Home  > ワンオフとその他 > プロテクター

プロテクター

2011/04/11(Mon) 20:36

SN3Q0002_20110411195838.jpg



この前に段取りの途中で終了してしまったサブフレームのプロテクターを作ります


Φ60.5 肉厚t-3のパイプを肉厚t-1になるまで内径を削りました

SN3Q0001_20110411195839.jpg


削ったパイプをサブフレームの根元部分に合うようにスラッシュカットしなければいけません

適当に現物合わせでカットするときっちりと合わなかったり失敗して不細工になるのは困ります
必要な部分を展開して型紙を作りました




SN3Q0003_20110411195837.jpg


展開した紙をチョキチョキと鋏で切り、パイプに巻く
この程度の展開ならばコンパスとサシガネが有れば簡単に出来ます
複雑な展開や異形の物を展開する場合には√や三角関数を駆使して立体を平らにします

世の中はハイテク満載の素晴らしい時代ですが、どちらかと言うと僕は超アナログ人間です






SN3Q0004_20110411195832.jpg

そして不要部分をサンダーで切断




SN3Q0006_20110411195907.jpg

ベース板も切り出した
形状は単純ですが穴位置関係や取り付け角度を割り出すには関数計算を使います
最近は面倒くさいので小さい物ならCADで絵を描いて1/1でプリントアウトして型紙にしてます

でも展開はやってくれないので自力で計算しなきゃいけません

高性能な3次元CADが欲しい・・・・・






SN3Q0005_20110411195831.jpg


それと円形の板はt-1(mm)です
これぐらいの薄い板にソコソコの大きさの穴を開ける場合には普通の研ぎ方をしたキリではキレイに穴が開けれません
大抵はキリの角が引っかかり、穴が多角形になったり板がぐちゃぐちゃになったりします
そんな場合にはこのように一文字に研ぎます
これだと周りからコンパスのように切れるので例え0.1mmの薄い板でもパツンとキレイに穴あけできます
エンビやアクリルのようにキリが抜ける瞬間に角が引っかかって割れてしまう板でもコイツなら大丈夫

でも穴あけ後に出来るディスクが邪魔して重ねた板の穴あけが出来ないのが欠点かな?



SN3Q0007_20110411195906.jpg

溶接完了




SN3Q0008_20110411195906.jpg


そして磨く

ピカピカが嫌だから黒く塗装したのに矛盾している・・・・・

でもコイツに色塗ったら意味ないし

細かい事は気にしないようにする





SN3Q0009_20110411195905.jpg


面倒くさいからテープでいいやって思ってましたが、テープって剥がれてくるんよね
ましてビニテだし

ツーリング中も剥がれが気になって仕方が無かった





SN3Q0010_20110411195905.jpg

装着


SN3Q0011_20110411195921.jpg



・・・・・・・・


SN3Q0012_20110411195921.jpg



これどうなんだろ?(笑)
もうチョイひねったデザイン考えた方が良かったかな?



ん~

ま、ええか



スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(2trackback(0

2011/04/12(Tue)09:35

ステップを 少し後ろに下げるサポート作ったら~?? 足長いから上げずに(笑)

名前:目玉おやじ (URL) 編集

2011/04/13(Wed)09:53

目玉さん

頑張ってバックステップ買います(笑)
その前にタイヤがヤバイ><

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ