Home  >  > Y管

Y管

2011/12/06(Tue) 23:42

1_20111206230653.jpg



タイトルに有るワイカン
片仮名で描くとなんとも卑猥な響きの言葉ですね




そんな事はさて置き今日はY管でも作ってみようかと思う

このグライダーみたいな紙切れはY管を展開した巻紙です





2_20111206230652.jpg



それをパイプに巻いてマジックでラインを写します




3_20111206230644.jpg



ラインを写すとこんな感じですわ





4_20111206230644.jpg


金属を切る時にはかなりの熱が発生します
マジックで書いただけだとインクが蒸発して消えてしまいます

それじゃ困るのでライン上にポンチを細かく打って目印を残します

細かく打てば良いって物でも無いんだけど、逆に荒すぎるとせっかく精密に計算した展開が無意味になっちゃいます、この辺のさじ加減は慣れです

でも意外とメンドクサくて地味な作業ですわ










5_20111206230643.jpg



罫書いたラインをカットしていきます

切断したらこんな感じ

余談ですが近頃は三次元レーザーなる物が有りまして、こんな原始的な事をしなくともCAD・CAMに入力すれば凄まじく精密な切断が出来るようです
展開作業も実長を求めたり関数計算そしなくてもCAD入力だけで全てOKだとか

いやはや今の世の中って職人の存在意義が問われる時代なんですかね?
沢山勉強して腕を磨いてきても、有る程度の知識とコンピュータが使えれば、長年努力してきた事以上の事が出来ちゃったりします

とあるレーザー屋さんに展開の事で質問したら「今時電卓なんかで計算してたら仕事にならないですよ(笑)」だってさ
(ようするにCADが勝手に展開してくれるから細かいことは気にしないって事らしい)

ま、ウチはそんなハイテク機器が無いので雲の上の人と話をしてるような感じです











6_20111206230718.jpg



切断したパイプを溶接して繋いだ
展開計算のやり方は少し異なるが、コレを4方転びでピラミッド繋ぎすると集合管の4-1部分です
これだと4-2-1ですね





因みにこれはバイクのマフラーじゃ無いですよ















7_20111206230713.jpg

元となるパイプはΦ63










8_20111206230712.jpg



Y管の合流はΦ51となるように作った
実はこれ異径Y管です





9_20111206230712.jpg



切断してゴミになる部分を乗っけてみた

やっぱり何となく卑猥だ

スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:

comment(2trackback(0

2011/12/07(Wed)22:20

いやいやすごいですね、手で書いたとは思えない型紙!!ぴったり合うとこがすごい!経験のなせるわざですね!!

3次元レーザー!うちも何年か前からつかっています。時間のないときはパイプ切ってもらったりしますし便利ですよ。

うちは自分で型紙作りません、めんどくさいから(笑)レーザー屋さんに切ってもらいます。

名前:テクノファーム (URL) 編集

2011/12/07(Wed)22:55

テクノファームさん

手では書いてませんよ~
最近はCADで絵を描いて1/1でプリントアウトしてます
でも計算は電卓・・・・・


3次元レーザー凄いですね
複雑な切り込みのデモンストレーションを見たときに「あ、俺完璧に負けたな・・」って思いました(笑)

その他の複合機を見ても思います
「生身じゃ勝てない><」


名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ