Home  > ワンオフとその他 > すんません魔人

すんません魔人

2012/02/26(Sun) 00:34

SN3Q0018_20120225230456.jpg


再びスタンドフックを生産中です
この前にソコソコ数を作ったつもりでしたが、5色有るのでそれぞれの在庫を全て補うのは意外と大変だったりもする・・・
あ、在庫切らした言い訳にはなりませんよね、すんません
でも人気の有る色は無くなるのが早い
最初の頃は「一体どの色が好まれるんだろうか?」と思っていましたが、DAEGオーナーに限っての話かも知れませんが色をチョイスされる傾向ってのが解って来ました
でも割合的に良く出る色は解った物の、他の色も結構オーダーを頂くのでソチラを削り、人気の色を重点的に割り振る訳にもいきません

そもそも何時も「申し訳ありません、暫くお待ち下さい」となる根本的な理由は生産能力の低さに問題が有ると自覚しております・・・すんません

普通と言いましょうか、平成の世の中で一般意的にこの手のパーツって物はNC機やマシニングで量産してこそ初めて安定して供給出来て、更に一つあたりのコストを抑える物です

しかしながら僕の製造方法は時代に逆行しているかの如く(時代に乗れて無いだけ)オール汎用機で一つ一つの工程が手作業です・・
更に自分の自己主張が強く生産性を無視したデザインの為にどんどんとに工程が増えてしまい生産性を悪化させています、当然ながらそれが製造コストにモロに反映されてます

「スタンドフック一つで¥8.500-て高けーよ!」との意見も頂いています

僕自身も、もっと安く販売したい気持ちは有ります、しかしmade in chinaでは無く純粋なるMADE IN JAPANです

1つ限定とかの短距離スプリンター選手ならば利益度外視の驚きのプライスも可能ですが、ゴールの見えないマラソン選手で生きる自分にはこれが現状でギリギリ一杯の値段設定なんですよ・・・すんません

オーダーを頂いているのに、どうしても作る時間が無い時はマシニング屋さんに外注で作ってもらう時が有ります
100からのロットでは何とかやっていけます
しかし現状は在庫数等を考えると20とか30で一杯一杯の為に外注さんを使うと殆ど赤は必至
それでもオーダーを頂いた人を長時間待たせるのは嫌なので最終的には強行突破します

スタンドフックなんだからこんな形じゃなくても良いだろうとも思います
でもそんなんだったら何処でも売ってる物と一緒
それなら最初から作りたく無いです






SN3Q0022_20120225230455.jpg



お待たせしました
色々とグダグダと言い訳してすいません
週明けにアルマイト処理に出します

「申し訳有りません、在庫切れです」に対して「何時でも良いので出来るまで待ちます」と返事を頂いた時は嬉しいです
納品に(到着後かな?)に「良かった」とご一報のメールを頂けた時は心底励みになります
あ~、喜んでもらえた、良かった!

こんな自分に、日頃ご支持頂いている皆様に心より感謝致します
この恩は死んでも忘れません





ま、死んだらメモリーリセットですけどね



スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ