Home  > R1-Z > 秋はサンマ

秋はサンマ

2014/09/07(Sun) 18:58

1_20140907172838182.jpg

皆さんこんにちは
今月は意外と真面目にブログを更新しているjp-akaiです
ま、こんなん言ったら駄目だけどもう直ぐネタ切れなんで、そこんとこヨロシク!

で、いきなりですが親指と人差し指で摘んでいる、黒い怪しい液体の入った小瓶は何だと思いますか?


ってなクイズ形式で話を進めるつもりでしたが、パッケージにおもくそ接点改質材
って書いてるじゃないか!


これね、一昔前に流行った(?)ナノカーボンとやらで呼ばれた胡散臭いケミカルで御座います
実はですねR1-Zの話しではないのですが、DAEGのコンピュータ関係のコネクターの何処かの接触があまり良くない感じなので、何とかならんか?と考えていた時にコイツの存在を思い出したのです
でもイザ欲しいと思いオートバックスに探しに行くと売ってないんですよね~><
それで車やバイクには全く関係の無い某エアーガンショップを思い出したのです
ウン十年まえの連射出来るトイガンと言えばフロンガスやら、エアータンクに充填した圧縮エアーを利用してBB弾をフルオートにて発射していましたが、現在はバッテリーとモーターにてピストンを駆動する電動ガンと言う物に新化しております
正直ココで説明するまでも無く好きな人は知ってるだろうと(?)

で、前置きの前置きが長くなりましたが
そんな訳でエアガン屋さんにてこの接点改質材を購入した次第であります


正直な話コイツの理屈は解っていますが、元々電気が流れてんだからあえて必要か?
私もそう考えた時期が有りました・・・・

結論から言うと肝心の発作的に現れる不調の改善までは行きませんでしたが、今まではアイドリングが「ブアン、ブアン」と不安定にハンチングしていたのがピタリと安定した、コレにはビックリ!
それと低回転のトルクが図太くなったのにも驚いた
こんな事ならもっと早くに手を出せばよかったなぁと反省



5_20140907172843179.jpg



だったらR1-Zにも効果が有るかな?なーんて軽い気持ちで(実はカナリ本気で)CDIに繋がるカプラー全部と、ジェネーレーターのコネクターは勿論、レクチファイアにイグニッションに意いたる全ての端子にぬりぬりしてみた
因みに俺は子供の時からCRC等のスプレーを買ってもらうと、チャリやらドアやら目に付く全てにスプレーしまくって、半日もしないうちにカラにしてしまう、そんな嬉しがりバカだった、いや過去形では無く現在進行形である
そんな話はどうでも良いとして、ナノカーボンをぬりぬり後にワクワクしながらキックを蹴る準備で
ピストンの上死点を探るべく右足に神経を集中するとスカッ・・・・
ありゃまぁ、上死点を過ぎてしまったと思ったらバラバラバラバラ・・・っと一撃でエンジンが掛かってしまった
これはたまたまなのかは解らないのだが、キックはまだ一度も蹴ってないんだわ
正確言うと、キーをオフのままで数回クランキングして、クランクケースに混合気を送ったのは確かだ
でも普通はこの状態から、いくら調子が良くても最低2~5回はキックを蹴らないとエンジンは掛からない
因みに調子が悪けりゃプラグがボトボト
それが軽く上死点を探っている段階で勝手にエンジンが掛かったんだからもうビックリ!
世の中は色々な怪しいケミカルが多数存在しますがコイツは本物だと感動してしまいました

因みに千円もしなかった
タマタマDAEGにも効果が有ったけど、通電が悪くなっている古いバイクには試してみる価値有りだと思います


3_20140907172841de2.jpg


で、タイトルであるサンマと何の事かと言うとコイツです
後方排気TZR250 通称サンマ(3MA)
コイツがまだ現役だったのは確か15~16歳ぐらいの時だったかなぁ~?
アッパーカウルのナックルガードが取って付けたような感じは嫌いだったけど、白い煙を吐き出す2本のサイレンサーがケツから生えてるのには正直シビレタね、ヤマハが本気で作ったパラツインの傑作品(当時はあんま人気無かった記憶)
でもね、悲しいかなレースではNSR250に勝てなかったんだわな(上手い人達の話ね)
で、短命ながらにして1991年にしてV型の3XVにシフトしたってな感じでYAMAHA2stを語ると長いので省略


2_20140907172840218.jpg

で、そのサンマの何やねんて話ですが、コレは3MAのリアサスです
コイツをR1-Zに付けてやろうかと企んでます
正直な話、普通では絶対にポン付け出来ません
実は数年前にコイツを付けようと頑張ってみたのですが、僅か数センチ程長いお陰で収まらなかったのです
詳しい長さは忘れましたが確か30mmぐらい長かったのかな?
コレを解決するにはフレームのサスマウント部分を切断して新たに作り変える他は無い



4_2014090717284252d.jpg

正直な話当時はそこまでやるとコイツの価値が下がるかな?なんて思っていたので諦めましたが
現在は既にアブノーマルな車体になっているので価値もクソも無いかな?ならばトコトン行ってやろうか?等と思いました
しかし現在でもフレームを切った貼ったしてまででもコイツをブチ込みたい理由が有ります
それはコレの存在です
知っている人は多いと思いますが3MAのリアサスには減衰力を調整出来る機能が付いています
R1-Zってね前も後ろもサスペンションがフニャフニャなんですよ
現在は販売されているかは不明ですが、高級なアフター品を入れる程でも無いしみたいな

やり始めたら多分早と思うんだけど、重い腰を上げるのに少し時間が掛かるかも?
そんな訳で長い目で見てやって下さい

では 

ノシ
スポンサーサイト

テーマ:カスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(8trackback(0

2014/09/07(Sun)20:24

akaiさんもご存じの玉虫号のヘッドライトの不調にも 接点改質剤って有効かな~
最近もタマに機嫌悪い時あんねん~><

やってみる価値は有りですね~

名前:南悪代官 (URL) 編集

2014/09/07(Sun)22:52

悪代官さま
それに対してはですね
多分効果が無いと思います(^-^;
恐らく問題が有るのはリレー本体じゃ無いかな?
しかもひょっとするとHIDではなく、ダエグ本体側の…
H4のローハイスライドタイプは、パッシングや、ローハイの切り替えの時に落ちてしまうことが多々有ります
落ちた時はダメ元でパッシングを連続してみてください
意外とこれで再起動する時が有ります




名前:akai (URL) 編集

2014/09/08(Mon)21:12

なるほど!
確かにエアーガンのパワーアップとかのネット情報で、これと同じ様なケミカル使ってるの見ました!
カーショップじゃなくて、ガンショップに売ってるんですね!

名前:Nikkor (URL) 編集

2014/09/09(Tue)19:30

Nikkorさんもエアガン好きでしたね^^
怪しいけど、お勧めです(笑)

名前:akai (URL) 編集

2014/09/10(Wed)18:07

初めまして
TIG溶接の画像を検索してて、
そこから、ブログ拝見させていただきました。

バイクと溶接・・・
高卒で溶接屋さんに入ったころの思いが蘇ってきました!
ある程度溶接ができるようになってから、バイクのパーツや、ちょっとした小物とか「できたらいいな~」と夢を描いてたんです。
それを実現されている・・・。羨ましいです。

くれぐれも体調には気を付けてください。

突然のコメント、失礼しました。

名前:にゃんぱら☆(某ブログのハンネ) (URL) 編集

2014/09/10(Wed)22:48

にゃんぱら☆さん
初めまして
ブログを見てくれてありがとうございます(^o^)
ヘンテコな工作日記ですが、これからも宜しくお願いしますm(__)m

名前:akai (URL) 編集

2014/09/12(Fri)12:17

はじめまして。
ブログ興味深く拝見させて頂きました。
私もR1Zに乗っていたのですが、クランクがいってしまいバイクショップにオーバーホールすると20万ちかくすると言われ倉庫で眠っています。
ご自分で修理できるのが羨ましいかぎりです。

名前:若旦那 (URL) 編集

2014/09/12(Fri)13:52

若旦那様
はじめまして
ブログの閲覧有難う御座います^^
クランクのOHは全バラは当然になってきますが、何よりも神経を使うのがクランクシャフト本体の分解と組み立てですね、物凄く神経を使います
ソレを考慮すると20万円は妥当な金額とは思いますが、確かに痛い出費ですね><
一つの考え方ですが、オークションで目安として、1万キロ以下の程度の良いエンジンを買って乗せかえるのも一つ手なんじゃないかな?
エンジンの積み替えなら差ほど難しくも無いのでトライしてみては如何でしょうか?
是非眠りから覚ましてやってください!

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ