Home  > ワンオフとその他 > ゴージャスなフォーク用・フォークガードⅡ

ゴージャスなフォーク用・フォークガードⅡ

2014/09/05(Fri) 19:35

1_2014090519013238d.jpg

みなさんこんちは
九月に入ってまだ五日しか経ってないと言うのに、このブログで今月は三つ目になります

あ~、何ていうか、マラソンで例えると、スタートの合図と共に勢い良く飛び出してポールポジションを奪ったのは良いものの、中盤までにすら体力が持たずあえなく撃沈・・・・みたいな感じになりそうな・・・・

ま、そんなんどーでもえぇねん!
ネタが有る時は迷わずブログを作る!
ネタが無い時はそれまでや!
そんなネガティブなjp-akaiです


さてさて、何時もながらに前置きが長くなりましたが
わたくし、色々な物を作ってますが
一度作ってソレきりって物が沢山御座います
でも不思議な事に二回目を作る事になる物は、三度目、さらに四度目・・・
いっそうの事このままコイツを製品としてラインアップしてやろうか?って思う物も御座います
その一つがフォークガードです

某スタビ用のフォークガードが欲しいとのリクエストで、自分でも予想しなかったぐらいに沢山手掛けたフォークガードと共にリクエストの多いのが今回作るフォークガードです



2_201409051901460c4.jpg


それは何かと言いますと某高級フロントフォーク用・フォークガードです
しかも誰も知らないままに密かにver.2へと新化してます
何が新化したかって?
ふふふふ
新・旧の現物を見比べなきゃ誰も気が付かないレベルです、はい
余談では有りますが、某スタビ用のフォークガードも実は2タイプ存在しています
それは何が違うのかと言いますと、実はガードの全長が微妙に違うのです


3_20140905190147bfe.jpg


今回の高級フロントフォーク用のフォークガードも、見比べなきゃ誰も気が付かないレベルでは御座いますが
微妙に全長が伸びて、更に幅も微妙に変更された、自称・「スタイリッシュになたよー」フォークガードです

※小さい「っ」が無いのはワザと



4_201409051901485e6.jpg


お金持ちで更に大量の需要が見込めるので有れば、プレスの金型を作ってバンバン抜けば楽で勝負もは早いのですが
残念ながら、カネはねー、そこまで需要もねー、営業力も無けりゃ宣伝力もねー、なので
地味に板を展開して、1mmの薄いSUS304板を切り出して、樹脂ハンマー片手に叩いて曲げると言う、原始的かつ超アナログな手法にてフォークガードを作っていきます





5_20140905190149ec2.jpg


先程の曲げた三枚の板を溶接して一つのパーツへと纏めました
これで何となくフォークガードの板っぽく見えて来たでしょ?



6_201409051902187f5.jpg

恐らく一般的にステンレスと言う素材へのイメージは「銀色でピカピカ」だと思います
しかしこの業界での実際の所、ステンレスは「白」と言うのが現実です
マニアックな話になりますがこの業界では、SUS(ステンレス)の板での材料段階の呼び名では「No1」やら「2B」との呼び方で区別されます、話せば長くなるのであえて語る事は有りませんが、今回使っている素材は2Bです
※他にも研磨材や、鋼材になるとホットやらコールドやらと、微妙に呼び方が違います

前置きが長くなりましたが、2BにせよNO1にせよ一般の方が思い浮かべるピカピカのステンレスとは程遠い、白い肌の状態を磨きこんで、皆さんのイメージするステンレスへと仕上げて行きます


コレがポリッシュになる前の下地段階です(通称:白上げ)
先程の板段階では白い印象を受けていると思いますが、ココで何となく皆さんのイメージするステンレスと言う素材へのイメージに近づいたのでは?と思います







7_20140905190219fa3.jpg

下地が整ったら今度は磨きに入ります
下地段階ではザラっとしたシルバーの肌でしたが、バフを掛けて鏡面に近づけて行きます
業界ではコレが約#250~300研磨のバフです
もっと頑張って#400~600まで行けば、完全に鏡面とも呼べるレベルまで仕上げる事が出来るのですが
そこまで行ってしまうと、使っているうちに付いてしまう細かい傷が目立ってしまい、ソレが気になってしまうのと
あんまピカピカすぎると「これメッキ?」等と悔しい事を言われてしまう事が有ります
なのでわたくし的に#300ポリッシュまでが一番リッチに見えるのでは?との独断と偏見にて仕上げております

ここで少しだけ偉そうに語りたい事が1つ有ります
バフはただ単に磨けば良いのでは無く、如何に研磨の目を揃えるかで仕上がりに差が出ます







8_20140905190220b3b.jpg


で、最初に作ったバンドをジグにセットして、ガード部分と溶接して最終仕上げに入ります


9_20140905190221971.jpg


そして更にフィニッシュのバフ掛けをして完成

もしも「メッキ?」と聞かれたらこう言って下さい
「本物のSUS304のバフ仕上だと」




スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(6trackback(0

2014/09/06(Sat)14:52

南国のお方のんやな・・・

しかしほんま素晴らしい出来栄え!

最高やねぇ~

名前:an (URL) 編集

2014/09/06(Sat)17:22

親方様、何の話?~( ̄▽ ̄)ノ

もう、一生もんの宝もんですな!
ダエグ愛が倍増します~大切にしますね!

名前:南悪代官 (URL) 編集

2014/09/07(Sun)13:18

お代官様のところへ、献上されるのですね!
しかし、溶接箇所も判らないくらいに綺麗に仕上がて、磨かれてるので1枚物に見えてしまう美しさです!
お代官様も某高級フォークイッちゃいましたか~!
実は、私も最近急に欲しくなってしまい、かなり悩んでます。。。
もし、私もイッちゃった時には、このカッチョいいガードお願いしちゃってもいいでしょうか?(汗)

名前:Nikkor (URL) 編集

2014/09/07(Sun)19:41

anさん

即バレですね^^;

名前:akai (URL) 編集

2014/09/07(Sun)19:42

悪代官さま
あんまり近くで見ないで下さい

名前:akai (URL) 編集

2014/09/07(Sun)19:44

Nikkorさん

磨きではNikkorさんには勝てませんが、必要の場合にはご連絡下さい
お待ちしております^^

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ