Home  > ダエグ > 補強

補強

2012/01/16(Mon) 21:14

SN3Q0001_20120116193125.jpg



Yさんから依頼されたスイングアームの補強です

補強材は前もって段取りしてあったのでソレを擦り合わせていきます






SN3Q0003_20120116193124.jpg



部材間の隙も殆ど無く良い感じに擦り合わせ出来たと思う






SN3Q0002_20120116193124.jpg



この補強メニューで一番神経を使うのが前側に位置する部分に付ける二本のパイプ

これって隙間無く取り付けようとすると地獄(何処にも逃げが無いと言う意味)なので入れるのに苦労します

ガタガタに作ると簡単に入るのですが、それじゃ余計な溶接歪みを発生させてしまいます

そんな訳で少しずつ慎重に擦り合わせをして、実際に合わせる時には、まるで知恵の輪のように滑り込ませて取り付けます

長けりゃ当然入りません

もしも短くなりすぎたら一からやり直し
短いのはスクラップ
材料も安く無いので精神的に大打撃を受けます






SN3Q0004_20120116193123.jpg




こちらも良い感じに擦り合わせが出来ました

もう何個スイングアームの補強をしているか覚えていませんが回数を重ねると流石にコツを掴みます


真正面から見ないと解らない事ですが、このスイングアームって左右対称じゃないんですよ

だからメインとなる左右の補強材は捻り角度が異なります
(取り付け位置は左右対称です)












SN3Q0005_20120116193122.jpg




良い感じに擦り合わせ出来た








SN3Q0006_20120116193132.jpg



今回塗装は受け持たなくて良いとの事で溶接部分の塗装剥離のみでOK


擦り合わせも大変ですが、もっと大変なのは塗装の剥離作業だったりして

この時期は水も冷たいので指がチギレそうになります・・・

一撃で塗装をキレイに剥がせる強力な剥離剤って無いかなぁ・・・?











スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(4trackback(0

2012/01/17(Tue)17:58

ベリーグッジョブです~^^
溶接前の状態ですね。ド素人の僕が見てもクオリティーの高さがうかがえます!
最終的には現物合わせで調整されてるんですね!
同じスイングアームでも精度が微妙に違うんですね?

名前:パンくん (URL) 編集

2012/01/17(Tue)19:50

パンくん

有難う御座います

スイングアームですが基本的な寸法は当然の事ながらみな同じです
しかしミリ単位や微妙な角度の違いで擦り合わせが若干変わります
それと個体差で極端に隙間が出来たり、また逆に定位置まで持っていけない場合等があります
同じスイングアームに見えて結構個性豊かですよ^^(一般的には全く同じと言いますが)

名前:akai (URL) 編集

2012/01/17(Tue)20:53

前側の四角の部材は、偏った位置に付いてたんですね。
真ん中にあるんだと思ってました。
やはりチェーン側の応力が大きいからなんでしょうね。
補強も応力の係り具合とかの考慮は、大変だったことでしょう!

名前:Nikkor (URL) 編集

2012/01/18(Wed)21:35

Nikkorさん



>やはりチェーン側の応力が大きいからなんでしょうね。


どうなんでしょうかね~
あえてオフセットするにはそれなりの理由があるんじゃないかな
恐らくNikkorさんの言っているように駆動との関連性が

有ると思います!(天津木村風)





名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ