Home  > ダエグ > 変化が見えると少し面白いかも?

変化が見えると少し面白いかも?

2014/07/03(Thu) 19:28

DSC_0033_20140703191305463.jpg

イスの下と言うか、吸気温度を知るべくお魚さんの温度計を設置して遊んでいるjp-akaiです
世の中には知らぬが仏と言う言葉が有りますね
全くその通りだと思います
でもね、知りたくは無いけれど薄々その事実に気が付いているのに完全に無視をキメこむのも勇気
現実を直視するのもまた勇気
どちらが自分に取って良いかはさて置き、気持ち良くバイクに乗れるのが自分に取って一番の幸せでは無かろうか?
しかしこんな難しい理論を考えれる程優秀な脳みそなんて持ち合わせてはいない
ただ言える事は遊ぶネタがあるので有れば心底楽しんで見せよう
そんな訳で憎っっっっっくきエンジンの熱気をシャットアウトしてやろう2014サマー(スペルわかんね><)計画です




DSC_0034_201407031913069db.jpg

色々と調べてみるとタンクとフレームの隙間も大きいのだけど、ココも豪快に隙間が開いてる



DSC_0035_2014070319130898a.jpg


取りあえず隙間と言う隙間には片っ端からスポンジゴムを詰め込んで熱気をシャットアウトする



DSC_0036_2014070319130974a.jpg


それともう少しだけ吸気温度を調べるのでちゃんとした温度計のステーを作りました




DSC_0042_20140703191310c3f.jpg


結果、嬉しい事に、走行中の平均吸気温度は40℃超えだったのが
だいたい35~37℃付近に落ち着きました(画像は冷えちゃってます)
前にも書きましたが、走行中はドンドンと温度が上昇して40℃を下回る事なんて無かったのに、サイドカバー近辺の隙間を塞いだら一気に5度以上吸気温度が下がりました
黒王号はラジエーターを変えているのでノーマルのラジエーターには当てはまらない事かも知れませんが
30km/h以上の速度が出ると、ラジエーターからの廃熱で脹脛の内が熱くなるぐらいの熱気が絡んできます
そう、脹脛(ふくらはぎ)の内と言えば丁度サイドカバーの部分なんですよ
黒王号はエアクリがノーマルでは無いとは言え、ノーマルと同じく車体右側のサイドカバー内部からエアーを吸い込んでいます
熱気の進入はタンクの隙間からも大きいとは思っていました、でも脹脛が熱くなるぐらいだから絶対にサイドカバーからの侵入も怪しいと思っていたんですよ

吸気温度が下がると冗談抜きでエンジンが調子よく感じます

タンクとの隙間はウエスを詰めてるだけだから、今度時間が有る時にちゃんと隙間を防ごうっと♪


スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(2trackback(0

2014/07/04(Fri)10:10

可愛いおねーちゃんは大好きです。
毎朝寄るコンビニのおねーちゃんが「いつもありがとうございます」なんて言いながら微笑むもんですから、、
「惚れてまうやろー!!」と叫んでいます。

そんなことはどうでもよいのです。
akaiさんの研究により、吸気口があるサイドカバーの進行方向側密閉度が妙に高い理由が解りました。
有難う御座います。
きっと、ラジエターカバーも同じように重要な装着理由があるのでしょうね。

エアクリーナーボックスの拡大にはチャレンジしてみます!!

名前:ラオウ (URL) 編集

Re: タイトルなし

2014/07/04(Fri)14:56

ラオウさん
研究だなんてとんでもないです
遊んでると言うか単に楽しんでいるだけなのでお恥ずかしいです^^;
それと右のサイドカバーの形状もだけれど、内部のエアクリ吸気ダクトがあえてニョキーンと後方へと伸びていたりするのも熱気対策なのかな?なんて思ったりします

名前:jp-akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ