Home  > ダエグ > タワーバー

タワーバー

2012/08/10(Fri) 23:05

1_20120810212325.jpg



僕のバイクには色々な場所に補強が入ってます

補強はすればするほど良い物なのか?と聞かれれば答えはNOです



2_20120810212325.jpg



現状で何かしら不満が出た時に強化して初めて補強の恩栄に預かれます

でもね補強していると見た目的に「お!スゲー!」って感の満足感は有ると思います

フレームの剛性は高ければ高いほど良い!補強の数はステータスだ!

頭の悪い意見ですよね(笑)


3_20120810212324.jpg



でも僕はそんな頭の悪い野郎が大好きです

でも実際にガチガチフレームのバイクに乗ると尋常じゃ無い程疲れます

フロントから来る振動は手首をイジめ

リアから来る突き上げはダイレクトにボディーブローが決まったかの如く衝撃は胃を直撃

デメリットを聞くと「なんだフレーム補強って良い事無いじゃない」となるかも知れません



4_20120810212324.jpg

確かにフレーム剛性を上げる行為は快適性をスポイルします
しかし失う事ばかりでは有りません
得れる物も大きいです

例えばダエグのストック状態でスピードを上げて160km/h出すとします
走行抵抗とエンジン出力を受け止めたフレームはすでにキャパがイッパイイッパイで路面ギャップを拾う毎にステアリングのフレを誘発すると思われます
「このバイクは普通に直線を走るのも命がけだ・・・」コレは僕が一番最初に感じたZRX1200への恐怖心です





5_20120810212323.jpg


それがフレーム剛性に拘るようになった発端です
なんせ命かかってますからね
「飛ばすなやアホ」そう言われたソレまでですけどね
普段は飛ばしません、でもここ一発の時は有無言わず突進します(制限速度内で)




6_20120810212402.jpg



ライダーは2種類居ると思います
実力とテクニックで人より速く走る人
道具に頼って実力以上の速さを得る人
僕は完全に後者です

言い方は悪いですが、楽して速く走れてもいいじゃねーか
だってバイクが走ってくれるんだもん

運転の上手い人が聞いたら怒りますかね・・・



7_20120810212402.jpg

勿論完全に初心者ではバイクのポテンシャルを引き出す事は出来無いと思います
でもソコソコ知ってる人なら道具で誤魔化しも効くってのが事実です

ここでステアリングが暴れるんだ・・・
この場面でケツがふら付いて怖いんだ・・・

テクが有る人間は自然と上手く交わします
テクの無い俺は道具に頼ります


8_20120810212401.jpg

色々な補強を作っては試し
駄目ならやり直す
それでも駄目ならコンセプトを変える

それの繰り返し

一つずつジックリと効果を見極めて、色々なパターンと気まぐれでやってるので答えが出るまでに時間が掛かってしまいます




9_20120810212401.jpg



ブログにアップしてるヤツも
ブログにアップしてないヤツも沢山有ります
でも何時までもネチコクやってるやつはそれなりの効果が有ったりします

全く見当違いの場合は即切り上げます



10_20120810212400.jpg



沢山補強してますが、ポリシーはボルトオン
だって溶接しちゃうと何か有った場合にノーマル復帰出来ないでしょ?

ダウンチューブ補強バーに関しては少々コスト高にしても求める性能が安定して発揮出来ますが、リアサスマウントタワーバーは機能的に優秀なんですが、安定した取りつけ性能を発揮するのが課題となっています

恐らく工作の得意な人は全く問題の無い事です

でもカワサキの製造ライン的な問題に左右されてしまうので、市販するには課題が山済みかな?

・・・・・






11_20120810212438.jpg


製作時にうざったいのがこのワイヤー部分です

サイドカバーにキーを差込み捻るとシートが外れますよね
そのワイヤーの通りの処理がまた一手間なんですわ







12_20120810212438.jpg


数年前に製作したタワーバーの取りつけ基部を、今回新たに固定方法変更した物に交換しました

ドッチが良いか
そりゃ当然今回新たに固定方法を変更した物の方がガッチリと固定できます



13_20120810212437.jpg


タワーバー本体は旧タワーバーと共通寸法です


14_20120810212437.jpg
旧タワーバー取り付け基部
詳しい部分はお見せ出来ませんが、新しいタイプの方がガッチリと固定出来るようになりました


ソレ付けると何が変わるん?

と聞かれますと、例えばコナーでバンク中にギャップを乗り越えた時に生じる「グンにゃり」とした横揺れを「シャン」とした垂直的な動きに近づけます



せっかく良いパーツなのに市販で多く生産するには手間が掛かりすぎるかな・・・

コレ単品では性能発揮する事は無いかも知れませんが、チョットした事の積み重ねで同じバイクよりも遥かにパフォーマンスの高い状態に持っていける事は確信しています


ソレがダエグの楽しい所だと思います

スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(8trackback(0

2012/08/11(Sat)03:54

文章と画像が個別に進行してる感じで何だか読みいってしまいました。
こんな書き方あるんですね、カッコいいです。
補強パーツ良いですね!今回のタワーバー改で、より車体の剛性が上がりそうですね。

名前:パンくん (URL) 編集

2012/08/11(Sat)13:06

も、もしかして、ワイヤーがシャフトを貫通してるのですか~?!
この構造の巧みさにほれぼれしちゃいますよ~!
お尻の下の見えないところで、頑張ってるパーツなのですね!

名前:Nikkor (URL) 編集

2012/08/12(Sun)17:26

当然 2つ作ったやんな~(笑)

ウフフ~(笑)

名前:目玉JO (URL) 編集

2012/08/12(Sun)22:30

パンくん


いや~、実は酒飲んで気分良く好き勝手な事を書いてるだけです^^;

お恥ずかしい

ここの補強って実は地味に効くんですよ

名前:名乗る程ではござらぬ (URL) 編集

2012/08/12(Sun)22:40

Nikkorさん

ブリッと貫通してますよ!
このワイヤーのお陰で作りにくい構造になっちゃってるんですよ
コイツが無きゃもっとシンプルな構造に出来るのに

ドレスアップパーツじゃ無いので良いんだけど、イスを付けちゃうと全く見えないのが悲しい所かな?



名前:akai (URL) 編集

2012/08/12(Sun)22:52

目玉さん

残念、実は今回のは試作の試作なんですよ

昔から付いてたヤツは固定方法が少し甘く効果が半減してました


溶接せずガッチリと強固に固定する別の方法のテスト品です

今回のはガッチリしてますよ~
次はジュラルミンで作って同等の剛性が出せるかをテストしますので、その時にモニタを手伝って下さい


名前:akai (URL) 編集

これはいい

2012/09/02(Sun)21:48

すごーいΣ(゚д゚lll)これは欲しいかも。

名前:伊藤 (URL) 編集

2012/09/03(Mon)21:43

伊藤さん

試してみますか?
SUS製では有りませんが、ジュラルミンで出来た製品の先行試作型が有ります

もしも気になりましたら「管理人だけに表示うを許可する」にチェックを入れて連絡先を記入下さい

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ