FC2ブログ
Home  > Archive > 2018/10

Archive list

2018/10Archive list

R1-Zのフレーム

2018/10/15/(Mon) 20:48

1_20181015195106562.jpg

みんさんこんばんは
最近は、朝晩と少し寒くなってきましたね?
なんか今年は、秋が短いのかな?
バイクでツーリングに丁度良い季節
とか、何とか言いながらあまりバイクを楽しむ時間が無いんだけどね・・・

ま、でもDAEGにR1-Zと大好きなバイクが有るのでそれだけで幸せです

今回は、と言うか今回もR1-Zの話です
少し前に程度の良い1KT用のSSフクシマのチャンバーを手に入れて
ソレをキレイにレストアをしてR1-Zにくっ付けた訳です
まぁ、流石はSSフクシマのSPチャンバー
パワーバンドに入った瞬間、これぞ2st!と言わんばかりのロケットのような加速
それと空き缶を投げられかねないような、ダイレクトに鼓膜を刺激するエクスタシーな排気音

さ、最高だぁ・・(お花畑)



2_20181015195107964.jpg



しかし1つ欠点が有るんだ><

元々1KT型TZR250用のSPチャンバー(エンジンは同じです)
R1-Zにくっ付けようとするとアンダーフレームに干渉して普通では、取付出来ない

俺はチャンバーの根本を一度切断して、取付角度を微妙に調整しなおしているのと
干渉する部分はハンマーで凹ましているのと
それでもやはり干渉するのでアンダーフレームをこれまたハンマーで叩き倒して強引にくっ付けています



3_201810151951089a5.jpg


そこまで苦労して取り付けたのに結果がこんな残念な事に・・・・
峠や、少し路面の悪い所で車体をバンクさせるとチャンバーと路面がごっつんこ><

チャンバーが擦ると、ステップとかを擦るよりも遥かに怖いです
一瞬にしてトラクションがどこかに行ってしまいます><



4_20181015195110035.jpg


どうした物か・・・
フレームとチャンバーが干渉するんだから、根本の原因のフレームを何とかしなきゃ・・・
そう考えてから既に相当の月日が流れている

要約重い腰を上げて作業する事にした

初期型R1-Zのアンダーフレーム(¥1.000-ぐらい)
チョットしたマメ知識なんだけど、最終型は画像の物と違い数本補強が入れられている
そして中古相場が何故か高い
ぶっちゃけR1-Zのふにゃふにゃフレームは、首が弱い所から来る事と、ノーマルはエンジンのパワーもあんまり無いから
アンダーフレームの補強の有無はあんま関係ないような気がするんだけどなぁ
でもメーカーが入れた純正補強だし、無いよりは有る方が良いんだろうね?

因みに俺のは、最終型で補強入ってるけど、どうせ切断してバラバラになるんだからベースは何でも良い








5_201810151951117f2.jpg

パイプ径は25.4~5
ほぉ、1インチか

あらまぁ~、サニタリー用の薄いパイプなら転がってるけれど
肉厚の1インチなんてそうそう無いぞ?

困ったな・・・・



6_201810151951132d6.jpg

その時脳裏によぎったのがハーレーの鉄ハンドル・・・
確か1インチ
普通は、そんなモンの方が早々には入手出来ない

しかしウチの隣を見ると沢山落ちているんだな、コレが








7_20181015195114e5d.jpg

元・ハーレーのハンドル
結構肉厚



8_20181015195116055.jpg

隙間が有ると引っ張りが強く出て歪が大きく出てしまうので、叩き込むぐらいに擦り合わせる


9_201810151951183b3.jpg


ま、こんなモンやろ
塗装が残っていると、それが燃えてガスを出して溶接不良の原因になる
溶接って瞬間接着剤の様にお手軽に思われがちだけれど、意外と神経質な所が有るんですよ



10_20181015195118c98.jpg

今までの作業と並行して今度は、位置決め・溶接冶具を作らなくてはいけない


11_20181015195120d4e.jpg

本来の目的は、フレームの改造なんだけれど
ソレをやる為に別の何かを作らなくては成らなくなる事が有る






12_201810151951227d1.jpg

溶接の歪を少なく抑える目的も有るんだけれど
今回は、前後を切断して一度バラバラにする必要が有るから

フレームの穴位置関係と、パイプワークの通りを狂わせてしまうと
せっかく苦労して作業をしても使えない物が出来上がってしまう
だから凄くメンドクサイんだけれどコレ1つだけの為に専用の冶具を作る事になってしまうのです



13_2018101519512317b.jpg

切断したコバの穴が開きっぱなしは具合が悪い
とりあえず塞いでおく

14_201810151951250a6.jpg

切断したパイプを中央に寄せて再び合体
切ったり寄せたりでパイプの長さが足りない所はハーレーのハンドル


15_201810151951266ac.jpg


ネジレに弱くなるかな?って思ったけど、わりと硬い
塗装はシマダくんに塗ってもらおっと♪


つづく




スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(3trackback(0


▲このページのトップへ