Home  > 未分類 > ブルーイング

ブルーイング

2013/06/02(Sun) 21:49

1_20130602205133.jpg

何となく気分転換がてらエアガンにブルーイングしてやろうと思い立ち
分解してバラバラになったパーツ達

コイツのメインフレームは亜鉛ダイキャストで出来ています
まず塗装剥がしと、表面のヒケ処理がてらペーパーで水研ぎから作業を開始


(工場で仕事の休憩時間や合間に作業)



2_20130602205134.jpg


ダイキャストだけど結構ヒケが激しいなコレ


3_20130602205136.jpg


大まかにヒケ処理が済んだらアルミナ系で肌のブラスト処理

ザラッザラ


4_20130602205137.jpg


更に今度はガラスビーズでブラストし直してサテンフィニッシュ風に表面処理

なんかこのままでも良いかな?
なんて思ってきた





5_20130602205138.jpg



お次はブルーイング液に漬け込んでブルーイング処理の開始
濃度は秘密





6_20130602205213.jpg


漬け込みから僅かな時間だけど色味に変化が現れる

グレーっぽくも微妙な青みが着いてきた

7_20130602205215.jpg

中坊時代の記憶だが、液濃度にもよるが一気に反応させるよりも時間を掛けて
ジックリと反応させた方がキレイに仕上がるような思い出が有る

後はバケツに漬け込んで放置して、展開やら材料取りに専念



8_20130602205216.jpg

忘れた頃にみると
「お、結構変化したんじゃないかい?」


9_20130602205217.jpg


一度引き上げてエアーで乾燥させる


表面が黒ってよりも茶色ッポイでしょ?
これ何だか良く解らないんだけど、液中で金属を反応させると表面にススが発生するんですよ




10_20130602205218.jpg

あんま擦ると良くないんだけど、軽くブラッシングして肌をキレイにする

今はまだ黒ってよりもグレーです

11_20130602205246.jpg


仕事が忙しいのと、時間が掛かるので翌日に持ち越し
因みに自宅(土曜)

ボチボチと黒味が出てきたかな?





12_20130602205248.jpg

更に何度目の漬け込みで、何時間目か良く解らないが、かなり黒くなってきた





13_20130602205250.jpg


こ辺から粉を吹くようなススの発生は少なくなるものの、色の変化の仕方も微妙で気難しい感じになってくる

小さなパーツなら渋い感じかな?なんて思える発色具合でも、ガバの6インチフレームともなると小汚い感じに見える
なんて言うか虹色っぽい感じです




14_20130602205251.jpg


更に漬け込んで反応を促進




15_20130602205253.jpg

気が付いたら夜中です・・・・
ありゃま





16_20130602205317.jpg


何回漬け込んでは磨いて更に漬け込むを繰り返して、一体述べで何時間ほど費やしたのか解らないが、結構時間が掛かった事だけは確かだと思う
いま思えばもう少し液濃度が高くても良かったかな?などと思う

中学生の頃に沢山モデルガンを作って、当時販売されていたジンクリッチだとかパワージンクだとか、名前の記憶は相当曖昧だけれども、亜鉛系の塗料を吹き付けて、黒染め液でブルーイングして遊んだなぁ~等と懐かしい記憶が蘇る

それはさて置き何となくこんなモンかな?と、思える色に仕上がったと思う


17_20130602205319.jpg

幼少期から分解は得意なんだけどなぁ・・・・・
最近は記憶力が悪いのでちゃんと間違わずに組み立て出来るだろうか




18_20130602205320.jpg

オモチャでもやっぱ流石はガバ
シンプルな構造で組み間違えようが無い
本物はこのシンプルな構造と、破壊力の有るどんぐりの様な弾丸のお陰で100年以上現役で居られる名銃になれたんだろうね

もちろんカッコイイし





19_20130602205322.jpg

スマホのクソカメラってのも悪いんだけど、イマイチ良くわからないね
ははははははは




20_20130602205324.jpg

俺のコレクション
ガバメント(インフィニティ)3兄弟

上から6インチ
真ん中5インチ
下が4.3インチ(だっけか?)

写してないけど5インチのヤツのフレームとマグファンネルもブルーイングした
なんて言うか黒鉄色のようで、光の加減で青っぽいような深い紫のような微妙な色合いになった


下の短いやつのスライドには工業用の特殊な316Lスプレーで塗装してある
名前は忘れたけどこの316L塗料の表面硬度はかなり頑丈で、塗装からすでに10年近く経過しているが未だに磨耗や剥がれが発生していない
マニアックな話で誰も解らない事だけどトリガーを別タイプに、それとセーフティーレバーとグリップセーフティを小ぶりなヤツに交換してある、ついでにハンマーもね



途中からメンドクサくなってきたけど結構面白かったです




スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:未分類

comment(2trackback(0

2013/06/03(Mon)21:25

ブルーイングって、ずいぶんと手間が掛かるんですね。
でも、塗装やプラと違って金属感がある仕上がりで、良い感じですね!

名前:Nikkor (URL) 編集

2013/06/04(Tue)21:13

Nikkorさん
手間が掛かるのは確かですが、今回は液濃度を薄めすぎたのと、むっちゃ久し振りに作業したのでコツを忘れてしまってます(笑)
慣れれば多分もうチョイ早く染まると思います

塗装とは違う金属感がいいでしょ?




名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ