Home  > プラモデル > 零戦(更に更に更に続き)

零戦(更に更に更に続き)

2010/02/24(Wed) 17:14

仕上げ下塗り


今日はいい天気でしたね~、本日は代休を取り絶好のツーリング日和!
何処に行こうか考えていて少しだけ昨日の続きをしていたらいつの間にか夕方に・・・><
あちゃ~!ついつい没頭してのめり込んでしまいました><(涙)


とりあえず、仕上げ色の下塗りです
この時点ではまだ下の色が強く残っていています(左半分)

仕上げ1-A

何故、仕上げ色なのに下地塗装なのかって言いますと、エアブラシで吹き付けるには塗料をシャバシャバになるまで薄めて使うので一発では発色しにくいんです
普通は淡い色→濃い色って順番で塗装するからキレイに発色するものなんですが、この塗装方法は逆に濃い色→淡い色なんで色を出すのに手間と時間が掛かります


仕上げ1-B
仕上げ1-C
なんでこんな不条理な塗装順番でやるのかと言いますと、平面に立体感を表現出来るんです
模型って小さいですから本物のように影が出来たり、奥行きが有りません
特に写真に写して見ると明らかに迫力がありません
それを立体的に見せるのがこの塗装方法です
実際には塗装と言うよりも立体や、影などを書き込んでいくような感じで吹きつけをしていきます


仕上げ2-A
仕上げ2-B

先にも書きましたが、下地を残し過ぎるとクドイ感じになります
でも仕上げ過ぎると下地が死んでしまい立体感が出ません、丁度この写真のようになります


ハイライト

でもここからがお化粧塗装です
用意したのはつや消しの白、コイツを仕上げ色に混ぜて更に明るいハイライト色を作ります


ハイライトA
ハイライトB
ハイライトC

ハイライトを吹き付ける前は一旦下地色が死んだようにも見えましたが、更に明るい色をパネル中央に吹き付ける事で下地の色がうっすらと見えてきます
人間の視覚ってのは本当に面白いもんですね




日の丸1

さてさて、次は日本の象徴で有る日の丸の出番です

日の丸2

普通にデカールを貼ってもいいのですが、墨入れをしたり、汚しをするときに都合が悪いので塗装で日の丸を入れます

日の丸3

デカールと同じ直径の穴をマスキングテープで作り、任意の場所へ貼り付ける

日の丸4
でもって、赤色を吹き付けて

日の丸5
マスキングを外せば梅干の完成!


キャノピー
それとキャノピーのマスキングも剥がしてみた

おぉ、よかった、変な場所に塗料がまわっていない
車の塗装でも、バイクの塗装でもそうですが、このマスキングを剥がす瞬間が一番の快感であり、また一番緊張の瞬間でも有ります


CALFTO70.jpg

でもってまたまたエナメル系塗料の登場
コイツを適当に(好みに問題で)混ぜる、そして・・・・・


CASBP5JG.jpg
これまた超適当に筆塗り攻撃!

やっちまった・・・・
いつもやっていますが、ちゃんと仕上がるのか不安になる時が有ります


でも今日は疲れたのでまた明日。


もーちょい時間が掛かります・・・
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 ジャンル:趣味・実用

Category:プラモデル

comment(3trackback(0

2010/02/24(Wed)20:10

更に×10ぐらい逝っちゃいます?(笑)

でも、だいぶリアルになってきましたね!!

もう少しですかね!!

名前:ごう (URL) 編集

2010/02/24(Wed)21:46

うんうん、今回は少々堪能できました(^▽^)/
そろそろ仕上がりが見えてきましたね。
もうせかさないから、じっくり作り込んで下さい。
毎回楽しみにしてま~す!

名前:jimmy (URL) 編集

2010/02/24(Wed)22:14

渋くて魅力を感じる外見ですね(^^)やはり小まめに出来ますね(^^)期待しますよ(^^)

名前:hiro (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ