているのか?


エアーフローに乱れが有ると貼り付けた紐がくるくると回ったり、風の吹いている方向とは全く関係の無い方向を向いてしまう



どちらにせよ上手く空気を流せていないようだ
前の垂直翼付きは、角度を5度程水平になるよう作ってあったので、アッチの方が渦は少なくなるかもしれない




それとラジエーター上部に目隠しを付けて正解だったようだ
コレが無きゃ上部の熱気が負圧と渦で引っ張られて、再びラジエーター前に出ていた可能性が有る




ま、風速が変われば状況も一変するんですけれどもね








7_20120626185842.jpg


ついでにライトカバー・・・・・




8_20120626185841.jpg



あんま正確なテストとも言えないが、上手く空気を受け流してるようだ












10_20120626185839.jpg



ラストにこいつの存在も忘れちゃならない


09式なので3年間使い続けたラジエーターキャップ
この前にラジエーター交換した時にパッキンやスプリングのヘタリを感じていた


ファンが回るぐらい水温が高い時に、ラジエーターホースを手で摘んでホースがフニャフニャならばキャップがアウトの可能性大です、いや完全アウトだろ

ちなみに電動ファンは約105℃付近で始動するので、この時にまともにホースに触ると火傷するかも?


※ここまでヒートさせなくてもホースはパンパンに圧力が掛かるのが普通です



ディーラーで車検を受けた人は大丈夫だと思いますが、自分で車検を受けた人でキャップ交換していない人は一度点検してみては?
簡単には潰れない物かもしれないが、出先で潰れるとアウトー!です











スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(6trackback(0


▲このページのトップへ