Home  > プラモデル > 塗る

塗る

2012/12/09(Sun) 22:27

1_20121209213652.jpg


ガタガタの合わせ面を修正して適当にディティールを追加した腕と言うかランチャー部分



2_20121209213653.jpg


本体もそれなりに見れる形になった



3_20121209213654.jpg

やっと全てのパーツが揃った
たしかコイツを買ったのが3月か4月ごろだったと思う
仮組みでコイツに失望してパーツの改造や修正で結構な時間を取られた(放置時間も長かった)
どのパーツの修正も結構大変だったけど特に脚は大手術だったなぁ
早い事色塗って完成させて全てを思い出に変えたい




4_20121209213655.jpg

色を塗る段取りでりんご飴状態に



5_20121209213656.jpg

いつも下地色に真っ黒か濃いグレーを使います
でもこの下地色の消費が半端な量じゃない
今回はこのスペシャルブレンドグレーを使う
実はコレ、ハンドピースで吹き付けた後にカップに余った塗料を捨てずにこの瓶に集めてつくったリサイクル塗料です
だって捨てると勿体無いもん
色んな色を混ぜ混ぜすると理屈的には無彩色(黒)になる
でも白系の塗料も混ざってるから濃いグレーだ


6_20121209213810.jpg

でもってリサイクルベース色を吹いた
結構イカツいグレーだ
どこと無くジャーマングレーにも似ているが、若干だがメタリックも混じっていてソレがフラットベースで沈んで鈍くギラ付くので結構ヘヴィーで渋い色合い
ステルス戦闘機に塗ったらかなりソレっぽい仕上がりになりそうな色だ



7_20121209213811.jpg


これ全色は使わなけど、ここから色々と混ぜて色を作ろうと思う

ほんの少しだけ蛍光色を混ぜてやると発色が鮮やかになる


8_20121209213812.jpg

今回はグリーン系の下地に濃いブラウンを持ってこようと思う
さっきのグレーベースはこのブラウンの下地
下地の下地って手間は掛かるんだけど最終仕上がりで色の重圧感に差が出る
このプラモデルは小さいけどマンガの世界でコイツはかなりデカイらしい
ちょっとでも迫力を出してみたいね




9_20121209213813.jpg


先程のこげ茶色の上にハルレッドで更にグラデーションをつけていく
こげ茶色もこのハルレッドもベースグレーの上にベタ塗りをせずパネル中央から端の向って薄くなるグラデーションにしてある、でもこの後から塗るグリーンで殆ど見えなくなるんだな~これが・・・(全く見えないかも知れない)

これから全てのパーツに薄く薄く何度も色合いを変えて吹き付けるからまた時間が掛かりそうだ

関係ないけどこの色だとゴキブリか何か害虫のように見えてきた・・・・
気持ち悪い><


スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:プラモデル

comment(2trackback(0

2012/12/10(Mon)19:34

こんばんは。
何度も色合いを変えて重ね塗りするんですね。プラモ職人のこだわりですね。出来上がりが楽しみです。
タミヤカラーが無いようですが、塗料も違いがあるのですか?

名前:グリーンモンスター (URL) 編集

2012/12/10(Mon)22:14

グリーンモンスターさん

プラモデルの塗装方法も色々と有るんですよ~、人によって様々だったりもします
それとタミヤカラーも使いますよ
画像のカラーはラッカー系で、タミヤカラーはエナメル塗料なんですよ
ラッカーの上からエナメルは使えるけれど、逆にエナメルの上にラッカーを使うと塗装が剥がれたり滲んだりしてしまうんです
主にエフェクトを掛ける時に上塗りとしてタミヤカラーが活躍します
(僕の場合は)

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ