Home  > ダエグ > ショート管仕様  試作とエビ管

ショート管仕様  試作とエビ管

2011/09/05(Mon) 23:50

1_20110905225322.jpg



ナイトロのサイレンサーカッコイイね
でもビートのエキパイに付けるのには何かと問題が有る

予想通りなので何とかしよう

でもビートのテールパイプをカットしたり改造するのは後々で後悔するはずなので新規で製作する事にします

これはジョイントの差込部分を作ってる所です













2_20110905225321.jpg




昨日おおよそのレイアウトが決まったので、それに伴ってザックリの角度と長さを出してみた










3_20110905225319.jpg





これは昼休みに作った試作品です

三角関数に詳しい人ならば説明不要ですが、斜めの距離変更して更に全体的に短くするので試作して現場での収まりを見ない事には実際の感じが解らない

ダエグの全ての収まり寸法を把握していればCAD上でアレコレとレイアウト出来るのだが残念な事にそこまでのデータは無い









4_20110905225319.jpg






これでもエーっちゃエーのですが、車体とマフラーの隙間が何となく嫌だ







5_20110905225317.jpg


先程の試作品を付けてみましたが予想以上にサイレンサーがナナメってしまった

ありゃま、こりゃ下品だ











6_20110905225350.jpg




溶接の仮止めをぶった切って強引に角度を変える

こんな感じこんな感じ♪







7_20110905225349.jpg


横からの収まりもバッチリ!

何がバッチリやねん!て突っ込まれると困るが、自分的にこの長さと角度がバッチリです!!

でもコレにすると恐らく今後バックステップを入れる事は出来なくなるでしょうね(笑)

ノーマルポジションが好きだから交換する事は無いでしょうが・・・・








8_20110905225348.jpg


これは僕のメモ代わりです










9_20110905225348.jpg




それから時間は過ぎて17時過ぎ
ここからが俺の本番や!

昼間に取ったデータを元に計算した輪切りのパイプ










10_20110905225347.jpg



エビ管です




配管を曲げるのにはいくつかの方法が有ります
ベンダーで機械的に曲げる
皆さんご存知の砂などを詰めて蓋をして焼いて曲げる手曲げ

もう一つステキな曲げ方が(自分が好きなだけ)曲げRを決めて角度切りした輪切りパイプを溶接して繋ぐエビ管です!


エビ管のメリット

見た目がイカツイ

ただそれだけ
それと僕は未だに2st大好き人間で、チャンバーの溶接で巻かれたエキパイを見るとシビレル!


ま、そんな単純な理由です










11_20110905225417.jpg



それと上の画像で手に持つホースは、配管内部に不活性ガス(アルゴンガス)を充満して裏面をシールドするためのものです

肉厚0.9mmのSUSパイプ(どこかで見ましたね?・・・確信犯です)を表からこんな風に溶接すると裏面が大変な事になります

裏面が大変な事にならぬように溶接すると溶け込みが浅く強度も落ちます










16_20110905225414.jpg



いわゆる裏ナミ溶接ってヤツです

内部に不活性ガスを充満させてあげて酸化させぬようにして、パルスと電気を上手くシンクロさせてやれば表のビートと同じように内部も溶接されるんですわ
溶け込みがほぼ100%なので薄くても強度抜群、ビートカットされたって怖くない

画像じゃ解りにくいが裏もビートが出てます

見えない部分なんですがこの辺は拘りです












12_20110905225416.jpg



それとスプリングを引っ掛けるフックも作らないといけない

取り出したのは3mmのSUS309棒

普通の針金でも硬いけどSUSなら更に硬くて素手ではキツイRに曲げる事が出来ません








13_20110905225415.jpg






でもガスでアブって曲げるとこんなに簡単にキレイに曲がります


しかし温度管理は少しシビア

焼きすぎ  ×

温度足りない  ×


そんな感じ






14_20110905225415.jpg


後はこんな感じに曲げて要らない部分を切ればスプリングフックの完成


今日は時間切れなので続きは後日

スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(10trackback(0

2011/09/06(Tue)07:25

どうにかされるのは分かってましたが、
自作しちゃいましたか!
エビ管は、シブイっすね~
時間さえあれば、jp-akaiオリジナルエキパイもいけちゃうんじゃないですか^^

名前:パンくん (URL) 編集

2011/09/06(Tue)18:28

パイプを繋ぎ合わせてRをつけるのをエビ管って言うんですか!
確かに2stのチャンバーは太さまで変化させてカッコいいですよね。
接合部の焼き色が、1個1個ハンドメイドした証で憧れます。
しかし、アルゴンガスで内側まで溶接できるんですね。
内側も綺麗に仕上がってて、さすがです!

名前:Nikkor (URL) 編集

2011/09/06(Tue)19:46

ひょ~。すばらしい~、僕にもこんな技術あればな~、夢のレーシーな2本出し自分の思うがままにミリ単位で作れるんやろな~。うらやましいの一言につきますゎ!

名前:まっちゃん (URL) 編集

2011/09/06(Tue)20:05

エビ管ですか~
カッコいいですよね~
確かに、akai号、ショートお似合い☆
早く実物みたいな~

名前:yoisa (URL) 編集

2011/09/06(Tue)20:25

さすが素晴らしいお手並みですね

うちで放置プレイ状態の頂き物の1200RのツキギのエキパイをDAEG用に綺麗に加工してもらいたいですわ(笑)

名前:いしやん (URL) 編集

2011/09/06(Tue)21:10

パンくん

ワンオフって言って(笑)

時間が余る程有って、更に気力が有れば作れると思います
でもそんな元気無いです(苦)

名前:akai (URL) 編集

2011/09/06(Tue)21:17

Nikkorさん

この配管は一般的な名称は知りませんが(バイクでは)、ウチの業界ではエビ管と呼びます

2stチャンバーはこの一つ一つがコニカル形状で更に展開などの時間の掛かる作業です


内部にアルゴンを入れなくても裏面は溶けるのですが、溶けた金属が酸素と結合して酸化してしまいガビガビでモロくなるんですよ

溶接には色々なテクが有るんですが、代表的な一つがこの裏波溶接です

名前:akai (URL) 編集

2011/09/06(Tue)21:27

まっちゃん

毎度です~

ダエグに左右二本だしですか?!
それは少々骨が折れますね~
ZRXの特徴でも有るスタビ付きスイングアームを上手くかわしてY管で左右分岐

出来ない事は無いでしょうが、寸法取り(殆ど現場あわせ)に結構な時間が掛かりそうです
そこら辺の普通のショップでは多分空間等を考慮した計算が出来ないと思います
3次元CADが有れば考え方も楽なんだけどなぁ




名前:akai (URL) 編集

2011/09/06(Tue)21:31

yoisa くん

エビ管渋いでしょ~(笑)

最近は3Dベンダーの技術が発達しているので、機械でかなり高精度な曲げが実現
したので、逆にこんな古臭い外観が新鮮に感じます


また近々走りに行こう!

名前:akai (URL) 編集

2011/09/06(Tue)21:33

いしやんさん

1200Rとダエグってエキパイの取りまわしが合いませんか?
エンジンもフレームの基本も同じなので使えると思ってましたわ


名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ