Home  > プラモデル > まぁまぁかな?

まぁまぁかな?

2012/04/17(Tue) 22:40

1_20120417213252.jpg



バラバラに切断した足首部分も形にしていかなきゃならない

ん~・・細かい事を何も考えずイメージだけで切断したのでちゃんと形に出来るかが心配だ

分割して稼働させたいので幅や長さ等の辻褄合わせをします

1mmのプラ版を2枚張り合わせてパーツにサンドイッチして接着





2_20120417213251.jpg

後は接着が硬化するまで待つしかない
続きは明日だな(昨日の晩の話)









3_20120417213250.jpg



所が最近少々不眠症気味でなかなか寝付けなかったり、夜中に目が覚めてそれから寝れなくなったりと苦しんでおります

本日も例の如くAM4:00頃に目が覚めてしまいました

寝たいのに寝れないとイライラとします・・・><


そうだ、どうせ寝れないなら趣味に没頭するのも良いんじゃないか?
考え方をすこし変えて、寝る努力を止めて遊んで時間を潰す事にした


接着もソコソコ硬化してるので強行突破で削る

ヤスリで大体の形を整形して、ポリパテで甲羅の延長

その他色々とやっていたら気付くと出勤時刻
半端に寝て寝不足気味よか遥かに清々しい朝だった





4_20120417213249.jpg



仕事から帰ってきて飽きもせず再開

仕事でボール盤使って、帰宅してミニボール盤
俺絶対アホだ

因みにこの卓上ボール盤は義理の親父から誕生日の時にもらった
一体なんでボール盤だったんだろうか未だに謎です、トルクが無いので硬く粘る物には太刀打ち不能ですが、プラモデルの時にたまに役立ってます




5_20120417213247.jpg




しかも刃物は何故かエンドミル
プラスチックは柔らかいのでMAX回転でZお下ろして固定して、ワーク(この場合はプラモデルの部品)を手で持って動かすとNCフライスのように加工出来る(精度は当然無い)
今回はΦ3エンドミルをトロコイド加工風に手で動かしてΦ3.8(約)まで広げた

因みに卓上ボール盤とエンドミルの正しく無い使い方です



6_20120417213343.jpg


よーし、よーし

股関節部分はコレでイケるだろう







7_20120417213342.jpg


コツコツ仕上げた部品が本当に上手く機能するかを仮に組んで作動チェックします

部品単体ではチェックしてますが、アッセンで確かめるのは初

何だかワクワクします






9_20120417213340.jpg

よし、ちゃんと着いた

まぁ多分普通の形のはずだ


8_20120417213341.jpg

足を伸ばしてみた・・・・

ぅわ、キモッ!


コレはありえん





10_20120417213339.jpg



キット標準では屈伸はともかく、スフィンクスみたくこんな感じにしかならない





11_20120417213414.jpg


俺がやりたかったのはガニマタ!
猛禽類が大空から獲物目掛けて飛び掛るかのような躍動感溢れたポージング!

って言ってもモンスターがアグレッシブに動き回ったら気持ち悪いけどね

詳しい事は解らないが、コイツってアニメの中ではデカ過ぎて動きが鈍かったらしい?・・・
みたいな事が箱に書いてある







12_20120417213413.jpg


中途半端ながら歩かせてみた

やはり半端過ぎて不気味だ

イマイチ良く解らないと思うけど、関節をいじらなきゃこのポーズは取れません
股関節・膝・足首、全てを捻らせていますが、外観上知らない人がみても全く違いが解らないってのが素晴らしく悲しい事実
コレが必殺の自己満足ってヤツですけどね







13_20120417213411.jpg



足首も少しは立体感が出たかな?
でもどーやって4つのパーツを単独で動けるように一つに纏めるかだ
コイツも各部分がソコソコ自由に動いた方が面白いだろうと思う

でも構造的な物は全く何も考えていない







スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:プラモデル

comment(2trackback(0

2012/04/18(Wed)22:30

akaiさん、何でも出来ちゃいますね。
本当に器用です。
まさか、間接作っちゃうなんて・・・。
完成楽しみですね。

名前:くへどん (URL編集

2012/04/20(Fri)20:37

くへどんさん
作ったってよりも流用です~

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ