Home  > ダエグ > 取りあえず付けた

取りあえず付けた

2012/03/03(Sat) 22:19

1_20120303204211.jpg

今日は久し振りに良い天気だ

やっとアンダーカウルを付けれた





2_20120303204211.jpg

うん、違和感も無いし普通にカッコイイんでない?






3_20120303204210.jpg



そしていきなり工場へワープ

昼過ぎまで仕事をして、午後からは遊ぶ
だって俺一人なんだもん・・・・




この前に溶接したエキパイです
溶接焼けがキレイに落ちているのは酸に漬けていたからです

ステンレスってピカピカのイメージが有るかも知れませんが、実は大半のステンレスは磨かないとつや消しシルバーと言うかただの白なんです
(光ってるのもあるよ)






4_20120303204210.jpg



スプリングフックの位置決めの為に仮に装着します





5_20120303204209.jpg



よっしゃ、これで付けれる



6_20120303204248.jpg




しかしサイレンサーステーの長さが合わないんよね
ビートのヤツを強引に付ける事も可能だけど、コイツに使った場合に取りつけ角度の見た目が好きで無い

仕方が無いから作るか

で、採寸して図面を書いた




7_20120303204247.jpg

SUS304 Φ10.5の薄パイプを切断


8_20120303204247.jpg


「サイレンサーステーを作って」との依頼がちょくちょく有るので専用の製作冶具を作ったのだが、まさか自分の為に使う事になるとは思いもしなかったわ





9_20120303204247.jpg


先程切断したSUSパイプを曲げる




10_20120303204246.jpg


後は冶具に乗っけて溶接すれば完成



確かにステー1本でも無いと困るので自分が本職で良かったと思う



11_20120303204328.jpg


時は流れ夜になり、取り付けて完成

材質がSUS304のピカピカで有ろうが何で有ろうが黒に塗装

普通の条件なら錆びないので塗装がチッピングしたって怖くない











12_20120303204328.jpg




・・・・・・・


集合前が賑やかだから何とも中途半端だね









13_20120303204327.jpg



賑やかでカラフルなエキパイもアレだが、サイレンサーのシルバーが際立って目立つな


ガラスビーズでショット掛けて作ったエキパイをマットシルバーにしてみるか?


今日はもう考えるのが面倒くさいからまた今度考える








14_20120303204327.jpg


因みに作ったエキパイは耐熱塗料で塗装していますが、耐熱ブラックは自然乾燥させただけでは表面が柔らかくて少しべた付きが残ります

取り付けて排気の熱でも表面が硬化してきますが、ストーブの前に小一時間ほど放置して強制的に硬化(乾燥かな?)させると、取り付け時に指紋を付けずに済みます


あ、 あえて黒くするヤツ居ないか・・・・




取りあえずまぁ、帰りに走った感想は3000~4000RPMまでのトルクが細くなってるのに気付く

サイレンサーの口径がデカクて短いから予想はしていた

でもエキパイはソコソコの長さを持たせているので、エンジンの回転が上がりだすと流石に速い

考え方によっては下のトルクが有る程度細い方が扱い易い場面も有る
でも今まで慣れ親しんだトルクが無くなるってのは嫌なもんだね

パワーバンドに入るまでかったるいし



















15_20120303204326.jpg

で、お家に帰り有る物を取り出す


コイツはベンチュリーです

いっぱいエキパイを作って遊ぶのも楽しいのですが、材料代だってバカにならない

そんな訳でサイレンサーの短い分は、テールパイプエンドにベンチュリーを設けてサイレンサー内部の通過排気流速を上げてやろうと思いアルミで削り出して作ってました



理屈は、流速の早い排気ガスの後ろには負圧が生じる、です

画像じゃ解りにくいですが、内部は微妙にファンネル形状です










16_20120303204355.jpg

取り付けるとこんな感じ

テールパイプ本体は末広がりのメガホンで、パイプエンドで絞っている2stのチャンバーをなだらかにしたような感じの構造







17_20120303204354.jpg

サイレンサー出口から見るとこんな感じ
なんと無く微妙に見えるのですがコイツが効いた
発進時のトルクの細さが影を潜めて低速が扱い易い
気になっていたパワーバンド前のかったるさも良くなった
回りだした時のパワフルさもスポイルされていない

例えて言うならば、全く何もしていないビートマフラーと同等の特性に近い(シャシダイに乗せて無いから詳しい事は解らん)
このベンチュリーは何となくこんな感じ?みたいな寸法で作りましたが、もっと煮詰めれば更に良い結果が得られる予感
付ける前と付けた後では排気口から感じる脈動の変化も確かに違う
取りあえずエキパイはコレで暫く行く
後は内部ベンチュリーを何種類か作って色々と試してみようと思う



色々と実験してみてコレだけは言える事が有る
アフターで売られているフルエキは一式でコンプリートで有り、そして完成形で有る
全ての人が体感出来るかどうかは不明だが、エキパイにせよサイレンサーにせよ、全長及び内部抵抗が変わってしまうと出力特性までガラリと変わってしまう

ほんのチョット悪戯をして、それを本来の特性に戻すのは結構苦労します



面白いけどね(笑)




スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(12trackback(0

2012/03/04(Sun)01:15

この勢いで エキパイ黒に塗りそうやね!(笑) かっちよいいな~!

名前:目玉オヤジ (URL) 編集

2012/03/04(Sun)15:46

アンダーカウルのツートン、すごくいいですね~!
純正のデザインとよくマッチしてますよ~!
作ったエキパイまで黒にしちゃうとは、ビックリです。
でも、すごく新鮮でいいかもです!

名前:Nikkor (URL) 編集

2012/03/04(Sun)17:02

たぶん黒になるんでしょうね~!? エキパイ!(笑)
また、一段とカッコよくなりそうですね!

名前:gaku (URL) 編集

2012/03/05(Mon)07:40

アンダーカウルかっこえ~ですね~
ステーもakaiさんが作ったやつカッコいいですよ~
僕もいつか依頼したいです~!!!
そして、マフラーの話、面白いです!次の記事も楽しみにしてますよ~!!!

名前:yoisa (URL) 編集

2012/03/05(Mon)12:17

目玉さん

塗りそうな勢いです(笑)
前から一度黒エキパイにしたかったんですよ
ラッカーぶっ掛けり簡単に色も落とせるし

名前:akai (URL) 編集

2012/03/05(Mon)12:20

Nikkorさん

何となく全体のカラーバランスが良くなった気がするでしょ?
一つ触るとアレもコレもやりたくなっちゃいます

名前:akai (URL) 編集

2012/03/05(Mon)12:24

gakuさん

あら解ります?(笑)
ハカイダーが乗ってそうなチョイ悪バイク目指します(笑)

名前:akai (URL) 編集

2012/03/05(Mon)12:25

yoisaくん

アンダーカウルええ感じになった出しょー?
材料段取りしとくから時間が有る時においでー

名前:akai (URL) 編集

2012/03/05(Mon)20:50

おわぁ(@_@;)
アンダーカウル、めっちゃかっちょ良くなってるやん!!!
こういうことだったのねぇ・・・。
なんかとっても良い感じで進化して行ってるネ。
akai号の今後が楽しみです。

名前:Jimmy (URL) 編集

2012/03/05(Mon)23:30

Jimmy さん

一応カーボン繊維なので全部塗るのは勿体無いかな?なんて思いまして

名前:akai (URL) 編集

2012/03/10(Sat)12:44

すごくカッコいいdaegですね!
自分もdaegに乗ってますが、こんなすごいdaegがあるなんて…。
これからもブログ読ませて下さいm(_ _)m いきなり失礼しました。

名前:gen (URL) 編集

2012/03/10(Sat)23:58

genさん

有難う御座います
脱線、迷走、節操無しブログですがこれからも宜しくお願いします

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ