Home  > 仕事 > スクリュー

スクリュー

2012/08/09(Thu) 19:02

1_20120809180612.jpg

スクリューフィーダーのシャフトの続きです

こんな事をやりながらも昨日は昼から別の現場の打ち合わせでまた工場を空けてました



あのさぁ・・・・
なーかなか前に進まないんだけど><





2_20120809180612.jpg



羽をシャフトに巻きつけていくんですが、今回のヤツは設計が意地悪だ
途中で急激にシャフトの太さが変化する
しかもこのサイズで板厚t-3て・・・
一体どんなムチャをする気なんだ?!




3_20120809180611.jpg

スクリューは2台作ってます
1台はオーダー品
もう一台はウチのテスト機

テスト機スクリューは一体何本目だろうか・・・
せっかくウチ専用のを作っても社長が直ぐに売っちゃうんだもんなぁ・・・・
その度新しいギミックを搭載したり進化していってるんで良いんだけどね

でもテスト機がなきゃ新規のお客さんに説明が難しいんだぜ?

このブログを見てる人でプラントの生産現場の人は居ないと思うんだけど、もしもスクリューフィーダーでお困りの事や、洗浄性の高いスクリューをお探しの場合は一度ウチの工場に冷やかしに来てやって下さい
もうチョイしたらテスト機が出来ますんで
公に全てをお見せ出来ませんが、今回のは洗浄性・メンテ性・拡張性に大変優れております

良く有る新しい品種に対応するのに、「今の機械では対応出来ない!困った!」を最小限の出費と早い納期で改善して見せます!それぐらい融通の効く拡張性に優れたスクリューフィーダーです!

でも来るのが遅いとまた社長が何処かに売っちゃうんでお早めに!






4_20120809180611.jpg





設計のいやらしい思想部分も問題無くクリア




5_20120809180610.jpg


溶接って大工さんが釘を打つのど同じような感じなんですが、ただ問題なのが溶接熱による歪みなんですわ、ましてスパイラル状にシャフトを溶接するもんだから好き勝手に曲がってます、これを如何に真っ直ぐに戻すかが職人の腕の見せ所なのかも知れません

方法はシンプル
焼いて急令

クソ暑い真夏に外でアセを使うのは真性マゾだ









6_20120809180648.jpg


寒い時期は脚にビニールぐるぐる巻きだけど、夏の特権サンダルに裸足でヒャッホー!
仕事どーでもえーわ!めちゃ気持ち良いし~!


最近何となく思ったんだけど、暑い時は常にサンダルで仕事してるし、机の周りは趣味で一杯・・・
俺ってこち亀の両津とあんま変わらんよな・・・・

遊びが主体の大人ってこんなモンなんかな?
一応真面目にやってるつもりなんだけどさ・・・・




7_20120809180648.jpg
最終確認中


8_20120809180647.jpg
少し回す

9_20120809180647.jpg
もう少し回す

10_20120809180646.jpg

先端精度1/100ぐらいかな?
別に高速回転するわけじゃないからコレでええか

先端精度はベアリング寿命やシール関係の寿命に大きく係わります




11_20120809180715.jpg


軸受け部分は勿論の事ですが、忘れちゃいけないのが全体の通りです

「ケーシングと干渉しなきゃ良い」

確かにその通りですが、干渉しなきゃ何でも良いのか?

俺は嫌だね

製品が入れば見える事も無かろうが、空運転でホッパーから見えるシャフトが蛇行する不細工な事を・・・

多少蛇行したからと言って機能さえ果たせば責められる事は有りませんよ
逆に真っ直ぐだからって褒められる事も有りません
なんせ真っ直ぐが当たり前なんだから・・・・


えらそうな事言ってますが、厳密に言えばグニャグニャに曲がってます
でも如何に真っ直ぐに見えるようにするかの努力は惜しみません

最終確認で糸を張り、クリアランスは1mm~1mmをチョイ切るぐらい
コレでシャフトを回して糸に干渉しなければOK
溶接や羽の伸ばし具合でシャフトは若干蛇行気味になる事が有ります
その時は正直悔しいです






12_20120809180714.jpg

大抵は旋盤で仕上げなくても干渉する事は有りませんが、ウルトラ高精度を要求される時は機械加工仕上げで大忙しになります


ラストに点検の為に旋盤で回してシャフトの蛇行が少なかった時は気持ちが良いです

羽の蛇行は無いのにシャフトの蛇行が有った場合は妙に悔しいです




バシッと真っ直ぐ出来てます 
あれ?奇跡だ(笑)


スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(4trackback(0

2012/08/09(Thu)22:00

akaiさん、さすが職人ですね。
毎回、感心してしまいます。
溶接のビードもほんとに綺麗ですね。
見えないところに対してのこだわり、共感できます。
私の場合は、もっとちっぽけな自己満足なんですが・・・(笑)

名前:くへどん (URL編集

2012/08/10(Fri)00:49

こち亀のたとえ話、笑いました~
暑いですが頑張って下さいね!

名前:yoisa (URL) 編集

2012/08/10(Fri)12:41

くへどんさん

この手の仕事って拘りと言うか自己満足的な部分が結構有りますよね


全く関係の無い話なのですが、前にどこかの偉い社長さんに言われた言葉が有ります

「芸術も自己満足も要らないんだよ! 必要な機能に絞って安く早く数を売れ!」と

う~ん・・・それもそうなんだが何だかなぁ・・・・

拘りを捨てて合理性を追求すると人は機械になっちゃいますよね




名前:akai (URL) 編集

2012/08/10(Fri)12:47

yoisaくん

毎日暑いですね~

一応仕事はちゃんと真面目にやってますが、僕の机の周りには何故かクランクケースが転がっていたり、ブレーキディスクが転がっていたりします
そろそろ片付けねば・・・・

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ