Home  > R1-Z > エンジンオーバーホール

エンジンオーバーホール

2009/10/31(Sat) 01:38

クランク3
こいつはR1-Zのエンジン(1KT)をOHした時のクランクケースです
走行距離も20000kmを超えてクランクベアリングから異音も出てきておつかれモードに突入してきたので暇つぶしがてらフルOHしようと思い立ち即実行

クランク2
でもせっかく全バラするんだからクランク室もついでにイジッとこうと思い、混合気の流れる通路をリューターでガリガリとスムージング加工&通路拡大加工をして吸気効率を上げる
しかしながらそのままでは一次圧縮が落ちてしまうのでそれを補うべく金属パテ(コンクエスト)を盛り、一次圧縮を上げる
クランク
でもここまで加工しましたが、なんとなく気に入らない仕上がりだったので、ヤフオクで中古エンジンを購入
そしてまた1から今度は一度目の失敗を教訓に同じような加工をした
(写真のは気に入らない方 せっかく再塗装までしたのに~)

ホネホネ
エンジンの無い車体はなんと貧相な!・・・
こんな貧相な車体でいつもぶっ飛ばしてたんだなぁ~・・・おそろしや!
約8000kmの中古を36万円(だったかな?)で購入して20000kmまでほとんど常にレッドゾーン手前(たまにブラックゾーン)までぶん回しまくってたからクランクは人生の終焉をお迎えになられていた・・・チ~ン

芯測定
新品のクランクは激高なのでクランクベアリング・シール類一式購入してクランクシャフトのHO&専用ジグを作り、芯出しもしておいた。
作業写真は残ってなかったが、クランクケースに仮組みして最終チェックをしている風景、
写真はゼロに合わして有るんですが、どんだけ頑張っても約5/100の芯ぶれが取りきれませんでした・・・残念!
それといじりまくってるので、元々エンジン出力が有ったのでミッションをワイドレシオにしたくてTZR250(同じく1KT)エンジンをまたまたヤフオクで購入!
TZR250のミッションの方が最高速でるんですよ
ついでにワイドレシオでも回しきれるトルクさえ有れば逆に加速も早くなります
多分、回しきれる出力持ってたんで、だいじょーぶなはず(?)
ぐらいの感覚で組ました、ファイナルで最高速調整をすると本気で加速が悪くなるのも嫌だったし
OH後、結果的には元気に加速・200km/hオーバーマシンに生まれ変わりました
でも、OHするのにシリンダーボーリング出したり、シール類・ベアリング類・同形式エンジンを3機ほど購入したので合計で20万円そこそこ出費したのは痛かった・・・・
あの金を貯金さえしていればダエグちゃんのオーリンズ入れれたのに・・・・

それとまた今度書きますが、コンだけ金掛けてOHしたのに原因不明のエンジンブローしました!
OH完了後のナラシの最中に・・・・しかも2週間も持たなかった・・・マジ泣いた><




つづく・・・

スポンサーサイト

テーマ:2スト バイク ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(2trackback(0

う~ん

2009/10/31(Sat)07:07

何でエンジンブローだったんかな?
やはり超過負荷仕様のエンジンはシェイクダウン途中に面倒でももう一度全バラシして各部のチェックの必要があったのかな?
昔知人が組み込む時に凡ミスをして鈴鹿の第一コーナーでエンジンブローしたのが有りましたな・・・
その時は幸い無転倒でエンジンのみ死亡 チ~ン・・でした・・

名前:コテツ (URL) 編集

2009/10/31(Sat)12:35

ん~、なんででしょうねぇ~・・・
くみ上げたエンジンは、何か変わった形のネジみたいなのが2本程余った程度なんですけど?
もしも3本余ったならもう一度組み直したんですが、2本だからまぁいいやって。












なわきゃねーです。

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ