Home  > ダエグ > キャリパー

キャリパー

2012/10/27(Sat) 19:19

1_20121027175002.jpg


やっと欲しいキャリパーを手に入れました

トキコのラジアルマウント・モノブロックキャリパー

モノブロックですモノブロック
通常のキャリパーって左右をモナカのように張り合わせてボルトでガッチリと固定して有ります
コイツは一体構造なのでそのボルトが無く、キャリパー本体の剛性がかなり高いです

ただ一つだけ謎なのが、一体どーやってピストンの入る穴を仕上げたりシールの収まる溝を切ったのだろうか?
ヤマハのR1やR6が採用するモノブロックキャリパーは正面にカラフルなフタ(?)が付いてるので納得出来るが、コイツはなかなかのイリュージョンだ



因みにコイツは本来何用のキャリパーだと思いますか?

正解はCBR1000RR(SC59)用のキャリパーです

ひそかに俺のダエグはホイールとブレーキディスクがすでにCBR600RR用だったりする
ホンダ率高いです
なぜカワサキのラジアルマウントを採用しなかったかと言う理由はブレーキパッドの方式に有ります
カワサキのは1キャリパーにパットが4枚方式が多い
経済的に宜しく無い


ヤマハのはデザインが嫌い

スズキは変態だから手を出したくない

ブレンボは定番だし







2_20121027175001.jpg


多分問題なく付くはずだけどちゃんと付けれそうか確認する

見た目的にはスッキリとした純正が一番好きかも
コイツもトキコ




3_20121027175001.jpg

ラジアルになってもトキコ


ホイールやブレーキディスクが付いてるんだからキャリパーも絶対収まる


あんまキャリパーを交換したく無い理由の一つが、サポートやらアダプターを介してキャリパーを付けると、取り付け位置が下がってだらしなく見えるんよね

ちょっとした事なんだけど、上の写真とこの写真を見比べれば雰囲気に違いがよく解ると思う
だから極力下にさがらない位置に取り付けたいと思う


ブレンボでも良かったんだけど、ヤッパこの見た目が最高でしょ
しれ~っと普通に止まっていたら絶対に誰も気が付かない
自分でも忘れている事が多いけど、結構アチコチ地味に変ってます
でも見た目はほとんどノーマルなのがミソ





4_20121027175000.jpg





取りあえず作図に必要な寸法をおさえて絵を描いた

大事な部分は正確だけどその他は結構適当





5_20121027175041.jpg


前にCBR600RR用のゲイルのホイールを取り付ける為に書いた絵と、つい最近書いたフロントフォークの絵と、今日書いたキャリパーの絵を合体させた
いつの間にか俺のPCの中には、かなりダエグのデータが入っている


さっきガレージで大体のキャリパーの位置を確認した、今度はCADで細かい角度を決めていく

上でも書いたけど、キャリパーの取り付け角度がちょっと変るだけでだらしなく見えるので、無理なく収まるギリギリラインを見つけていく

左から角度を5°ずつ刻みで上げていってます

この段階で後先何も考えずに絵を描いちゃうと後で「あ”ー
ってなっちゃいます



絵を書くのは簡単なんですよ
問題は平面から3次元になった時にどこにも干渉無く取り付けできてネジ類がちゃんと付くかです

2次元ではちゃんと頭の中で奥行きを把握していないとド偉い目にあいます




6_20121027175041.jpg


もーちょい角度を上げたい所だけどこんなもんで限界かなぁ・・・

あんま攻め過ぎると今度はキャリパーを固定するボルトのタップ深さを確保出来なくなってしまう






7_20121027175040.jpg



ちょいと絵的におかしいけれど、ホイールとキャリパーの干渉も無い(さっき現物で確認したけど)


キャリパーセンターから取り付けボルトのオフセット量と、ダエグのフォークブラケットのオフセット関係も把握しておく


元々必要最低限この板厚は欲しいなぁ~と考えていた板が使えるか?
また、使えるがオフセットのザグリで薄くなる部分の必要強度を保てるか?
駄目なら板厚をアップ


そんな感じでながめてます

それとフォークのキャリパーを付ける部分ですが左右で寸法が微妙に違うんですよね
コンマ数ミリですがCADだと細かい部分でも大きく見えてしまうので気持ちが悪い・・・・







8_20121027175040.jpg

キャリパーサポートの絵が描きやすいように不要なラインは全て消す

ここからやっと本題のサポートの絵が書ける






9_20121027175039.jpg





ザックリだけど形が書けた


自分の作りたい形のイメージはあるんだけど、それをストレートに絵に表現するのって結構難しい

「このラインはこうだ!」って思っても、現実はタップの深さが確保できなかったり
また、たった一本のラインに拘ったお陰で全体に悪影響が出たりする




全ての問題と自分の好みをバランスさせたらおおよそこんな感じになる予定


話は変りますが、ラジアルマウント方式のキャリパーって、ブレーキディスクが大きい物に交換したくなった場合などに簡単に対応出来るメリットが有るんですよ

普通のキャリパーならサポートの作り変えですが、ラジアルは取り付ける根元にスペーサーを入れるだけでΦ310→Φ320に対応出来ちゃうんです

名前の如く取り付け方式がラジアルだから出来るメリットです






10_20121027175111.jpg


よっしゃ絵は出来た

後は材料を買って削るのみ


年内中には取りつけできるかな?





















スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(4trackback(0

2012/10/28(Sun)15:23

純正のトキコは、結構デザインが気に入ってますが、そのままにラジアルになってたら、さり気なくて良いですね!
市販のブレンボ用サポートとかは、取り付け位置が下がってしまい、剛性とか少し疑問に思ってましたが、これならバッチリですね!
さすがです!

名前:Nikkor (URL) 編集

2012/10/28(Sun)21:12

Nikkorさん

そうですね
オーリンズのフォークにラジアルはカッコイイけど、標準フォーク用に販売されているラジアル用サポートってあんまパッとしないですよね~

剛性は板圧さえ確保されていれば多分互角かな?


近頃の純正パーツってカッコイイですよね^^

名前:akai (URL) 編集

2012/10/31(Wed)02:01

いよいよやね!早く見せてね~

それと カウルのライトカバーの

ゴムが経年劣化で 剥がれてしまい

ました また時間有る時 なんかの

ついででいいから 付けてね~

名前:目玉JO (URL) 編集

2012/10/31(Wed)20:03

目玉さん


了解

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ