Home  > ダエグ > 転んだからタダでは起きない!

転んだからタダでは起きない!

2011/12/22(Thu) 22:36

SN3Q0020_20111222212656.jpg




この前にブレーキのジャダーで少々頭を悩まされていた時に、なにやらよさげな出物を発見しました

勢いで「ポチっとな」してしまったのですがブレーキパットを少し削ったら問題解決してしまいました

あらまぁ、やっちまったなーパターンてヤツっすね

でもってウッカリと購入してしまったブレーキディスクが手元に届き、取りあえず振れ測定をすると
一枚は文句無しで完璧の状態
しかしもう一枚は見た目から怪しい・・・・
測定結果は×

いくら写真から判断出来ないとは言えこんな酷いスクラップを売るか?!

測定出来ない人が購入して万が一取り付けたら事故に繋がるぐらい酷い物でした








SN3Q0022_20111222212655.jpg



一枚はソコソコ極上なので良しとするが、もう一枚のゴミは見るだけで腹が立つ


そんな訳で、前からやりたかった事を実行してみる事にしました

先ずサンダーでフローティングピンのカシメを削り下ろして抜き取る


外したフローティングピンの太さを測定



余談な話かも知れませんが、純正セミフローティングディスクって触っただけではガタが無く「どこがフローティングなの?」って疑問に感じた事が有りませんか?

外観からは判断がつき難いけれど実はちゃんとしたフローティング構造なんですよ?

実際はカシメの隙間に皿バネが入っているのでガタが出てないがけなんです

たしか日本はディスクにガタが有ると駄目だと聞いた事が有る


でもせっかくフローティング構造になっているのにクリアランスはキツく強力な皿バネで圧縮されて固定されている為に本来の機能としてはどうなんだろうか?って所です










SN3Q0018_20111222212656.jpg



実は純正ディスクを普通のフローティング構造にして使ってみたかったのです

でも寸法を調べるにしてもスペアが無いとそう簡単に分解出来なくて
なんせ分解すると組み立てるまで走れなくなっちゃうし、勢いで分解してもその他の関連パーツで適合する規格品が無かった場合に自爆するのも困りもんです




そんな訳で外した純正フローティングピンの太さに適合するウェーブワッシャーを探し
同時にE型止め輪(通称Eリング)の寸法規格も調べる



見つかった
あるぞあるぞ都合の良い寸法規格が

外品のフローティングディスクにもウェーブワッシャーが使われていますが、それが独自規格なのか一般規格品を流用しているのか全く情報が無い
なんせフローティングピンの太さがどれぐらいかも解らないし



色々とパーツをワンオフ製作していますが、たまにぼそっと「売ってるなら買った方が安い」と言う理由がコレなんです

規格品が上手く適合する場合にはコストを抑える事が出来ますが、もしも無い場合には例えネジ1本やワッシャー1枚から製作するハメになります

なんせ一品物って規格外のパーツを作る事ですから

それじゃメンテの度に莫大なコストが掛かってしまうし、突発的に何か有った時に困るので消耗品等は規格品が適合するように図面を書きます

なんせ好き勝手に図面を書くだけなら比較的簡単です、でも決められた枠に収めつつ規格品を押し込むとなると色々な制約が出来てしまい好き勝手な絵を描くことが出来ません

あんま偉そうな事は言えませんが、物を作るのに当然ソコソコの腕が必要です
しかしそれ以上に世の中の規格をイッパイ知っていなければ製作の幅がもてないです

ベアリングやオイルシールなんて自分で作れませんし




SN3Q0023_20111222212654.jpg


分解して調べたフローティングピンの寸法を元に、ウェーブワッシャ等を組み付けた寸法を導き出して図面を書いた


今回はフローティングピンのみ製作するだけでOK
でも20個も削って作らなきゃいけない・・・途中で飽きそう



ウェーブワッシャーはSUSでバッチリな規格品を見つけたから良しとする



ちなみにanさんが愛用してくれているナビマウントは僕が好き勝手に絵を描いた為に規格外品のオンパレードです

僕が急死するとリペアパーツの入手が困難だと思います

あ、ほかのパーツの大半がそうなるんだな・・・

更に図面残して無いパーツは同じ物作ってと言われてもなかなか再現不能だったりして・・・


とにかく死なないように頑張ります

















スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(8trackback(0

2011/12/23(Fri)11:51

いくらか返金交渉してみたらどう?

「こんなのつけたら死ぬぞ」というのを、「風が吹けば桶屋がもうかる」みたいに長い論理にして相手に投げてみるです。

決して、「お前シネバカ」なんて感情的なことを書いてはいけませんぜ。w

名前:ハタ@東北のスーパースター (URL編集

2011/12/23(Fri)12:50

ハタさん

スクラップ覚悟で分解出来る材料を手に入れたと思えば「ま、いいや」って感じです

でもポチする前にちゃんと転倒暦や曲がり等の確認したのになぁ



「お前シネバカ」←僕はそんな下品で知性の欠片も見当たらない文句は絶対に言いませんよ(笑)

言うとすれば、紳士的に「裁判所でお会い出来る事を楽しみにしています。」と、お上品に書く程度です




名前:akai (URL) 編集

2011/12/24(Sat)07:58

今のローターはガタガタすぎて低速で走ってるとガチャガチャうるさいけど・・・あれが本来のフローティングなんやよね!

しかし・・・ぜったい死んだらあかんよ~!(笑)

名前:an (URL) 編集

2011/12/24(Sat)13:20

バイクの部品って命にかかわるものが多いので、よく分かってないと
下手な物には手を出せませんね(汗
改めてakaiさんの凄さを実感しましたヨ!

名前:Jimmy (URL) 編集

2011/12/26(Mon)10:40

何でもやっちゃうんすね~
タイトルの『転んだからタダでは起きない』かなり面白いです(笑)

名前:KDVfactory (URL編集

2011/12/26(Mon)22:10

anさん

フルフローティングも一長一短ですね

ハードブレーキの熱歪みには強いですが、熱膨張しない時は良くも悪くもガタです
この手のフローティングのガタはピンを軸とするインナーやディスクの摺動面の磨耗を促進してしまう諸刃の剣でもあったりします

高価なレーシングパーツは純正のソレよりも美味しい期間が短いってのが難点ですね
カッコイイから好きですけど

名前:akai (URL) 編集

2011/12/26(Mon)22:12

Jimmyさん


乗り物って自分の命を預ける物だから下手な事はやらないのが吉だと僕も思います

でもやっちゃうんだなぁ・・・・

名前:akai (URL) 編集

2011/12/26(Mon)22:21

kdvさん


自分でやれそうな事はなんでもチャレンジしますよ~
じゃないと自分の中での答えが何時までも見つからないし
でもKDVさんは僕以上にチャレンジャーだと思いますよ(笑)



それと転んだ場合には後悔するよりも自分にプラスになる方向に持って行った方が精神衛生上宜しいかと・・・・(笑)

元々気になっていた部分なので良いキッカケが出来ました
やらなきゃ答えは見つからない






名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ