FC2ブログ
Home  > Archive > 2017/10

Archive list

2017/10Archive list

BS

2017/10/22/(Sun) 23:07

1_201710222100549a6.jpg
みなさんこんばんは
台風ですね
ここ最近ずーっと雨降ってないですか?
雨降りが続くと気分もトーンダウンしてしまいますね


タイトルのBS
解ってるとは思いますが衛星放送の事じゃないです
バックステップです




2_201710222100554a6.jpg



R1-Zに倒立フォーク付けるのにTZR250のステムやらを流用したんだ
R1-Zもセパハンなんだけど、トップブリッジの上に付くタイプ
しかしTZRのセパハンは本気のセパハン
要するにポジションが下がり、前傾姿勢になる

余談だけれど個人的にR1-Zにアップポジションのパイプハンドルは、付けたくない
俺は、R1-Zの2stネイキッドでタンデムシートでセパハンと言う妙にマニアックな部分に惚れた

話を本題に戻すと、ハンドルポジションが下がって前傾姿勢になったけれど
ステップのポジションがノーマルなので、何となくアンバランスに感じたんだ


3_20171022210056113.jpg

せっかくキレイに仕上げて行ってる最中なのに、ボロボロの中古のBSなんて付けたくない
それと物にもよるのだろうが、BSのブレーキペダルのフィーリングが嫌いなんだ
何て言うのか、踏む部分が短くてスカを食らう事と、そのスカを回避すべく踏む部分を延長すると不細工なのと
ただでさえ剛性感が無いのに、延長したらブレーキングの度にブレーキペダルが捻じれてしまい気持ちが悪い
DAEGの場合は楽ちんポジションを壊したくないから、あえてノーマルステップを使っているのだが、上記の理由も大きい

じゃ、気に入る物を作るか?
最終的には取付るまで解らない部分も有るが、意識をしなくても自然に踏めるブレーキペダル
それとブレーキングで捻じれない剛性感を主眼に設計してみよう
当然グッドポジションもね




4_20171022210059397.jpg

たかがペダル一本作る為に、こんなにも贅沢な部材が・・・・


5_201710222100595f1.jpg

この後、高さを10mm勘違い設定している事に気が付かず刃物を折ったのは内緒


6_201710222101017cd.jpg

刃物が折れて、違う刃物を代用したらビビりまくった
ダブルパンチで泣いた(´;ω;`



7_20171022210103e69.jpg

不要部分を切断
コンターほんま便利やー!



8_201710222101046f9.jpg

輪郭を切り出す為のジグ


9_20171022210105929.jpg

ファミコンのモトクロスのコースみたになった



10_2017102221010770c.jpg

表と裏の輪郭データを間違えた!
Σがびーーん!

ズガーン!と言う音と共に、手前部分のネジ部分が消し飛んだ

この日は何やっても上手く行かない
こんな時も有るさと、自分を慰める
だからって自慰行為と言うのは止めてください
意味合いが異なりますので><


11_20171022210109aef.jpg

今度は成功

クラッシュした刃物と材料
それと傷付いたバイスの口金(ワーク手前の丸い痕跡がソレ)

この時は、もはや精神的にふらふらでした><



12_20171022210110d85.jpg

ただの2次元が現実になる時
感動以外の言葉は思いつかない



13_20171022210111ce7.jpg


先は、まだまだ長い



15_201710222101154df.jpg

図面と呼ぶには散らかっているが、
マシニングで連続的に加工しようと思うと、工程を頭の中で整理しなくてはグダグダになってしまう
だから色々な情報を見比べて、同時に加工できる部分は一回の工程で始末する



14_20171022210113b8e.jpg

場合によっては、アナログの方が早い時も有る
そんな時は、迷わず手作業

16_20171022210116ab5.jpg

黄色いのは保護ビニールです

話変わるけど神戸製鋼大丈夫か?


17_20171022210117286.jpg

スイッチオンで、ぶっしゃー!
この白い液体の正体は、実は水
水に混ぜると牛乳みたいになる油です
でも95%は水


18_2017102221011944b.jpg



自分好みに絵を書くのは簡単だけれど、それを現実に作るとなると話は少し難しくなる
製作もだけど、実は絵を書くのが一番難しくて時間が掛る
何故かと言うと世の中の規格を無視する訳にはいかないから
もしも全てを規格外で作ろうとすると、とんでもない金額になる
一見簡単に見えるバックステップですら、現実に作れる物の絵を書こうとすると40時間以上掛ってたりします
製作よりもちゃんと作れる物を考える方が難しい

それとデザインもね
スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ