Home  > ダエグ > サイレンサーの修理

サイレンサーの修理

2014/06/14(Sat) 19:19

1_20140614120653c19.jpg

一見何の変哲もないサイレンサーですが


2_20140614120654765.jpg

実は数年前にエンストコケしてしまい(涙)このチタンサイレンサーシェルを凹ませてしまいました><

まぁ、喉元過ぎればなんとやらで、最初はイヤでイヤで仕方がなかったのですが、見慣れて免疫が出来てしまい
今では何にも思わなくなってます
これって高価なカスタムパーの時と同じですよね♪
何事も最初だけ

ま、コイツのお陰でエキパイ作ったり、某サイレンサーを改造して遊んだりと、相当楽しめましたけれどね


3_201406141206567ff.jpg

でもやっぱ気にはなっていたんですよ
ソレを要約修理する事になりました


用意したのはカーボンシェル(パイプ)
別に何に使っても良いのだろうがマフラー専用では無いのかな?
普通に修理するのならば同じくチタンの薄板を買ってロールで巻けば簡単に同じパイプを作る事が出来たのですが、どうせ同じお金を掛けるので有れば何か違う事をしたいと思いだいぶん前からズーットコイツを探していたました、そしてやっとこさ丁度良い規格サイズのカーボンパイプを見つけたと言う訳です



4_201406141206575f3.jpg

先ずはサイレンサーを分解するのですが、両サイドのキャップはリベットで頑丈に固定されています
このりベットを外すのはグラインダーで削り下ろすか、ボール盤を使いドリルで頭を切り飛ばします

ドッチもドッチですが、サイレンサー本体を傷つけないように慎重に・・・・




5_20140614120658566.jpg


無事に分解完了
メンドクサイのでバラバラにはしませんが、サイレンサーの中身はこんな感じです

この段階でリベットのカスはキレイに取り除きましょう
後でなんて言うと忘れて閉じてしまいカラカラと煩いですよ

なんで知ってるかって?
ふふふふふふ・・・・・・・・・・・><







6_20140614120731526.jpg

今度はあたらに使うカーボンパイプに、リベットを通す穴を開けます
その前にガムテープ等で傷を付けないように養生をします
養生は面倒だけど後々の作業がやり易いし、不意に襲い掛かる不幸を回避したり軽減してくれます



7_20140614120732012.jpg

やっぱムシれるな~><
キンキンに砥いだキリでもこの始末

実はこのパイプの販売長はもう少し長かったのですが、自分で切断するとムシれまくって痛い目を見るので販売元の方に切断して送ってもらいました
やっぱ切ってもらってて正解だったわ

てか結構納期長かったけどコレ受注生産??



8_20140614120734dc3.jpg

穴さえ開ければコッチのもの
後は組み立ててリベットで閉じるのみ・・・・ってココで残念なお知らせが><
ドリルでリベットを飛ばす際にサイレンサー両端のハチマキ(いがんだこいつ)が、噛みこんでしまいこんな状態に

いやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁぁぁっ!!><









9_20140614120735fc3.jpg

でもええねん
こんな事も有ろうかと別にハチマキを作って用意していました
材質はSUS304 t-0.3
楕円形の穴を開けて少しオシャレにしてみた




10_2014061412073690e.jpg


そしてリベットで閉じて完成
使ったタマがSUSフランジ SUSシャフトなので引きちぎるのが固いこと
ウッカリ指でも挟んだら骨折する勢い

もしも自分でサイレンサーを修理するのにコレを参考にする人が居るのであれば、先にも書きましたが古いリベットのカスは確実に取り除きましょう、中に残したまま閉じてしまうとカラカラとやかましいです









DSC_0018_201406141821549b5.jpg


無事に修理が完了しました
このカーボンパイプには、カーボンが数種類有ります
代表的なのが平織りと綾織りってヤツですね
自分は綾織りの折り目を見ると目が疲れるので平織りを好みます
この平織りにもまた種類が有り、目の細かいヤツとこの大きな目の2種類です
なんて言うか、コレを選ぶときに見本ポイ画像をみて選んだのですが、何メッシュか書いてないんですよ
あんま細かい目だとカーボンが引き立たないかな?なんて思いコイツを選んだのですが、箱を開けて一目見た瞬間「コイツはカーボンが引き立ち過ぎやろ!」って思いました
パイプ単体だと「やっちまったか?」なんて思いましたが、実際に付けると意外と丁度良いかな?なんて
ここまでゴッツいカーボンの折り目を見た事が無いので目だって良いかな?
今ではそう思えるようになった

喉元過ぎればなんとやらですね♪
すぐに免疫が出来るさ



DSC_0017_20140614182152b70.jpg

離れて見てもカーボン柄が見えるので良い感じです♪


スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(5trackback(0

2014/06/15(Sun)09:24

市松模様のサイレンサー
とってもカッコ良す!

ところで、サイレンサーステーの車体側の荷掛けフック兼用ボルト、
ねじ込みが半回転少し、一回転も無いんやけどakaiさんのってどないですか?

まあ、こんだけ走り回って今更なんですが~(* ̄▽ ̄)ノ

名前:南悪代官 (URL) 編集

2014/06/15(Sun)20:13

黒ダエグにカーボンサイレンサーは、よく似合いますね!いいな〜
フェンダーとも、いい具合でマッチしてて渋いです!
まさか元々チタンだったなんて誰も思わない出来ですね(^_−)−☆

名前:パンくん (URL) 編集

2014/06/15(Sun)22:29

パンくん
ありがとー
黙ってりゃコレが普通に見えますかね?
いかにもヤッテます!ってよりも、知る人が見れば「?!」って感じを目指しているので、とりあえずOkかな?(笑)

名前:akai (URL) 編集

管理人のみ閲覧できます

2014/12/23(Tue)09:47

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

2015/11/16(Mon)21:44

て言うか、直線番長モロバレやん、カッコ悪

名前:名乗る程ではござらぬ (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ