Home  > ダエグ > オカルトチューン(続編)

オカルトチューン(続編)

2010/05/25(Tue) 12:57

CA1LNT9C.jpg

皆さんこんにちは、平日の真昼間にブログを更新してますが、仕事が休みって訳じゃ~有りません。
話は日曜日に施工した怪しいチューンです、効果が有るのか無いのかって事なのですが、「有ると思います」

しかし明確に早くなるとかって豪快な効果は全く有りません!
でも低速低回転(2000rpm前後)でのエンジンのシャクリがマシになってるような気がします(?)
皆さんのダエグは解りませんが、自分のダエグはフルエキをぶち込んでから2000rpm付近パーシャルでギクシャクした回り方をするようになりました、これがまた乗りにくいんですよ~・・・・
ニジエアをカットしても駄目!サブコンぶち込んでもマシになった程度・・・・エアクリのろ過面積を増やしても少しマシになった程度
今回の怪しいチューンをして更に少しマシになったような気がする

あくまでも「気がする」ですよ!
でも低回転からのアクセルのツキが良い感じなように思えるんですけどね~(?)
ぶっちゃけ暫く250に乗っていたので、ダエグの有り余るパーワーじゃこの程度では解んないってのが正直な話です
う~ん、長い目で燃費などの変化を見るしか効果の確認は不可能ですね

それよりも面白い事を発見しました
先ほどギボシ端子を外したり、付けたりして遊んでいました
その時にふと思いました「もしも電気ノイズを引っ張っているならば、接触ギリギリまで近づけたら電気が飛ぶかな?」

恐る恐る端子を近づけると・・・・・

パチ・・パチ・・・

って小さいながらにも目で確認出来るほどの高周波が飛んでいました!
(シャッタータイミングが合わず、写真に取れませんでした・・・)

って事は、やはりプラグコードは被服の上からも、結構なノイズを出しているって事なんですね
でもコレが高周波ノイズなのか、ただ単にスパークパルスのリーク(漏電)なのかって正体までは解りません


でも確実に何らかの電気は流れているのは確かなようです

ためしに電球を付けたら光るかな? 電球が爆発したりすると怖いのでやりませんが・・・・



とりあえず暫くは様子を見ていきます
コレの存在を忘れていなければ、またなんらかの話をアップしたいと思います

さーて、仕事仕事
スポンサーサイト

テーマ:バイク ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(2trackback(0

2010/05/26(Wed)19:35

少し電気に詳しい人に聞いたんですが、コイルからの高電圧の電気はパルスなので、OFFの瞬間にマイナスの電圧に振れる(逆起電力だったかな?)そうです。
このマイナスの電圧をそのままにしておくと、次のパルスのプラス電圧と打ち消してその分電圧が下がってしまいます。
なので、そのマイナス電圧を逃がしてあげると、効率が良くなるのですが、当然プラグコードは絶縁体なので、外側をアースに繋いでも電流は流れなので、ここがオカルト商品的になり、メーカーでは実施していないと思うのですが、絶縁体でも電気を逃がす手段があり、コイルにして電磁誘導で逃がすとか、コンデンサの様に電気を貯めておいて逃がすとか、裏技的なことで、実際に効果を上げているのではないでしょうか?
なので、端子を少し離すと、スパークが飛んでるということは、このマイナス電圧がちゃんと逃げているのかもしれないので、効果が出ているのではないでしょうか!

名前:Nikkor (URL) 編集

2010/05/26(Wed)20:18

Nikkorさん

なるほど!
僕も絶縁体にアースなんてぶら下げて電気を打ち消す?ってのが今一理解出来ませんでした
アースを繫いだり外したりして試してますが、はっきり言って体感なんて無理だと思います

でも、思い込み効果で10PSはアップしてます(笑)

じょうだんはさて置き、アース線から、何らかの電気を引っ張っているのは確かなようです

コレを教えてくれた友人に、今一度話しを聞いてみたところ「スパークは大きくなるけど、電気ノイズも多少大きくなる、検証まではしていないが、コンピューターなどに深刻な影響が出るようなレベルでは無い(と思われる)」って言っていました

取り合えず、今の所ネガ的な問題には直面していないので暫くは燃費とかで効果を伺ってみます

効果が無きゃポイします(笑)
マッドサイエンティストの実験ぽく楽しんでおります(爆)

Nikkorさん、貴重な情報有難うございました。


名前:JP-akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ