Home  > バイク色々 > ホースラインの変更

ホースラインの変更

2012/05/29(Tue) 20:42

1_20120529200116.jpg



ある日一つの荷物が届いた

なんじゃこりゃ?





2_20120529200115.jpg


恐る恐る梱包を開くとアルミパイプの両端に蓋を溶接して細いパイプが数本付いている奇怪な二つの物体が・・・

取りあえず爆弾や危険物では無いようなので一安心ですわ


しかしコレって一体・・・・・















などとスッ呆けてても仕方が無いか
キャッチタンクですよねどう見ても








3_20120529200114.jpg




なにやらリターンホースの取りまわしが悪く、ホースが足に当るようです
その不具合を何とかしてみようってのが今回の依頼

でもね、自慢じゃ無いがSUSは比較的色々な材料が豊富だがアルミって殆ど無い

必要なのは数センチだけど、注文の時に50mmだとか100mmって言うのが恥ずかしくて
「1メータ」などと見栄を張って注文してしまった 一体俺は誰に見栄を張っているんだと電話を切った後に反省
でもどーせ直ぐに何かに使っちゃうんですけどね(笑)


※極少量すぎると切断料及び配達料の方が高いってのも理由の一つ





4_20120529200112.jpg



正直な話、欲しいのはパイプなんですが、先端の抜け止め加工する機材が無いし、おまけに2種類のサイズが必要なので棒を注文して旋盤でそれぞれを削り出す事にした







5_20120529200117.jpg



取りあえず要らない物は切断して、新たに変更するラインに穴を開ける
考えすぎかも知れないが、付け替えるパイプが妙に卑猥に見える



6_20120529200152.jpg



今度は開いた穴を溶接で肉盛って塞ぎ、新しいパイプもくっ付ける
薄いから油断するとデロッと逝く
慣れのせいも有るだろうがSUSの方が溶接しやすい(俺的に)






7_20120529200151.jpg



肉盛で不要な部分を削り下ろして仕上げ、最後に全体を磨き直して完成

深い傷は消えないけれど、細かい傷は消えてピカピカになりました




スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(4trackback(0

2012/05/29(Tue)22:30

流石!

ちゃちゃっと仕上げちゃうんですね!

感謝感激です

名前:KDVfactory (URL) 編集

2012/05/30(Wed)20:03

私もSUSの方がやりやすいです。

厚いとガンガン熱入れな駄目ですし、薄いと急にデロッていくし、不純物嫌がるし、音うるさいし、傷はいりやすいし・・・。あげるときりありませんね。

名前:テクノファーム (URL) 編集

2012/06/01(Fri)12:42

kdvさん

手直し終りました

名前:akai (URL) 編集

2012/06/01(Fri)12:47

テクノファームさん

小さいのはマシですが、質量の大きいアルミを溶接する時は色々とたまらんですよね(笑)
後、砲金の溶接も嫌い(笑)

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ