Home  > ダエグ > 修理完了

修理完了

2012/11/04(Sun) 21:54

1_20121104203022.jpg


塗装をしていて緊張すると言うか別の意味ドキドキする瞬間がこのマスキングを剥がす時です




2_20121104203022.jpg


吹きっぱなしでもキレイな時はキレイです
でも境目をボカシながら塗装した場合には周辺にミストが散っていたりする
そのミストを殺すのに軽く溶剤を吹いたりするんだけど、やっぱ仕上げにコンパウンドを使ったほうが美しく見える


チョコッと磨く程度ならコンパウンドはオートバックスとかで買える普通ので充分間に合います
でも面積が広かったり作業性や効率を重視する場合には3Mから販売されている業務用をお勧め
性能が段違いです




3_20121104203021.jpg



ピカピカです




4_20121104203021.jpg


純正デカールです





5_20121104203020.jpg

中性洗剤をコップに数滴ほど垂らして薄めた水で粘着面を濡らし、粘着力を弱くして貼る位置を決めます



位置決めが出来たらしごくように水を抜きドライヤーで暖めながら貼り付けていきます




6_20121104203141.jpg



キチッと貼れたのを確認してソッと透明シートを剥がします
乱雑にバリッとやっちゃ駄目よ?デカールの粘着が安定するのに1日程必要なんで



7_20121104203140.jpg



これでひと段落





8_20121104203140.jpg


ラストのシメにライトカバーの取りつけです

「どうやってライトカバーのモールドを貼れば良いのですか?」と質問を受けた事が有ります

解りにくくてごめんなさい




先ず同封している取り付け説明に従ってステーを取り付けて下さい

※いきなり固定用の穴を開ける前に、ステーをテープ等で仮で固定して、ライトカバーを取り付けて左右のクリアランスが均等で有るか確認して下さい
左右のニュートラルが出たら(面の出具合も確認して下さいね)ステーをビスで固定して下さい







ここからがモールドをキレイに貼るコツです

先ずオートバックス等で販売されているシリコンオフでキレイに脱脂して下さい





9_20121104203139.jpg



左右と出具合を調整したステーに仮にライトカバーを取り付けて下さい


10_20121104203137.jpg



ダエグのライト周は複雑な形状で出来ていて、ライトカバーは上部がフチ当たり、下部は面当たりと変則的なライン構成になっています
恐らくコレがラバーモールドを張るときに戸惑う原因の一つになっていると思います
初めて貼る人には特に下側のラインが読み難いハズです
先ずライトカバーを仮に固定して、画像のようにフチのラインを紙テープ等を貼って目印をつけます




11_20121104203237.jpg


話は前後しますがこの辺はライトカバーがフチ当たりの部分です

モールドを張る時にあまり悩む事は無いと思います



12_20121104203236.jpg



このテープ付近が面当たりの部分で、何処にモールドを張れば良いのか悩む部分だと思います

こーやってテープを貼って目印をつければ簡単でしょ?




13_20121104203236.jpg

貼り始めは上部センターか、下のセンターか、どちらかが貼りやすいと思います



14_20121104203235.jpg



モールドを貼る時に注意する事が有ります
引っ張りながら張らない事!
引っ張って貼ると、入り角や出角の指差す部分付近から剥がれてきやすくなります



15_20121104203235.jpg


キレイに貼れたし意外と簡単でしょ?

また話しが前後しますが
上部のフチ当たりと言うのはライトカバーがカウルの面内に入って、ライトカバーのフチがモールドと接触すると言う意味です
下部分の面当たりと言うのがライトカバーとモールドの接する部分の一部が面接触になっています
実は最初に原型を作る時にアルミ板を叩き出して作ったのですが、このフチ当りと面当たりの変化部分でかなり苦労しました
ま、この部分限定で苦労した訳じゃないのですが、なんせダエグのビキニカウルのライト周りの造形はかなり凝っていて、縦Rと横Rと斜めRの全てをきれいに繋ぐのが難しかったです
原型を作るのも苦労しましたが、現在アクリルでの整形を依頼して担当してくれている常進技研のyasuoさんの協力が有り販売する事が出来ています
僕は鉄板の加工が出来てもアクリルをこんな芸術的に加工する技術を持っていません
何時も色々な人に世話になってばかりです、力になってくれている人達に感謝しています
本当に有難う


16_20121104203258.jpg



修理完了

お待たせー




スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(4trackback(0

2012/11/05(Mon)08:10

妥協を許さない職人技!
この前直接見てたからこの説明もよ~くわかります。
ふちのゴムが次に劣化したら今度は自分でチャレンジしてみようかな(苦笑)

名前:an (URL) 編集

2012/11/07(Wed)00:08

akaiさん、何から何まで本当にありがとうございました~
何回見ても惚れ惚れする仕上がりですよ~
ウチの嫁もakaiさんってすごいね~って絶賛でした~

名前:yoisa (URL) 編集

2012/11/07(Wed)20:00

anさん
パッキンの貼り付け簡単だったでしょ?
次に貼りかえる時は2年後ですね(笑)

名前:akai (URL) 編集

2012/11/07(Wed)20:05

yoisa くん

えー、マジー?
可愛いyoisaくんの奥さんに褒められちゃった

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ