Home  > ダエグ > 2XTスイングアーム改造の続き

2XTスイングアーム改造の続き

2013/11/20(Wed) 21:24

1_201311202038327ef.jpg

みなさんこんばんちゃ
珍しく久し振りに二日連続ブログ更新です

昨日切断したリンク取り付け部分です
コイツを新規で1から削り出して作ろうか悩んでいましたが、足りない部分は溶接で肉盛してからフライスで仕上げ直して、寸法もR1-Zに適合するように修正しました






2_201311202038340dc.jpg

リンク取り付け部分の加工は終了したので、お次はスイングアーム本体の加工と言いましょうか、修正に移る前にフライスの段取り変更です
汎用フライスは、字の如く汎用です
でもね、バイスの取替えやクランプの取替えって結構面倒くさい作業だったりします
余談かも知れませんが、バイスの取り付け一つにしても、ただ単に付けりゃ良いとい言う訳では無く、ダイヤルで左右の通りをバシっと出しておかなければ、ワークの掴み変えの度に加工精度を落としていく要因にもなるのです
そんな訳で出来る事ならバイスを取り外したく無い訳ですが、そんな事言っていたら仕事にならない訳で・・・・><





3_20131120203836694.jpg

油圧バイスを取り外して、スイングアームをセットしました
スイングアームも適当にセットすればOKって訳でも無く、ダイヤルゲージで左右のレベル調整と、通りを揃えています



4_2013112020383712c.jpg

レベル調整が出来て、次はセンター出しをしようと思ったらポイントマスターがピクリとも反応しない

「あ、」アルマイトの表面は絶縁体だったんだ

電気の通電で測定する機械は使えないので、左側のアナログなアイテムでセンターを出す事にしました

(右側の何となく立派なヤツがポイントマスター)




5_20131120203839547.jpg

ココがセンターだ
しかしコレ考えた奴は頭が良いね
こんな簡単な物だけどバッチリ測定出来るもん
ポイントマスターも確かに素晴らしいんだけど、易々と買いかえれるような金額じゃないし
コイツは構造も簡単でオマケに安いからガンガン使える
飛んでも「あーあ、」でなんとかなるしね




6_20131120203906577.jpg

リンクアームの付け根もバッチリ収まった




7_20131120203908843.jpg


後はスプリングが干渉する部分のカットです
ぶっちゃけた話、ココまで大きく逃げ加工する必要は無いです
でもどうせ切った貼ったするなら格好いい方が良い
それと実は板を真っ直ぐに貼るよりも、船曲げしたりR曲げした方が、同じ板厚でも強度にグンと差が出るんだ
もしも今後に別車種からのリアサス流用が出来る事が判明した場合に、「あぁ、・・・・あともう少し余裕が有れば使えたのに・・・」って事が来る来ないは別として、キャパは余裕が有るに越した事は無い
そんな感じで余裕を見た結果がこの形状です

スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(3trackback(0

2013/11/21(Thu)07:34

ポ、ポイントマスターって、どういうもんなんでつか~?(汗)

名前:Nikkor (URL) 編集

2013/11/21(Thu)18:34

Nikkorさん
これはですね、ワークのセンターや基準を出したり調べたりする時に使うタッチセンサーです
先端の丸い部分がΦ6の球体になっていまして、フライスの刃物を取り付ける部分に装着して低回転で回します
回転させたタッチセンサーの丸い部分がワークに触れると通電して赤いLEDが点灯して接触した事を知らせてくれます、Φ6の球体なのでそこから3mm進んだ場所が回転軸芯と言う事になります
そんな感じで使う物です

名前:akai (URL) 編集

2013/11/22(Fri)17:14

そそられる記事ですね!
見てるだけでも楽しいです
我がモンキーも早くバラして送りたいのですが暇がないです。。。

名前:KDV (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ