Home  > ダエグ > ステーにつけるステー

ステーにつけるステー

2014/01/22(Wed) 22:06

1_2014012220522660b.jpg


ステーにつけるステー
なんか「アルミ缶の上にあるミカン」みたいな感じですね?

それはさて置き、骨格となるパイプ関係は何とかなったのだけれど、肝心のステーと言いましょうか、各部品の取り付けマウントの細かい事を考えていませんでした


2_20140122205228ccc.jpg



アルミで作るのならば常識的にも、鉄と同じ厚みだと絶対に強度不足は免れない
だからって無意味に分厚いと作るのも大変だし、パーツの位置関係にも無理が生じてしまう
ならばここはリッチに7075の削り出しステーと行きたい所ですが、そんな事するとめっちゃ高くついてしまうのでボツ
現実的には6061辺りの板を切り出してリブ曲げして強度を確保したい所なのだが、6061はプレスできつく曲げると割れるのでコレもボツ




3_20140122205229861.jpg


そんな訳でそこそこの厚みの5052をチョイス
板のままだと弱いけれど、曲げてリブを作れば5052でも結構強くなる
耐久性に関しては完成後に、実際に自分が使って長い目で確認する必要が有るけれどね
とにかく怖いのは振動が発生する根元部分のクラックだ


スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ