Home  > R1-Z > 磨く

磨く

2013/01/24(Thu) 22:01

1_20130124210928.jpg


部品整理していたら出てきたストックパーツ
使う事も無さそうなので前に処分する予定だったんだけど完璧に忘れてたわ
この際磨いてリサイクルしてみようと思います






2_20130124210930.jpg

R1-Zは大抵の確立でこのアルミ製サイドカバーが腐食やら何かしら汚い車両が多い

多分持病

気のせいかも知れないがYAMAHAのアルミパーツって腐食が激しいような気がする

3_20130124210931.jpg



このストックパーツも例外無く腐食と黒ずみで見れたもんじゃない


a_20130124211013.jpg


しかしある事をすればごらんの様にキレイに真っ白になります
因みにブラストじゃないですよ
実は酸に浸したんです
僕が使った酸はSUSの焼けを落とす強力な酸ですが、便所掃除サンポールでも代用可能だったりして?!
試して変な事になっても責任は取りませんけれどね

※画像を見ての通りですが、表面は艶が無くなり真っ白になります
塗装下地にするか磨いて仕上げましょう



取りあえずコイツは暫く放置




4_20130124210932.jpg


お次はステップホルダー
コイツもたいがい汚いね!


5_20130124210933.jpg


レストアなりする時に邪魔なパーツは無い方が作業をしやすい
しかし古いバイクを触る時に経験する嫌な事のNO.1がプラスネジのナメでしょう
自分が触るまでも無く最初からナメてるプラス頭・・・・




6_20130124211014.jpg


ここで便利なパーツがバイスプライヤーです



7_20130124211015.jpg

コイツでガッチリと挟んでロックして回すと大抵は外せます
道具箱に1つ入っていると色々使えて便利です、って皆もってたりして?
因みに俺の道具箱には6つか7つぐらい色んなのが入ってます、邪魔です、重たいです><


8_20130124211016.jpg


コイツは表面に塗装がして有り剥離するのがメンドクサイからブラストでキレイにした
でもバフで磨く予定だから本当はブラストしたくなかったんよね



9_20130124211128.jpg

純正アルミパーツって量産品で鋳物が多いのですが、鋳物の型の合わせ目処理が雑なので研磨の下地処理に意外と手間が掛かったりします



10_20130124211130.jpg

なんやらかんやらで一個仕上がった(※すぐに飽きるので何日も掛かってます)
大まかには機械で磨いていますが仕上げはやはりピカールの手仕上げでしょ(笑)
コレが鋳物じゃ無かったらアルマイトに出すんだけどなぁ~


スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(4trackback(0

2013/01/25(Fri)20:08

仕上げは、やっぱりピカールでしょ!(笑)
ところで、鋳造はアルマイト不可ですが、削りだし品を溶接した物の場合もアルマイトは、ダメなんでしょうか?

名前:Nikkor (URL) 編集

2013/01/25(Fri)23:32

自分はピカールも持ってますが和光のメタルコンパウンドを使います。高いけど仕事が早いので。。。

名前:あうふ (URL) 編集

2013/01/26(Sat)22:29

Nikkor さん

溶接してもアルマイト処理出来ますよ
ただし色を入れるとなると溶接で物性が変わってしまった部分と他の部分で色の入り方が違うので見た目が悪くなってしまいます

工業製品では溶接後普通に白上げ(色なし)に出したりします
ひょっとしたら化研白上げなら出来るかも?

名前:akai (URL) 編集

2013/01/26(Sat)22:52

あうふさん

ワコーのコンパウンドも良いですね
でもそこら辺のホームセンターで置いてないのがネックです><

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ