Home  > ダエグ > 手直し

手直し

2012/03/15(Thu) 22:00

SN3Q0001_20120315211825.jpg


去年のいつ頃か忘れたけどR1のラジエータを流用して取りつけた

別に失敗作って程でも無いんだけど「あぁ、ここはこうやれば良かったなぁ」等と反省する所が有る
何が気に食わないかと言うとリターン側の配管の角度だ
画像では既に切断して角度調整して有ります 緑のテープで仮固定中

コレ年式は違うけど同じR1ラジエーターです
年式が変ると見た目が似てても全くの別物ですね




SN3Q0002_20120315211824.jpg

これは去年に取り付けたヤツですが、入り側の配管角度がエルボで曲がってたのを切断して溶接で真っ直ぐに修正して有ります


この不細工にひん曲がったステーには、実は秘密が・・・・





SN3Q0003_20120315211824.jpg

コイツは最初からストレートでした
仕事が一つ減ってラッキー♪

それとサイドタンクの形状が微妙に違い分厚くなってる





SN3Q0004_20120315211823.jpg


この角度から見ると

SN3Q0005_20120315211823.jpg


タップ座の位置関係や有無にも違い有り

取り付けステーをまた作り直さなきゃいかんな・・・
仕事が増えた、最悪><

R1には必要なウォーターラインやラジエーターキャップもダエグには必要ないので片っ端から肉盛溶接して埋めたった

因みにこのラジエーターはごっつ冷えます
この寒い時期には邪魔板が無いとオーバークールで走れません
邪魔板が付いていても高速道路で流すと水温は64℃~72℃をさまよう、半端な速度なら常に60℃後半
ま、エンジンをブン回せば適度に水温が上がりますけどね

コイツの調子が出だす水温は最低68℃以上
70℃チョイ上ぐらいなら下も上もスムーズで絶好調に気持ちが良い、しかし水温68℃を下回りだすと低回転の安定性がよろしくない
だからってこれ以上邪むやみに魔板を大きくすると、下道の渋滞にハマった時に、例え寒い冬で有ろうと地獄を見る事になる







スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(2trackback(0

2012/03/15(Thu)23:38

お~ ラジエター交換するんや~

その年式のR1のラジエターは まさやんとか 忍○が 流用してるやつやね~

ええな~!

名前:目玉オヤジ (URL) 編集

2012/03/16(Fri)23:31

目玉さん
あらま、そうなんですか?
まさやんのはR1に似てるなぁと思ってましたがやはりそうでしたか

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ