Home  > ダエグ > 本日の色々

本日の色々

2011/06/13(Mon) 19:08

SN3Q0001_20110613182327.jpg


遅くなりましたがフェンダーレスの塗装が上がりました

今日送る予定でしたが日中バタバタとしていて送りそこねました

ごめん!(申し訳有りません・・・・)




SN3Q0002_20110613182326.jpg


前々から思っている事なのですが車両右側はマフラーが有るのでヨシとしますが、逆に左側って何か寂しい感じがします



ん~、何か物足りないんよね~・・・・・

でも変な物付けてゴチャゴチャはさせたくないしなぁ

今度余裕の有る時に何が足りないのか考えよっと




SN3Q0003_20110613182325.jpg

おもくそ話しは変りますがコレ何だと思います?

実はTIGの水冷トーチを冷やすポンプユニットです
しかもラジエータは交換して要らなくなったR1-Zの純正 (ウォータポンプは工場に転がっていた物)


溶接機メーカー純正のラジエーターポンプユニットを買うと高いです

要するに冷えりゃいいんです、えぇ

(只今メンテ中の一コマ)







SN3Q0004_20110613182324.jpg


またまた話しは変りますが、かなり前に加工したSCMのM8ボルト

鉄は錆びるのでクロームメッキに出すと言って放置していました
結局時間的に都合が付かなかったので、前にタンドラのバンパーガードを作った友人Tにお願いしてメッキに出してもらいました(彼も金属加工屋さん)







SN3Q0005_20110613182323.jpg


SUSもピカピカやけどやっぱクロームメッキには負けるねぇ~

(しかも汚れてくすんでるし)




SN3Q0006_20110613182339.jpg



ちょっとボルトだけがピカピカ過ぎるかな?
キャリパーをグロスブラックに塗装したらカッコイイかも?


SUSのボルトに交換したのにまた交換する理由ですが、はっきり言ってココにSUSボルトは不向き

伸びます

純正で使われているボルトからSUSに交換した時は「ん~、ちょっとタッチが悪くなったかな?・・・」
ですが、再び伸びに強いボルトに交換すると感動すら覚えるタッチ(主にコントロール性)に激変!
ちょいとまぁ大袈裟かもしれませんが本気で変ります!(でもコレが普通なんよね)

何が違うのかと言いますと、握り込んでからロックするまでのブレーキの効き具合が握力に比例してリニアに立ち上がります

SUSボルトでも効くのは効きます
しかし効いてから制動の立ち上がりに無駄な握力が必要です
しかも交換した時にかなりのトルクで締めたはずなのに緩める時には「ふにゃ・・・」に近い感覚で緩んだ・・・

あらまぁ、やっぱ伸びてたんだね(何度か増し締めしてるのにこれ)


帰りに少し走るだけでもフィーリングの変化が手に取るように解りました
日頃無駄に握力使っていたんだね、SCMボルトに交換したら制動が楽になったしコントロールもしやすいので握ってて楽しかったですわ、パットの特性が変ったんじゃないか?って思う程です

(でもコレが普通なんですよね)


標準で使われている不細工なボルトと、このSCMボルトではどちらが伸びや破断に強いのかは不明ですがコレだけは言えます 

SUSのボルトは伸びて無駄な握力が必要

コントロール性も落ちる


ドレスアップ主体ならば止めはしませんが、お勧めもしません











スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(10trackback(0

2011/06/14(Tue)00:02

TIGのラジエター
アイディアですね!むしろカックイイ!
SUSは伸びるのですね~
適材適所なのですね

名前:KDVfactory (URL編集

2011/06/14(Tue)08:13

私のキャリパーのボルトも錆びが酷かったからSUSにしてます。
メーカーも錆びるのがわかりつつ鉄ボルト使うのにはやっぱり理由があったんやねぇ。
でも錆びてるのは嫌やし~どっちや!?と言うとSUSって感じです~

名前:an5854 (URL) 編集

2011/06/14(Tue)08:18

へぇ~ボルトの素材一つで乗り味が変わる・・・、こんなところに惚れちまうのかもしれませんね!
奥が深いし、そんな違いを遊んでるakaiさんも凄いヨ!

名前:Jimmy (URL) 編集

2011/06/14(Tue)09:21

KDVさん
ラジエータ面白いでしょ(笑)
SUSボルトは伸びますね~
M6なんかでムチャクチャするとピッチが変わるぐらい伸びる時が有ります

名前:akai (URL) 編集

2011/06/14(Tue)09:27

anさん

確かに鉄ボルトは錆ますよね
「お勧めしません」とは書きましたが見た目を考えるとSUSも有りだと思います

でもフィーリングは焼きの入った鉄ボルトの方が良いので悩む所だと思います><




名前:akai (URL) 編集

2011/06/14(Tue)09:37

Jimmyさん

SUSボルトはSCMに比べて伸びる事は職業柄知っていましたが、キャリパーに入れるとフィーリングがどこまで変化するのか実際にやらなきゃ答えが解らなくて

見た目的にはピカピカのメッキよりもSUSの方が好きです

名前:akai (URL) 編集

2011/06/14(Tue)12:32

確かにバイクの左側って右側が派手なだけに余計さみしいですよね。
でも、サイドスタンドで左に傾いてて見難いので、まぁいいかな?って感じで気にしない様にしてます。(笑)

しかし、いまどきの溶接機は、水冷なんですね。
びっくりです。
ところで、SCMボルトとは、どんな素材なのでしょうか?
私は、聞いたことなかったので。。。

名前:Nikkor (URL) 編集

2011/06/14(Tue)17:39

Nikkorさん

僕も見習って極力左を見ないようにしてみますわ(笑)

TIGは昔から200以上になると大半が水冷のようです
でもアークや半自動は確かに冷却装置が付いていませんね~

SCMはクロームモリブデン鋼の事です
ボルト&ナットは色々な材質の物が有ります
その中でもハイテンションボルトやSCMは強度の高い類に入ります

同じ鉄ボルトでもSSってのが有りますが、こちらはなまくらボルトで簡単に伸びたり千切れたりしますのでご注意を!
(黒染めキャップボルトは殆どSCM435ですが)







名前:akai (URL) 編集

2011/06/15(Wed)16:28

おらは この間まで アルミとステンの区別もつかんかったど~

名前:目玉JO (URL) 編集

2011/06/15(Wed)18:02

目玉さん



あるあr・・・・・・









無いと思います!!

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ