Home  > 未分類 > 10代の自分

10代の自分

2009/10/25(Sun) 22:51

青春だなぁ~
今日は午後から少し雨が降った
仕方が無いので部屋の掃除をしていたら懐かしい写真が出てきた
多分16か17歳頃で走り屋なる物をしていた時だと思います
この頃はまだバリバリマシーンやモトチャンプなど2st全盛期の時代でオマケにレプリカブーム真っ只中!
最近でこそ言われなくなりましたが俺は暴走族では有りません!走り屋でした!
WGP500ではレイニィー・ガードナー・シュワンツ・ドゥーハンなどが毎週激走する番組(深夜だが)にかじりついていました
とーゼン単純明快の単細胞の俺はめちゃくちゃ影響されまくって憧れてました!
特にWレイニーの大のファンでしたね~
この頃に乗っていたマシーンはTZR50にインナーローター(保安部品無し)組んでポートやその他色々改造してました
50ccの癖に気味悪いぐらいの加速してましたよ
今考えて見ればこの時代に学んだ機械イジリの失敗や成功のおかげで色々な勉強ができたなぁ~
機械は正直で良ければ速い!悪けりゃ遅いし壊れる!と、直ぐに自分に答えを返してくれる
走りも自分が上手くなれば速い下手くそならば遅いとモロに結果が出ました
しかし技術の進歩で今のバイクはスゴイですね!
俺程度の腕じゃ全く扱いこなせない!それと2stの感覚が染み付いた俺には現代の高性能4stは恐ろしくてたまらない
どーしてもパーシャルの感覚とエンジンブレーキの利き方に馴染めない
旋回中のトラクションの掛かり方とパワーの出方が全くちがう!
2stが少ないパワー(排気量の差ですが)を有効に使っていかにパワーを引き出すかに対してダエグやCBR600RRは有り余るトルク(パワー)をいかに我慢するか 一気にアクセルを捻ればどっかに飛んで行くんじゃないかなぁ~なんてびびっちゃいます
それと突っ込みのエンブレも恐ろしいです ついつい落としすぎてしまいケツがロック気味になってしまったり その煽りで立ち上がりアクセル開けると怒涛のトルクでえらいことになってしまったりとか・・・

乗り味は全く違うけれど4stでも2stでも2輪てマジで乗っても改造しても楽しいですね~
これぞ大人のオモチャって感じです。
スポンサーサイト

テーマ:2スト バイク ジャンル:車・バイク

Category:未分類

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ