Home  > ダエグ > 吸気温度も大事だけど・・・・

吸気温度も大事だけど・・・・

2014/06/30(Mon) 19:03

1_20140630180553e0d.jpg

みなさんコンチャーっす
しかしまぁ、あっっっつい毎日ですね
真夏を目前に、すでに夏バテ一歩手前のjp-akaiです><
今日は、あんま脱線せずに本題にうつりたいと思います

気温が高くなるとバテルのは人間だけじゃ無く、バイクや車のエンジンも同じですね
ご存知の通りガソリンエンジンは空気を吸ってガソリンと共に爆発させるサイクルで動いています
気温が高くなると同じく水温も高くなりますね
そうなるとコンピュータがエンジンを保護する為に点火時期を遅らせたり、ガソリンを多く吹いたりしてパワーを落とす方向へとシフトしたりします
当然乗ってても「あれ、なんかパワー感がないなぁ?」って感じで面白くないです
他にも気温が高くなるとパワーを落とす原因の一つが吸気温度の上昇です
何で吸気温度が高くなるとパワーが出ないのかと言うと、空気密度と関係しているのですが
書くと長いし、見てても面白くないだろうから書きません><
興味の有る人はググッて下さい



2_201406301805558be.jpg

それでまぁその吸気温度の上昇なのですが、本来ZRXの吸気口は、車体右側のサイドカバー内部にニョキーンと像の鼻のようなダクトが車両後方へと伸びて、極力エンジンの廃熱の影響を受けないようになっています、さーすが純正!良く考えられていると感心せざるをえない

所が俺の黒王号は、吸気流量を上げる為にノーマルのBOXを改造してこんな状態に
これだけ見ても「ふーん」なのですが



3_20140630180556e85.jpg

問題なのはココの隙間です
アチラからエンジンのアッツーイ熱気が流れ込んできて、モロに吸気しちゃってます
おまけにイス(シートとも言う)をつけると完全に密閉されて中はサウナ状態です><


4_20140630180557954.jpg

走行直後にイスを外して、エアクリを触ると結構熱いです
ソレよりもイス外した瞬間「モワッ」としてます

んー、一体こん中って何度まで上がってエンジンは吸気しているんだろうか?
などと考えながらぴっぴちゃん(インコ)の餌を買いにペットショップを徘徊していると面白い物を見つけた♪



5_201406301805596a7.jpg

こりゃ熱帯魚の水温を管理する水温計だね
でもセンサーが別の場所に設置出来て、吸気温度を軽くモニターするにはスペックも充分
おまけに安い!千円でオツリが来る!・・・と思ったら消費税8%でレジで泣いた><


6_20140630180639a61.jpg



ほぅ、おもちゃのわりにはナカナカ立派だ (※本来はオモチャでは有りません)
とりあえずこんなモンを手にしたら体温を測定するのは俺だけだろうか?



7_2014063018064064d.jpg

センサーの設置完了
こんなモンかな?


8_201406301806424cc.jpg

モニターの設置も完了
超適当、見れたらえーねん見れたら
すぐに取り外すとは言え、性格が滲み出ていると我ながら感心してしまった



9_20140630180643c89.jpg

取りあえず本日のご通勤にて

ほぉー、結構温度が高いのね
予想はしていたけれど、予想通りすぎてイヤだ><


10_20140630180644dc5.jpg

今朝の通勤で気が付いた事は、この温度計は元々水温を管理する為の物だから、空気の微妙な温度変化にはレスポンスが悪すぎる、そこでセンサーに銀テープ(アルミテープとも言う)を貼り付けて、空気と触れる表面積を増やしてみた
これがナカナカの正解だったようだ、今朝はジワジワと温度が上がる動きしかしなかったのですが、帰りは温度の上下変化を見て楽しむ事が出来た
それとタンクの隙間にウエスを詰め込んで、熱気の流れ込みに少し対抗してみた




11_201406301807222d2.jpg

でも結論的にはやっぱ温度は殆ど同じだった
銀テープを貼ってセンサーのレスポンスが少し良くなって面白い事に気が付いた
信号待ちになると水温は当然上がるけれど、イスの下の温度は僅かながら少しずつ温度が低くなっていく事
恐らく走行中はエンジンの廃熱が走行風により、隙間からシート下に流れ込んでいるんだろう
当然常に40℃付近の熱気を吸気している訳では無いだろうが、黒王号のシート下は大きなエアクリーナーBOXのような物だから、そこの内部が40℃付近まで上昇する事は好ましく無い事実だ
ソレよりも一番困るのが、仕事帰りのコンビにでビールを買ってココにぶち込んで帰る間にビールがぬるくなる事!これは絶対に何とかせねばイカン!




スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(5trackback(0

2014/06/30(Mon)20:26

イスの下に熱気がこもるのはアカンな~
それでなくても、おケツに汗かく季節やのに~(* ̄▽ ̄)ノ


ビールは箱買いで大量に冷蔵庫に入ってないと不安なのは私だけ?

名前:南悪代官 (URL) 編集

2014/06/30(Mon)22:34

私もビールは、箱買いです!
って、話が違いますね!
暑いと乗ってる本人もダレて遅くなりますが、確かに冬の方がパワー出てる気がします!
温度センサーにアルミテープとは、すごい裏技です!

名前:Nikkor (URL) 編集

2014/07/01(Tue)01:00

悪代官さま
この時期は本当にケツ汗が…って何か汚ない話しですねー(笑)

Nikkorさん
車もだけど、バイクの方が季節のパワーの出方の違いがわかりやすく無いですか?

で、お二人様に大事なお話しが有ります

僕はバカなのでビールを箱買いすると、有れば有るだけ飲んでしまいます!
それと帰宅と同時に冷蔵庫を開けてビールの冷やし忘れに気が付いた時の絶望感と来たら…(>_<)

しかしもっと大事なのはコンビニのおねーちゃんが可愛いって事です



名前:akai (URL) 編集

2014/07/03(Thu)15:24

実に興味深い。
確かにシート下は灼熱地獄です。
エンジン熱が入る隙間が無くても常に熱々です。
以前、日光で買った饅頭が、自宅に着くころには温泉まんじゅうに変化しました。
私はお酒は飲まないのでビール話題はスルーして。
一つ質問です。
エアクリーナーの性能や大きさも大切だと思います。
それとは別に、以前akaiさんがやっていたツインクリーナーシステム。
あれの外側をクリーナーにせず、ボックスに変更してエアクリーナー通過後のエア容量を増やせば、レスポンスが良くなると思うのです。
それならば、エアクリーナーボックスの良い面はそのままに、必要なとき(急加速時)のエアは確保できると考えるのですが、如何なものでしょう??
要はエアクリーナーボックスの拡大です。

コメントが長すぎますね・・・

名前:ラオウ (URL) 編集

2014/07/03(Thu)17:57

ラオウさん
お久しぶりです^^
ちょくちょくとブログを拝見させて頂いていますが、写真がとてもキレイで見とれています

エアクリボックスの容量アップですがDAEGでは無いけれど、たしか1200Rではフタの部分にインテークチャンバーっぽい物が着いていたような記憶が在ります
ボックス容積を増やせば、下~中までのパーシャルから、ガバッと開けた時のスロットルのツキは多少は良くなると思いますよ
でもソレが体感出来るのかは謎です
体感出来たとしてもすぐに普通になるレベルなんじゃないかなぁ?

それと高回転に限っては全く役に立たないんじゃないかな?


ただコレだけ言えるのが、僕はDAEGでソレをやった事が無いのであくまでも憶測です
これを語って良いのはチャレンジした人だけです
是非ともトライしてみて下さい!
僕も答えが気になります

あ、酒は嫌いですか?
でもコンビニの可愛いおねーちゃんは好きでしょ?(笑)




名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ