Home  > プライベート > もう少し

もう少し

2012/03/09(Fri) 23:18

1_20120309221358.jpg




箱に足をつけた
だんだんとソレっぽく見えるようになった


日中に来るお得意さんはコイツを見るなり「これってサンドブラストとちゃいますん?」
みんな良く知ってるなぁ
そこまでは良いのだが居合わせた社長が「コイツこんなんばっか作りよるねん・・・絶対バイクの部品ばっかブラストしよるで・・・・」と、半分呆れた様子

いやいや何言うてんの!仕事やて仕事!仕事につかうねんて!

因みにバイクも俺の仕事だし・・・・みたいな
つーか、バレとる

小さい物なら誤魔化しも効くが、流石にこのデカさになると目立って仕方が無いな







2_20120309221357.jpg


当たり前の事ですが、日中は真面目に仕事をしてますよ
コイツを組み立てるのは17時を過ぎてから

箱本体に足が付いたので蓋の取り付けに掛かる








3_20120309221357.jpg


取り出すのはSUS304のちょうばん
因みにタキゲン製
この仕事をしているとタキゲン製品を良く使います、あえてカタログを見なくとも大体の製品が頭の中に入っている自分が嫌になる







4_20120309221356.jpg


ちょうばんを仮に取り付けてパッキンの縮み代などの確認
一応計算では5mmの縮み代を見ているが、曲げの具合等で微妙に当たりが変る時が有る
パッキンが5mm死んだ状態をフラットバーなどをかまし再現して





5_20120309221355.jpg


間違いが無い事を確認後に溶接で殺す
製品の場合はちゃんとボルト取りにしますが、自分の物なのでこの辺は手抜き
その代わり溶接で殺すとミスった時に地獄を見る事になるんで調整は慎重に・・・・

ついでに扉の開き止めも溶接しとく






6_20120309221435.jpg



今度は扉を締める金具を付ける前に、パッキンの現物を貼り付けておく





7_20120309221434.jpg

中空のD断面モールドスポンジゴムパッキン






8_20120309221434.jpg



中からパッキンの当たりを確認する

うわちゃ~
135度の角も止め合わせで角度切して張り付ければよかった><
長手一本で貼り付けたから角が丸くなって少し空いてしまった
貼り直し決定、またパッキンを買わなきゃいかん

その他はええ感じでキレイに当りが出てる





9_20120309221433.jpg



次に取り出すのはまたまたタキゲンのパッチン錠





10_20120309221433.jpg

これ便利でええねん
調整代が大きいし、強力にロックしてくれるからほんま使いやすい


密かにタキゲンのファンだったりする








11_20120309221509.jpg



大よその溶接も終わったしキャスターを取り付ける

先にコイツを付けちゃうと、溶接の時にアースを取り忘れて強烈な電撃を食らっちゃう時が有ります

マジで痛いです><






12_20120309221509.jpg


このまま勢いで完成させてやろうかと思いましたが、ボルト類や細々した部品を手配するの忘れてた  テヘぺろ






13_20120309221508.jpg


仕方が無いので付けれる物だけ付けてしまう





14_20120309221508.jpg



レギュレーターも付けた
ありゃ? 微妙に高さが狂っとるな・・・・何処で勘違いした?
ま、これも愛嬌
(多分シルバーのリング一本引き忘れた)











15_20120309221507.jpg

お次は内部

これでエアーさえ繋げば何時でも吹けるぞ


あ、ロストルも作らにゃいかん






16_20120309221536.jpg



何とも威風堂々とした立ち振る舞い
ちょっと高すぎたかな?
身長180の俺が立って丁度良い高さに設定しているから、俺よりも身長の低い人はメチャクチャ使い辛いだろうな

ヘタすりゃ窓から中が覗けないかも?
腕を突っ込む穴も自分の肩幅と腕の長さに合わせているから他人には不条理な設計だと思う
俺、日本人平均よりも手が長いから
足もチン○コも(これはウソ><)




17_20120309221535.jpg



気が付いたらもうこんな時間かよ
どーりで腹が減った訳だ



家に返ると娘と長男が、「3DSのインターネットでJP-akai検索したらパパのブログ見れたでー!」って・・・

いやぁぁぁぁぁぁぁっ!見ないでー!><
お父さんのバカさ加減がバレちゃうー!


なんとも恐ろしい世の中になった物ですね

スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:プライベート

comment(13trackback(0

2012/03/09(Fri)23:47

かっこよくなってきましたね!

自分で作るとこがすごい!

実はうらやましい、僕もほしい!

名前:テクノファーム (URL) 編集

2012/03/10(Sat)09:11

もの凄くかっこいいのが出来ましたね。
サンドブラスト、私も欲しい!
・・・こういうのが置けるガレージが先かな?
使うのが楽しみですね。

今回の記事、子どもに見られたら恥ずかしいかも・・・
「チ○コ」って・・・
お父さんの威厳の危機ですよ(笑)

名前:くへどん (URL編集

2012/03/10(Sat)13:18

最後笑えました~子供達にみられるようになりましたか~
でも、親父がどんな仕事してるのか分かって尊敬されますよ~

名前:yoisa (URL) 編集

2012/03/10(Sat)16:31

やっぱりデカ!(笑)
でもせっかくなので、自分のサイズに合わせて作った方が、使い勝手いいですものね!
これで処理すると、製品がどんな仕上げになるのか楽しみです。

我が家の子供達は、私のやってること見て、すでに呆れてる様です。(汗)

名前:Nikkor (URL) 編集

2012/03/10(Sat)19:33

こんばんは、1月にゴールドのローラースタンドフックを購入したものです。(と言ってもたくさんいるから分からないですかね‥‥)
子供さんたちのブログの感想はどうでしたか?後で聞かせてください。
ところでサンドブラストはどういったものかは分かるのですが、バイクの部品にはどのように使うのですか???(無知でスイマセン)

名前:グリーンモンスター (URL) 編集

2012/03/10(Sat)23:48

テクノファームさん
えーでしょ^^
テクノファームさんなら簡単に作れますよ

名前:akai (URL) 編集

2012/03/10(Sat)23:54

くへどんさん

ブラストは有ると何かと便利です

このサイズになると自宅には置けませんね・・・
コンプレッサーも大きくないと吹きっぱなし出来ないだろうし

因みに伏字っぽく見えて実はモロにチン○コと書いてます

○が無いと不正な投稿扱いされるんすよ・・・・(怒)

名前:akai (URL) 編集

2012/03/11(Sun)00:02

yoisaくん

帰宅してブログの事言われた時にヒヤっとしましたよ(笑)

名前:akai (URL) 編集

2012/03/11(Sun)00:07

Nikkor さん
自分で作りながら「ぅわデカ」って思ってます(笑)

ブラストも吹き付けるネタによって仕上がりが違うので、完成したらアップしてみようと思います。

楽しみに待っててくださいね

名前:akai (URL) 編集

2012/03/11(Sun)00:46

グリーンモンスターさん

この度は有難う御座いますm(__)m

1月でしたらK.Mさんでしょうか?
間違っていたらごめんなさい・・・(汗)


子供達の感想と言うか日頃の疑問は「お父さんて何の仕事なん?」らしいです・・・
日頃営業に回っているお得意さんの大半も「akaiさんて一体何屋なんですか?」と謎らしいです・・・


サンドブラストの機械は、高圧エアーで研磨の粒子を対象物に吹き付けて錆びを落としたり、塗装の下地を作ったりする物です
また吹き付ける粒子にも色々な種類が有り、化粧仕上げではガラスビーズを対象物に吹く事により光沢の有るザラっとした質感を演出する事が可能です
レストアやカスタムでクランクケースのカバー類や空冷エンジンの放熱フィン等に良く施されていたりします

ノウハウも全く無いのでショットピーニングのようなテクニックを狙っている訳では有りません

名前:akai (URL) 編集

2012/03/12(Mon)14:47

こんにちは、ピンポーン正解です。KMです。

子供さんたち、お父さんの仕事はバイク屋さんだと思っているのでは‥‥。

サンドブラストは家に持って変えるのですか?

名前:グリーンモンスター (URL) 編集

2012/03/12(Mon)14:53

あっ!すいません誤字が(汗)
持って変える⇒持って帰る、でした。

名前:グリーンモンスター (URL) 編集

2012/03/12(Mon)21:02

グリーンモンスターさん

ま、バイクのパーツも作ってるのでソレはそれで間違いじゃないんですけどね(笑)
ただ色々やるので何屋なのかは僕的に説明が難しかったりもします


メインは製品の化粧仕上げに使うつもりなのでボックスは工場に置いときます
それとこれだけデカいと邪魔になるし^^;

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ