Home  > ワンオフとその他 > ステムシャフトの打ち変え

ステムシャフトの打ち変え

2013/06/07(Fri) 21:27

1_20130607202114.jpg

これは一体何のバイクのステアリングステムだろうか?
某エンジニアリングさんの所にお邪魔した時にステムシャフトの打ち変えを頼まれて預かった物です


車種は覚えて無いけれど、倒立フォークにコンバートしたいんだろうな、多分




2_20130607202116.jpg

右のぶっといのが倒立用のステムシャフトで、左の細い方に交換したいらしい



3_20130607202118.jpg



常識的に考えてデカイ穴に棒を突っ込んだってガタガタでどないもならんわな?


4_20130607202119.jpg

トップブリッジも御覧のようにガタガタ
もしもコレが逆に入らないので有ればシャフトを削り細くして対ショ出来るんだけどなぁ
削る所かそれが足りないってのは具合が悪い




5_20130607202121.jpg


こんな場合はシャフトを作り直すか、スリーブを作り圧入する2種類の方法が有る
今回はスリーブを作り対ショする方法で行く事に決定

先ずは現状を正確に把握する事から始める



6_20130607202201.jpg

ふむふむ、このステムの圧入の公差が解った
だいたい感でも何とかなりそうだけど、万が一にも絶対に失敗が許されないので慎重に作業を進める



7_20130607202202.jpg

日頃使っているミツトヨのデジタルノギスですが、実は同じサイズの新品をもう1本隠し持っている
コイツは日頃絶対に使いません、このような一発勝負で絶対に寸法の狂いが許されない場合のみ使う特別なノギスです、因みに300mmの仕上げ用ノギスも一本隠してる
どんな時にも絶対に信頼出来る物差しを持っていると心強いです
ノギスや測定器具は俺の命です


8_20130607202203.jpg

よし、寸法の関係は把握した
これでやっとスタートラインに立てた感じです
ワンオフの大変な理由の一つが実はコレなんですよ
製作する図面が無いのです
絵に描いた餅とは良く言ったもので、アレコレしたいと思うのは自由、言うのも自由
しかしそれが本当に物理的に具現化出来るのかが最大の問題になってきます
今回のステムシャフトの打ち変えはどうやら大きな問題も無く収まる事が解りました






9_20130607202205.jpg


先ずスコスコのシャフトを何とかするスリーブの製作から始めます
日頃は適当人間だけどココ一発は真剣です



10_20130607202206.jpg

コレが出来たスリーブです
出来上がるとしょうも無く見えますね


11_20130607202244.jpg


でもこのスリーブは普通では絶対にステムシャフトに入らない寸法で仕上げて有ります
御覧のようにバーナーで100℃以上に加熱して膨張させてからシャフトに入れてガッチリと固定する焼きバメです





12_20130607202245.jpg

もう何が有っても普通じゃ絶対に抜けません
例えプレスで押してもシャフトが先に破壊してしまいます
コイツを抜くにはサンダーで割るか、もう一度加熱するかです


13_20130607202247.jpg

冷めるまで待ち、今度はステムに入る部分の仕上げに掛かります
ココの公差は元のシャフトと同じ寸法で仕上げます




14_20130607202249.jpg


これまた常識では絶対に入らない寸法関係です
だってシャフトの方が僅かに太いんだもん



15_20130607202250.jpg


後は油圧プレスで慎重に圧入していきます

でもウチにはプレス機が無かったんだ・・・・・・・




16_20130607202336.jpg

実はおっちゃん達を呼んで油圧ジャッキと棒をオッチャンAに持ってもらう
俺はシャフト部分の微調整と掛け声係り
おっちゃんBはポンプを押す係りと3人係りの作業です



17_20130607202337.jpg


もうチョイ離れて見ると・・・・
常盤と建屋の鉄骨の間に長い棒をかませての作業です
一人じゃ無理でした><

※写真とる間待ってもらった




18_20130607202339.jpg

よし、圧入完了
キレイに入った


19_20130607202340.jpg

裏はこんな感じです
計算通りバッチリだ



20_20130607202342.jpg

山も超えたので、次はトップブリッジノスカスカを何とかするスリーブの製作です



21_20130607202412.jpg


ココは圧入する程キビシイ場所でも無いんだけど、やっぱスコスコだと申し訳ないやね
相変わらず入らない寸法ですが、さっきみたいに人を呼ぶのもなぁ・・・・



22_20130607202413.jpg

てな訳で万力で圧入する事にした


23_20130607202414.jpg


気持ち面内になるようにバッチリと入った



それとついでにアルミプレートも溶接しといてと頼まれてた



24_20130607202415.jpg


アルミ鋳物の溶接か・・・・
何となく嫌だな、アルミの鋳物ってスや不純物が多かったりして変に沸く時が有るんですよ
余り良い思いでの無い鋳物溶接ですが、コイツは素直に溶接出来たのでラッキーです
あ、初めての良い思い出か?







25_20130607202417.jpg


そんなこんなでステムシャフトの打ち変え完了


スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(5trackback(0

2013/06/08(Sat)08:57

このトップブリッジ見ても、年代もののバイクみたいですね。
ステム入れ替えて、まだまだ乗るぜ~ってオーナーさんの気合が伝わります!

さすが、最先端技術を誇るJP!
人力プレス機がそそります~
ある意味、依頼されたオーナーさんより気合を感じます!

名前:南悪代官 (URL) 編集

2013/06/08(Sat)11:26

悪代官さま
おはよう御座います

最先端ローテク技術のjp-です(笑)
完成したものは普通でも、そこに至るまでが普通じゃなく、恥ずかしくてとても人様にゃお見せ出来ない時も多々有ります

僕もR1-Zに倒立組もうか悩んでます(笑)

名前:akai (URL) 編集

2013/06/09(Sun)19:34

んー!
現状のKDVには そそる話です!!
本気で取り組むJPさんだからこそ出来る仕事と感激します

名前:KDV (URL) 編集

2013/06/11(Tue)09:03

KDVさん
有難う御座います

僕の場合は金属加工が本職なのでソコソコの事には対応出来ますが、プライベートで色々な加工等をチェレンジするKDVさんは素直に素晴らしいと思います

名前:akai (URL) 編集

管理人のみ閲覧できます

2015/11/04(Wed)12:04

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ