Home  > ワンオフとその他 > 何て事ない話

何て事ない話

2012/03/08(Thu) 22:00

1_20120308210221.jpg

新しいエキパイにベンチュリーを仕込んでからかなり良い感じに加速してくれるようになりました
サイズの差が数mmなので殆ど同じに見えますが、左が新しく作ったファンネル形状の物で、右がR1だけ大きい多段テーパーでエンド部だけチョイファンネル仕様

どちらも甲乙付けがたいのですが、採用決定は多段テーパー仕様にしました
見た目的にはファンネル仕様の方がカッコイイんだけど、実際に走り比べると何となくだが多段テーパーの方が吹けが良いような気がする
正直微妙な差でひょっとすると同じなのかも知れない、でも選んだ方が気持ちよい気がするんだわ
形状の違いも有るけれどこの微妙な差は内径の違いから来るものだと思う
両方の差って言ってもたったR1(直径で2mm)しか無いんだけど、このたったR1がボーダーラインみたい
何も付けないと抜け気味 ファンネル型ベンチュリーだと本当に若干だけど吹けにダルさが出る




SN3Q0002_20120308220453.jpg




直径で2mmって、二つを重ねても本気で微妙な差なんだけど
だからって発進トルクや低回転のトルクが良くなると思いけば、それが全くなにも差が感じられないってのが面白い
シャシダイに乗っけて出力チェックしてる訳じゃないからいい加減なもんですけどね








2_20120308210220.jpg



もう一つ遊んでみたかったのがバッフル
付属していたバッフルは極端に穴が小さいのでボーリングして内径を広げてみた
もはやバッフルの意味無しのように見えるが付けると落ち着いた音質に変る、でも音量は余り変らないかな?


それでまぁ、バッフルの有る無しで音量や音質変化を確かめるのにアイドリング状態で排気口にバッフルを近づけると「すぽっ!」と音と共にバッフルが排気口の中へ吸い込まれて「カツッ!」と金属の角がぶつかる音が・・・

Σ?! あらら・・・・




3_20120308210219.jpg


結局はバッフルもベンチュリーなんよね
アイドリングとは言え、勢い良く排気が流れるマフラー出口にバッフルを持っていったもんだから、バッフルに排気が通過した瞬間に自ら発生させた負圧で排気口の中に飛び込んでしまった
結構な勢いで引き込まれたもんだから、入った奥で角が効いてしまい、引っかかってなかなかとれなかった
入るのは一瞬だったのに何故か出すときは知恵の輪・・・



バッフルが無い方が当然吹け上がりは早いんだけど、全体的にトルクフルになるね
特に2000rpmぐらいをキープして走る時は嫌なシャクリも出にくくなって走りやすい
ゴーストップの多い街中じゃコッチの方が走りやすくて楽しそう

こんな事やってて感じた事は、普段何気に見ているフルエキって実は物凄い物なんだなぁと思う
全ては絶妙のバランスの上で成り立っているんだと


スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(2trackback(0

今日帰りに見かけた

2012/03/09(Fri)00:28

今日帰りにテクテク歩いてたら横を通過するバイクが・・・
とっても静かでした
雰囲気は悪くなかったですが・・
目の前でストップランプが点灯 気づいたかなと思ったらスルー あっ!交差点ね!・・スピード落とすんだ・・ 

名前:コテツ (URL) 編集

2012/03/09(Fri)23:36

コテツさん
え、そうでしたん?
全く気が付かなかったです
でも昨日も帰宅するの相当遅い時間でしたよ?

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ