Home  > ダエグ > 爆音君改めチョットうるさい君

爆音君改めチョットうるさい君

2011/11/03(Thu) 17:29

1_20111103160123.jpg


今日は祭日でゆっくりと出来る♪

何がって、作業が


仕事の合間や、仕事が終わってからではせわしなくて遊びに集中出来ないんよね


休みの日だと電話も掛かってこないし、ついでに途中で邪魔される事が無いから気楽で良い

俺、意外とデリケート(神経質)だから気が散ると作業がいい加減になるんよ


そんな訳で祭日の朝っぱらから工場のシャッターを開ける







2_20111103160122.jpg



サイレンサーの構造も色々と有りますが、もしも自分でウール交換をする時の参考にでもなればと、分解のやり方です


先ず、留めて有るリベットをドリルで頭を飛ばします
大体のサイレンサーに使用されているリベット径は4~5mmなのでそれ以上のサイズのキリを使った方が良いです

間違えても貫通して穴を広げないように!
ウッカリやると後で泣きます

それと作業中にサイレンサーシェルに傷が付きやすいのでガムテープか養生テープを貼って表面を保護した方が後で涙を流す確立が減ります






3_20111103160122.jpg



リベットの頭を飛ばしたらピンポンチ等で穴に残ったリベットカスを叩いて外す
中にリベットカスが入るけど、分解するんで問題ないです

ドリルでリベットの頭を飛ばす時に空回りして切れ無い時は余計な所を削らないようにサンダーで頭を薄く削って最後にニッパーやラジペンでチギリ取ればOK




4_20111103160121.jpg


今回、再びサイレンサーを分解したのには訳が有ります
サイレンサーの一番細い場所、赤丸で囲ったパンチング付近にウールが余り入っていないからです

仕事が終わってからバタバタしてて、あんま作業にも集中出来ず組み立てたからウールの詰め方が適当過ぎた








5_20111103160121.jpg


今回はウールを針金で巻き、パンチングをシェルに押し込む時にズレないようにした





6_20111103160147.jpg


よっしゃよっしゃ
これでバッチリや

針金で巻く
たったコレだけの作業を怠った為に酷い結果になってしまった
(これでも静かになる保障は無いんですがね  苦)










7_20111103160146.jpg



そしてシェルストレート部分のウールを巻いてみた

するとコレだけの空間が出来る事が判明

要するにコレだけウールが足りなかったって事ですわ







8_20111103160146.jpg



足りない部分は残っているウールを巻いて、更にそれでも足りない残りは、配管に使う保温材でまかなう

因みにこの配管用保温材は内径外径共に2stのサイレンサー内部にバッチリな寸法だったりして?!

僕のR1-Zのサイレンサー内部にはコイツが入ってます(笑)

しかもこの配管用保温材は圧縮整形されてるので耐久性は抜群だし、サイレンサーに入れ易いし、消音性能もバイク用と歌われる消音材と何ら遜色の無い性能を持ってます
しかも安い(笑)









9_20111103160145.jpg

で、コイツも針金で固定







10_20111103160145.jpg


ウールの詰め方ですが、ギュっと硬く巻くのと、ほわんと軽く巻くのでは音質が少し変化します
ほわんと巻いた方が音も丸くなると思う(ゆる過ぎると消音してくれないが)

それと一昔前のまだ2st全盛期では、サイレンサー内部に詰めるウールに一工夫されていた物が有ったって知ってます?
先程見たくパンチングにウールを巻くのでは無く、この画像のように細切れにしたウールをサイレンサー内部に詰め込んだ物が有りました
細切れを詰め込んだ方が消音効率が高いと噂されていました






11_20111103160206.jpg



しかし今回は細切れウールを詰める余地が無いのでこのまま飽きなければ何時か試してみようと思う



今度は内部ウールが満タンに詰まってるので、多少は静かになる事を祈る!










12_20111103160206.jpg



先程の分解に続き、今度は組み立て

ま、分解した逆に組み立てるだけですわ

でもココで一つ専用工具が必要になります

ハンドリベッター

ホームセンターでも簡単に入手出来ますので一家に一台どうでしょう?
買っても活躍する機会は少ないと思いますが・・・・

それとリベットのタマ
コイツは5mm径でSUSフランジ(本体)SUSシャフトと少々手ごわい相手です

普通のアルミフランジや、SUSフランジでもシャフトが鉄ならば差ほど苦労しません

何が手ごわいのかと言うと、SUSシャフトを引っ張り切る時に尋常じゃ無い握力が必要!

僕はあまり腕力は無いのですが、握力だけは強い方だと思います
右手で70kgチョイ 左で60kgチョイ(今はここまで有るかは知らない)
ちゅーか、皆は握力どれぐらいなんだろう?・・・友達に聞いてもみんな40~50ぐらいなんだけど・・・・?
70kgって普通?



とまぁ、握力70kgの僕が片手では引っ張り切れず、両手を使ってやっとこさギリギリ引っ張り切れるぐらいに固い!、それでも2~3本ほどブチ切ったら連続で残りのやつを切れる握力が残らない














13_20111103160205.jpg



完成

どれだけ音量が減ったかを確かめるのにインナーサイレンサーは抜いた

相変わらずウルサイに違いは無いが、耳を覆いたくなるような爆音では無くなった

インナーサイレンサーを抜いて、ウールを詰めなおす前にインナーサイレンサーを入れた時と同じぐらい

更にインナーサイレンサーを入れたら不通(?)の音になった 本気で許せるレベル!

良かった~









14_20111103160205.jpg



インナーサイレンサーもウールを巻きなおしてバンテージでウールの補強

でも暫くはインナーサイレンサーは抜いて走る

うるさいのを聞きすぎて、何がウルサイやら静かやら基準が解らなくなってしまった

最初より静かになったとは思うんだけど、次にメンバーと会った時に「激ウルサイわ!!」って言われるんだろうな・・・・

なんせ最初の一発目がマジで暴走族サウンドだったからなぁ

エンジンを掛けて「ガランガランガラン」て音はマトモな神経の持ち主では有り得ないだろ


やっぱこーゆー事をする時はゆっくりと楽しんで作業しなきゃいかんね




15_20111103160204.jpg



ウールの詰め替えで差ほど時間が掛からなかったから少しだけ仕事をして帰った



帰り道で思ったのは「やっぱりウルサイ」
でもサイレンサーって暫く使い込むと不思議と音色が落ち着くからそれを待とうと思う

それで駄目ならインナーサイレンサーをブチ込む

走行フィーリングは見た目通り下がスカスカ
ビートも下がモリモリって訳じゃ無いんでこんなモンかな?
出来ればシャシダイでパワーの出方を比べてみたいものだ

下は無いけど6000rpmを超えたらグワーン!となる
でもウルサイからアクセルを開けるのに躊躇してしまうわ(苦)
エンジンめっちゃ回ってるー!と思ったら4000rpmでした~みたいな(笑)


やっぱメーカーがシャシダイの上でテストしながら作った物は凄い!
改めてそう思いました






スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(11trackback(0

2011/11/03(Thu)21:34

ホンマに何でも出来てすごいですね

色々参考になるんですが、自分でやると中途半端になることがほとんどです 根気という部分を鍛えんとあきませんわ

名前:いしやん (URL) 編集

2011/11/03(Thu)22:45

我社に騒音計あるよ v-218
今度測ろうか (笑)

名前:ゼフア (URL) 編集

2011/11/03(Thu)22:56

お~頑張っていますね~
配管に巻く保温材は仕事で良く見ますね~
マフラーの分解の仕方、勉強になりました!

名前:yoisa (URL) 編集

2011/11/04(Fri)12:38

脱・爆音君お疲れ様でした。

ちょっとウルサイ君が馴染んでどう変わるか楽しみですね~。

SUSのリベットは、手作業だと痺れますね。

仕事でも使いますがエアリベッターに頼ってます。

名前:大吉 (URL) 編集

2011/11/04(Fri)19:43

いしやんさん

何でも出来そうに見られますが、出来る事しか出来ないですよ~

根気は僕も全く無いです!
ただ面白い事には没頭しちゃうだけです

名前:akai (URL) 編集

2011/11/04(Fri)19:45

ゼフアさん

数字で見るのは怖いんで遠慮します(苦)
それよりもシャシダイ持ってない?(笑)

名前:akai (URL) 編集

2011/11/04(Fri)19:46

yoisaくん

配管の保温材って意外とサイレンサーに使いやすいんですよ(笑)

名前:akai (URL) 編集

2011/11/04(Fri)19:49

大吉さん

SUSリベットは強烈ですね
握り方が悪いと指挟んで骨折しそうです><

近所ならエアリベッター借りに行くのに(笑)

名前:akai (URL) 編集

質問ですが…

2014/05/24(Sat)13:52

マフラーは何製のものなのでしょうか?

自作のものなのでしょうか?

近々TZR50Rネイキッド仕様2ストを買おうかと思ってるのですが、音がものすごいなんて聞いているので、簡単にできる方法探してます。

名前:よっさん (URL) 編集

2014/05/24(Sat)16:28

よっさん
こんにちは
これはナイトロレーシングのサイレンサーを改造したものです
TZR50ですか、懐かしいです^^
ものすごい音と有りますが、どこかしらのチャンバーが装着されていると言う事でしょうか?

音量をおさえるには先ずサイレンサーを正常に機能させる必要が有ります
もしもサイレンサーウールが抜けていたり、2STオイルでコテコテに汚れている場合には、内部の消音ウールを交換して下さい
サイレンサーのサイズにもよりますが、配管の保温材グラスウールが安くて使いやすく便利です

交換作業を行うにはサンダーか、ボール盤(リベットを飛ばす)と、リベットをかしめるリベッターが必要です
もしも難しいので有れば、某オークションにて 「汎用サイレンサー 2スト」で検索すれば色々と出てくるので、新品を買うのも手だと思います

貴重な原付2STギア車、大切に乗ってあげて下さいね


名前:akai (URL) 編集

2014/05/24(Sat)17:55

返信ありがとうございます。

いろいろな情報ありがとうございます。走るのは好きでも狩られるのはやなのでなるべく音が静かになればなぁと思ってます。

がんばってやって見ます。

名前:よっさん (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ