Home  > ダエグ > ZRX1200ダエグ用 ビッグラジエーターキット!

ZRX1200ダエグ用 ビッグラジエーターキット!

2011/06/23(Thu) 21:15

1_20110623200817.jpg

夏に向けてビッグラジエーターキット買っちゃいました!!

でも純正のラジエーターって能力不足なの?って疑問がありますよね??


ハッキリ言ってサーキットやらジムカーナみたいに過酷な使い方をせず普通に走る分には全く問題ないです!!!
真夏の渋滞にハマても走行風が当らなきゃ意味無いし♪
停車中の冷却はファンの仕事なんで効率の良いファンを付ける方が早く温度を下げる事が出来ますしね

そもそも水温計なんて付けてないから何度か解んねーもん♪
世の中知らない方が幸せな事は沢山有ります、はい



じゃ、何ででかいラジエーターにするの?って事ですが

見た目がカッコエーからです!


余談になりますが、最近のコンピュータ制御エンジンでもっともパワーの出る水温は(コンピュータ・マップの話しね)80℃前後と言われています

何度も言いますが水温計が付いていないので(知っても無害な負圧計なら付いていますけど)真夏の走行時の水温は知りません!(知りたく無い!)






ちょっと前置きが長くなりましたが本題に入ります・・・・・



このビッグラジエーターキット何か変です






2_20110623200816.jpg


実はこれYZF R1の純正ラウンドラジエータなんですよ
しかも割れてて水漏れ機能搭載?!

キットと書きましたがボルトオンキットでは無く本気のキットでした~





見た目じゃどこか解らないですが、クーラントが滲むこの辺が怪しい・・・・










3_20110623200816.jpg




それとダエグには必要の無いウォーターラインがサービスで付いてきた(右上にも変なのがもう一本)
多分水冷式オイルクーラー用のラインでしょうね

右上に見えるラジエーターホースの差込の角度も合いそうに無いなぁ











4_20110623200815.jpg


とりあえず溶接するのに塗装が邪魔だから剥離する
(剥離剤塗った  ヒーハー!)



5_20110623200815.jpg


スイングアームもこれぐらい簡単に塗装が剥がれてくれれば・・・・
心からそう思った



つーか、リザーブタンクに繋がるホースニップルよ!
お前何で前向いとるねん!!




6_20110623200844.jpg


塗装を剥がして割れてる部分がハッキリとしました

こいつだ






7_20110623200844.jpg



早速溶接!・・・・・

と思いけりゃ交流tig(アルミ溶接出来るヤツ)が壊れて修理に出しているのを忘れていた><

(鉄やSUSのtig溶接は直流です)


ここで諦めれば良いのだがココからが悲劇の始まり

銅配管などを銀ロウで着けたりするのを思い出して「せめてクラックだけでも修理!」とか余計な事を思いついてしまった・・・・



結論的には大きな穴が空いて見るも無残な姿に・・・・・・><
(ショックで写真とるの忘れたぐらい)

アルミって融点が660度ぐらいと低く、しかも加熱しても色が変らないので温度をよむのが難しい
しかも熱伝導が良いので加熱しても熱が分散して、有る所からドロリッチ!と溶け落ちます


アルミ用のロウ棒にも難易度スペシャル5と記入されているのは伊達では無かったようだ!

それとラジエーターのサイドタンクって1mmあるの?ってぐらいのオカモトゴム級の薄さですし
(ちょっと言い過ぎたか?)










8_20110623200843.jpg



てのが昨日までの話で、ココからが本日の話です




日曜日のカッパツーリングから洗車をしていなくコテコテに汚れていたのでキレイキレイしてやりました


9_20110623200843.jpg



純正ホイールも洗いにくいけれどコイツも相当洗いにくいなぁ~


とかの最中に一台の車がやってきた

「akaiさーん!遅くなってすいませーん!tig直りましたー!」


えー!
一日遅ぇーぞ馬鹿野郎!なんで昨日持ってこない!!


なーんてムチャクチャな事は言いませんよ

でもあと一日早ければあんな事には・・・・(涙)

ただ単に自分のセッカチが悪いだけなんだけど





10_20110623200842.jpg



でもって仕事が終わってから昨日の失敗の手直しをしました
tigで肉盛して空いた穴は塞ぎましたが念の為に3mmのアルミ板でパッチ当てしました


やっぱtigやね~!
薄板アルミのロウ付けは素人の俺じゃ無理だったがtigなら穴を塞るし♪






11_20110623200914.jpg

それとホースを挿す上側のひん曲がったヤツも修正せねば!って事でブッタ切る!

切った部分が肉厚に見えますがサンダーで切断したのでフチが伸びてそう見えるだけです
実際は1mm有るかな?ぐらいの薄さです サガミオリジナル級!!






12_20110623200913.jpg



tigなら余裕!
でもビートが汚いのは見ないでね
なんせ薄いから油断するとtigでもドロリッチになります!









13_20110623200913.jpg


その他要らないラインを全て溶接で塞いで完成!!・・・・・




なのか?!



14_20110623200912.jpg



ロウ付けで結構加熱してしまったし、他にもクラックが無と保障も無い!

なんせ約1000円で買った物だし


圧力テストのポンプを出すのが面倒くさい(てか今日は疲れたからそれは後日に)ので水道ホースを挿して
手で塞いで水圧を掛けて見ました

一応ラジエーターキャップのリリーフ弁が開く程度では漏れは無いようです

写真はホースから手を離した瞬間にシャワーを浴びてびっちゃんこになった時です><










16_20110623200912.jpg




それとラストに




最近は日中真面目に仕事をしておりやす!!


いや、前から真面目ですけどね。




ブログ









スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(12trackback(0

2011/06/23(Thu)22:34

ラジエーター加工してる!
すごい!
超硬のロウ付けはやるんですけど、アルミはやったことないです。
アルミのロウ付けって、むつかしいんですね。

名前:くへどん (URL編集

2011/06/23(Thu)22:56

わ~ ええな~ええな~~

夏は欲しいね~ 大きいやつ!

名前:目玉おやじ (URL) 編集

2011/06/24(Fri)00:10

くへどんさん
ロウ付けバイトですか?
職人すね~(笑)

銅管のロウ付けなんかは簡単ですが薄板アルミのロウ付けは難しいですよ~!
先に実験でt-3のアルミ板で感覚の練習をしたのですが、3回ぐらいやって全て成功したので「こりゃイケる!」なんて思ったのですが考えが激アマでした・・・・



名前:akai (URL) 編集

2011/06/24(Fri)00:12

めだまさん

えーでしょえーでしょ!
お先っ!(笑)










なんて書いたら目玉さんもラジエーターいくでしょ?(笑)
しかも高いヤツ!

名前:akai (URL) 編集

2011/06/24(Fri)01:38

サスガakaiさん!
一味違った角度で攻めてきますね~
うまくつくといいですね!
カッコよくなりそう!

名前:yoisa (URL) 編集

2011/06/24(Fri)07:44

確かに、純正のラジエターで能力は十分なんでしょうが、デッカイラジエターは、見た目いかにもって感じで、カッチョええですよね~!(笑)
やっぱり、アルミは薄いとドロりっちって溶けちゃうんですね。
突然溶けて穴が空く感じの表現は、ドロりっちがぴったりです!(笑)

名前:Nikkor (URL) 編集

2011/06/24(Fri)09:54

記事開いた瞬間 ウワッて声出ましたよ。
Bigラジエーターかっこいいっす!しかもRな感じが良い!
これも加工して付けちゃうんですね、凄すぎ。
やぱ、水温は80℃キープが良いのですね。

名前:パンくん (URL) 編集

2011/06/24(Fri)12:53

yoisaくん

前々からR1のラジエーターカッコエーな~と思っていて、タマタマきれいなコアのラジエータが安く手に入りました

割れてるけど

名前:akai (URL) 編集

2011/06/24(Fri)12:56

いつもながら、akaiさんの創造力には感心させられます~

うまく取り付くといいですね!!

で・・・、
ホント、個人的な意見なんですが・・・

ビッグラジエーターって、ニンジャのカスタムでさんざん見てきましたが、ひとつ気になること・・・

空気抵抗が増えそうかな・・・

あっ、ホント、ひとりごとなんで、気にしないで下さいね・・・
すんません・・・。

名前:ごう (URL) 編集

2011/06/24(Fri)12:56

Nikkor さん

メーカーが夏でも大丈夫なように設計してるので問題は無いのですが、ラウンドタイプはやっぱ見た目がカッコエーねー!

逆に冬場のオーバークールの方が心配になるかも?です

冬用に水温計つけなきゃ

名前:akai (URL) 編集

2011/06/24(Fri)13:00

ぱんくん


「ウワッ」と期待させて実はただのR1ラジエーターってオチです

そのスジの人に聞いた所、水温80℃が点火時期等を含めもっともパワーが出ると伺いました

ぶっちゃけ僕的にそれは副産物扱いですがね

カッコエーから付ける!

名前:akai (URL) 編集

2011/06/24(Fri)13:06

ごうさん

今の所なおったっポイですが、実は駄目でした~!ってなったりして?!

上手く付いてくれる事を祈ります・・・・


空気抵抗ですが多分増えるでしょうね(笑)
このサイズと形状はフルカウルのR1に適したデザインなんで

でも気にしません

カッコエーので!

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ