Home  > ダエグ > ダエグ レース用カウルステー

ダエグ レース用カウルステー

2014/01/30(Thu) 21:48

1_20140130210439803.jpg

このアルミカウルステーは、前々から作ろうと計画はしていたのだけど仕事がいそがしかったり、その他色々有って保留のままずーと来てました
でも今回こうやって重い腰を上げる切欠をくれたのはマーキュリーでした
何やらマーキュリーはダエグでレースをしていて、軽量化の為にこのアルミ製カウルステーが必要との事で、俺にステーからメーターにオマケにビキニカウル一式まで貸してくれたのです
こうなったヤルしかない!なんて言いつつコイを始めてから結構な月日が流れましたね・・・ゴメりんこ><

それでまぁ、やっとの事で軽量なカウルステーの試作が完了したのですが、一つ引っかかる事が有りました
軽量化したいといっていたな?レース車両に欲しいと?
じゃ、ノーマル形状をトレースする必要なんて何処にも無い訳だ
だってウインカーやヘッドライトが付かないんだから






2_201401302104416ef.jpg

ではレース用に剛性を確保しつつ極限まで軽いスペシャル品を作ってみようとなった訳です
極端な話ですが、究極を目指すので有れば実は上下を結ぶパイプすら必要無いような気がする
でもここはそれッポイ雰囲気も大事だろう、それとハイスピードでカウルがモゲてリタイヤなんて事になったシャレにならないもんね

それと当然の事ながら公道使用不可です




3_20140130210443d05.jpg


必要な機能はカウルの固定とメーターの取り付け、それ以外は不要って事に的を絞るとこうなった

人間は約20%以上の差が無いと、ソレを体感する事は難しいと言われています
この二つを持ち比べて明らかに軽いと思うのだからきっと軽いはずだ





4_20140130210445eb4.jpg

あ、そうそう
実はノーマルが何グラムか全く知らない
何て言うか何キロでも良くね?って感じですが、どれだけ軽くなったのかを調べるために測っときます

はい、約1000g



5_201401302104468d5.jpg


それともう一つステーが有ります
コイツが無いとカウルが付きません

はい、180g

って事は合計すると1180gのウエイトって事になります


8_20140130210516495.jpg


アルミのヤツは手始めにコイツから行っときます
はい、115.5g

あ~、M6のナットリベットが鉄だから重量が増えちゃったよ><

でも115.5g
マイナス64.5gかぁ・・・
別に大した事無いな?






6_20140130210512e51.jpg

お次はストリート用アルミステー

454.6g

おぉ!これは軽いかもしれん

合計すると570.1g

差し引きすると609.9gの軽量化

おおよそ半分の重量ってわけだ

こりゃええかも知れん




7_20140130210514b3f.jpg


更に今度はレース用のステー

294.5g

合計410g

こりゃ流石に軽いわ!
一応強度には気を使ったけれど、実際には走ってみなきゃ解らない事が沢山
それよりもちゃんと取り付け出来るのかが心配だわ



9_2014013021051780f.jpg


カウルの中を覗いてギンギラギンだとカッコ悪そうなので黒で塗装しておいた
多分言わなきゃコレがアルミで出来ている事に誰も気がつかないだろう





10_2014013021051928c.jpg


でもレース用のやつはあえて塗装しなかった
何これ?感も必要かなと
とりあえずちゃんと着くのか?不具合は無いか?とにかく今はソレが心配です







スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(2trackback(0

2014/01/30(Thu)23:29

いや~すごいですね。
自分にもこんなスキルほしいです。
このクオリティはさすが!!

それとこの絵見てて以前のやつの解決策思いつきました。
チョイ改でカウルはイケそうです!!

再トライしてみます。

名前:だいぶっさん (URL) 編集

2014/01/31(Fri)18:03

だいぶっさん
有難う御座います
でも近くで見ると結構粗いところが有りますけどね^^;

だいぶっさんも頑張ってリトライしてみて下さい
完成を楽しみにしてます

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ