Home  > ダエグ > 座標

座標

2011/04/28(Thu) 21:17

SN3Q0001_20110428211333.jpg

フロントホイールの幅はダエグに収まる事が解り大掛かりな事をしなくてもよさそうなので一安心

次はリアホイールがすんなりと収まってくれる事を祈るばかり
うちのフライスや旋盤がでかけりゃホイール本体の加工も出来ますが、残念ながらホイールほどの大きさになると懐が狭くて加工出来ません
ぼっちらぼっちら後輪の収まり寸法を調べていくと「お、これならそんなに苦労せず収まるやん!」て事が判明!

スプロケハブは小加工で何とか使えそうな雰囲気
でもリアブレーキハブはアダプターを作ってCBRのハブに被せるか、もしくは新規製作が必要

どーしようかな~・・・
アダプターにせよハブを丸ごと作り変えるにせよ図面を書かなきゃいけない



てな事でとりあえず新規でハブを作る絵を描いた

画面に3つほど似たような絵が有りますが全て同じ物です
うちはNCやマシニングのように便利な機械は無く汎用機オンリーです
簡単な物なら電卓をはじきながら座標を計算して位置を割り出しながら加工していきますが、インデックスを使い一気に6つ穴と4つ穴を同時に加工してザグリや外周の肉抜きまでするのでバカな頭の僕じゃ途中でパニくってきます





SN3Q0002_20110428211333.jpg



パニくって失敗しないように、最初に基準を決めてそこから何度~何度まで回転させるかや


SN3Q0003_20110428211332.jpg

使用するエンドミルは何Rの位置に持って行き、PCDは基準から何度の位置で加工するだとか





SN3Q0004_20110428211331.jpg


Rセンターに対して割り振りなんぼでどれだけ垂直に切り込むだとか

SN3Q0005_20110428211330.jpg


さらに高さも有るので何処が何ミリの高さまで刃物を突っ込むだとかを最初にすべて計算しとかなきゃ無駄に時間が掛かるので、一つの加工物に対して必要寸法を纏めた数枚の加工図を段取りします

もしもその場その場で電卓をはじこう物なら「0から60度×6で、次は0基準に戻り45度いって残りは90度毎に・・・・えーっと、45+90だから135度でぇ、次は・・・あれ?PCDいくつだっけ???それと高さいくつだっけか??」
なんて事やってたら日が暮れるし間違えます!


材料が揃うまで暫くはこんな感じでグダグダなブログになるかも?
ブログにはあまりアップしてませんが僕が物を作る前の段取りでたまにこんな感じで製作図以外の加工用図面も書いてます

スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(2trackback(0

2011/04/29(Fri)00:17

パソコン ばっかり見てやんと

早よ 寝なさい!!!(笑)

名前:目玉おやじ (URL) 編集

2011/04/29(Fri)00:25

ばれましたか(笑)

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ