Home  > 仕事 > サビ取り

サビ取り

2013/03/13(Wed) 20:37

1_20130313194755.jpg


みなさんこんちは
近頃花粉でノックダウン気味のakaiです><

いきなり話しが変わりますが、この仕事をしていると色々と変わった事を頼まれます
特に機械のオーバーホール関係が多いのですが、今回は少し困った注文が来ました


2_20130313194756.jpg

見てコレ
見るからに危なっかしい形状をしています
詳しい詳細は書けませんが粉砕機のブレードです

3_20130313194757.jpg


コイツ鉄で出来ています
某化学工場所有の機械なのですが、約10年程使用せずに倉庫で眠っていたらしいです
今回久し振りに運転させようと倉庫から出したらこの有様だったようです

サビだらけ

こんな言い方は無いと思いますが、使っているうちに製品の粉でサビがキレイに無くなるはずだよ?
鉄だしどうせすぐに錆びるんだからあんま細かい事を気にしていたら出世出来ないぜ?

って思うんですが駄目らしいです
全部キレイにサビを落として欲しいとの事、流石日本人!





4_20130313194759.jpg

お客さんがそう言ってるんだから仕方が無いね
そんな訳で分解してシャフト1本にしてやった
ここまでは余裕


5_20130313194800.jpg

問題はココからだ
一つのローターにブレードが28枚
それが8つ
指が足りなくて計算ができないが合計で224枚のブレードが存在する事になる(電卓使用)
それだけじゃ無いぜ?!ローター本体もサビサビやし><

6_20130313194838.jpg


片っ端から分解
ローター毎にナンバーの刻印があって助かった
でも分解の途中に3回ぐらい飽きてきたよホントに・・・


7_20130313194839.jpg


これが224枚も有るんだけど本気で全部サビを落とせって言ってるんですかね?!
しかもリミットまで1週間ぐらいしか無いんですけどマジっすか?

どないしようか・・・・・?



8_20130313194840.jpg

で、思い出したのがコイツ
名前はふざけてるけど効果は有るで有名、かれこれ20年前ぐらいから知ってるけど初めて買った
こんだけで¥5.000-なり~チーン!・・・・って高いわ!


9_20130313194841.jpg


分解するのにCRC吹きまくったので花咲かGする前に全部ラッカーで洗浄する事に
224枚も有ると本気で飽きる
最初の2分で嫌になる



10_20130313194842.jpg

荷物の積み込みやらフライスやったり色々やってて漬け込み中の写真撮るの忘れてた
いきなりですが花咲かG漬け込み2日後の姿です



11_20130313194920.jpg


深く酷いサビはまだ少し残っているけれど殆どキレイに落ちている
これ20倍に薄めて使ったんだけど、今回は薬品の量に対して処理量が多すぎたと思うんだ
20Lのバケツにほぼ満載の金属
20倍(正確には15~17倍)に薄めた花咲かG約8L
どー考えても「やりすぎかな?」と思う程不利な条件でこの破壊力
噂は本当だった
ただ処理後の液が真っ黒になってて、ノミやらカンナを砥いだ時の砥汁とおんなじ匂いがしてて非常に臭い><
解りやすく例えると普通に金属臭い、でも刃物を砥いだ時の独特の匂いがした
手を洗っても匂いが取れないから始末に悪い





12_20130313194922.jpg


後はワイヤーカップで軽く磨くと、最初からは想像も出来ないぐらいキレイに仕上がった
さーて、224枚か・・・・・



明日の15時ぐらいにお客の立会い検査が有るんだけどワザワザ来んでええのに
呼んでくれたらコッチから出向いたるがな~






スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(4trackback(0

2013/03/14(Thu)12:29

こういうブレードは、溶接かと思いましたが、分解できるんですね。
欠けたときの補修の為でしょうか。
花咲Gは、効くんですね~!
でも、220枚では、大変ですね。。。

名前:Nikkor (URL) 編集

2013/03/16(Sat)11:31

めんどくさいんで、酸につけてしまうとかどうですか?

名前:名乗る程ではござらぬ (URL) 編集

2013/03/16(Sat)19:16

Nikkorさん
花咲G効きますよー!

名前:akai (URL) 編集

2013/03/16(Sat)19:17

名乗る程ではござらぬさん

45Cなんでウッカリすると溶けて無くなります

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ