Home  > 仕事 > ホッパー

ホッパー

2012/01/12(Thu) 22:59

1_20120112195953.jpg

これは去年の年末からの引き続きですがホッパーの製作です
納期は今月末・・・・

いくら去年(末)に図面を渡されたかと言っても、年末年始でバタバタしてるは現場にゃ出なきゃいけないはで殆ど手付かずでした
いつもの流れですが、一つを始末するよりも図面が増える速度の方が早い

ふはははははははは

笑うしか無いわな(爆)

取りあえずこのままじゃ間に合わない、外注さんに頼むとしても信用出来る所じゃないと頼みたくないし・・・・

あ!、あるじゃない!


このブログで知り合った腕の良い製缶屋さんが


大人の事情絡みで今回は名前は伏せさせて頂きますが、(解る人には解ると思います リンク先の・・・・)勇気を出していきなり製作依頼の電話してみました

そして僕のぶっきら棒な日本語にも係わらずOKを頂きました!(電話苦手です><)
Tさん、突然の電話に製作依頼を快く引き受けて頂き有難う御座います


そんな訳で一つ仕事が減り心にユトリが出来、気持ちを切り替えてホッパーの製作に取り掛かります









2_20120112195952.jpg


取りあえず仮止め

仮止めってのは溶接する前に点着けでパーツを組み立てる(形にする)行為です

一見簡単そうに見えますが、曲げ具合やら板の反りでチョチョイのチョイで組める訳では有りません
また適当な性格の人が(俺もだけど・・・)雑に仮止めすると本溶接の時に悪影響を及ぼし、ビートの乱れや汚い溶接を誘発してしまいます

難しい事は書ききれませんが、板と板の隙間を作らず点着けを酸化させない事が大事です
仮止めが下手な人は溶接が下手と言っても過言では無い(もしくは無責任)







3_20120112195952.jpg



なんて偉そうな事言ったら手抜き出来ないじゃないか!


ブログで見える所は美しく!

これ基本







4_20120112195951.jpg

取りあえず溶接してくっ付ける

これまた溶接しっぱなしじゃ具合が悪い
難しい理屈は抜きにして溶接ビートの上をハンマーで叩いて馴染ませる(表現が難しい)










5_20120112195951.jpg


これまた去年の年末にローラーで巻いたリングが今頃登場

ホッパーの直胴部分です







6_20120112200017.jpg




あんな事やこんな事をしながら仮止め

今この画像見ながら思ったけど、俺って一体何本ハンマー使ってんだ・・・?

気が付いたら何時も定板の上がハンマーだらけになっている気がする

似たような感じのハンマーでも微妙に形状が違い、時と場合によって使いやすい時と使い辛い時が有る

因みに全部俺の所有物
写って無いけどまだ他にも大量のハンマーを抱えています






7_20120112200016.jpg

仮止めしたら溶接

溶接するタイミングも他に何かを付けなきゃいけない場合や、段取り次第で順番が前後したりします

極力効率の良い溶接をしたいもんですが、最大効率で全てを順調良く進めるのはナカナカ難しいもんです











8_20120112200016.jpg


留め金具を取り付けるブラケット







9_20120112200015.jpg



先程のホッパーに取り付けるのですが、溶接すると金属ってのはもの凄く歪みます
特に隙間が多ければ多い程引っ張りが強くでてしまうので、極力ソレを排除するように擦り合わせて仮止めします








10_20120112200014.jpg




こちらはノッカー座の当て板

コイツの場合は溶接で引っ張るのを少なくするのは勿論、それよりも隙間が出来て溶接で引っ張るとノッカーの打撃振動でビートにクラックが走りやすくなります

溶接されて一体物に見えると外見からは全く判断されませんが、金属って物はあらゆる方向に張力が巡りそれのバランスで形になっています

説明するのが難しいのですが、外観からは張力が見えません
板一枚付けるにしても無理やりくっ付ける場合と、形状に沿わした形でくっ付けるのでは耐久性に大きく差が出ます

特にノッカー座ってモノは脱落してナンボ的な考え方な物ですが(だからワイヤリングしてある)お客さんにしてみれば少しでも耐久性が有った方が良いだろう
なんせ設備に不具合が生じると生産ラインが止まってしまい、凄いところでは一日うん千万円の損失を出してしま所も有ります








11_20120112200030.jpg



曲げRが合わない場合には納得行くまで当てビシとハンマーで修正する





12_20120112200030.jpg


これだけフィットしていれば大丈夫

今回はコニカルなのでこんなやり方ですが、普通の丸や角ホッパーの場合には先にノッカー座と当て板を溶接して歪み修正した後でホッパーに取り付けて溶接します

使用される環境にもよりますが、見えない部分で耐久性にかなりの差がでます






13_20120112200029.jpg


取りあえず現段階での溶接完了

明日は研磨屋さんに出して下磨きしてもらってから残りのパーツを付けていきます


先に全部付けちゃうと研磨屋さんが泣いちゃうんで・・・・

たかが小さいホッパー一つでも結構な手間が掛かります








スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(4trackback(0

2012/01/13(Fri)00:30

こちらこそありがとうございます!確かに電話では少し感じが違ったような・・・。

ハンマー分かります!!まあ私の場合ハンマーだけではなく気づけば品物よりたくさんの道具たちが定盤を占領している時も結構あります。

名前:テクノファーム (URL) 編集

2012/01/13(Fri)20:00

テクノファームさん

いやいやこちらこそ助かりました^^

初めてこんな話をする時はちゃんとお伺いして筋を通すべきとは知りながら、やっぱアポもとらずいきなり突撃するのは迷惑か?などと悩みながら電話したもので頭の中がちゃんと整理ついてなかったです
失礼しました


話しは変りますが、仕事に熱中していてフと我にかえると定盤の上やら回りが道具だらけになってますね(笑)

名前:akai (URL) 編集

tig溶接

2012/01/13(Fri)23:12

tig溶接懐かしい^^ 久々にやってみたくなりました。

名前:masa (URL) 編集

2012/01/14(Sat)23:50

masaさん

tigやってたんですか?
ぜひともコチラの世界へ帰ってきてください(笑)

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ