Home  > R1-Z > あし

あし

2014/09/13(Sat) 21:35

1_2014091320023470b.jpg

皆さんまいどー!jp-akaiです
近頃DAEGはネタ切れ感が漂っていますが、その代わりコイツでもイジって遊んでやろうと思っております




2_20140913200252d5d.jpg

前回はR1-Zのケツに3マのダンパーをブチ込んでやろうと言うお話しでしたが、取りあえず一旦置いといてコイツも同時進行で考えてみようと思います

ジャン!
倒立フォーク

勿論中古ですはい
これ何用だと思いますか?


3_2014091320025391e.jpg

実はですね、スズキのグース350のフロントフォークです
普通というか、R1-Zに倒立を組む時の定番と言えば3XVの(V型TZR250)倒立だったり
または3MAの後期モデルに採用された倒立だったりと、同じYAMAHAを流用する事が多いようです
なので「なんでまたグース350やねん?」と思われる方も居るかも知れません
実はコレには少なからず多からずちょっとした理由も有りました
その一つにグース350の倒立フォークはあんま人気が無いから、まぁまぁ程度の良いものが安く入手出来るのと
もう一つの大きな理由がグース350の方がR1-Zよりも僅かに重量が重いからなんです
同じ流用するなら3xvの物の方が絶対的に楽だし、最終的に安上がりかも知れない
実際の所スプリングレートの違いは詳しくは知らないのだが、アルミフレームで車重の軽い3xvのフォークを鉄フレームの重いR1-Zに入れるとバネが柔らかくて、強めのブレーキでフルボトムするんじゃないか?なんて思った
それで同じ鉄フレームで、僅かに車重の重いグース350の事を思い出したって訳です
取りあえず2本纏めて体重を掛けてストロークさせてみた所、コシがあって良い感じだと思った
まぁR1-Zのフォークは笑えるぐらいにふにゃふにゃなのですがね


4_20140913200254108.jpg


でも同じ倒立フォークでも、グース350は何であんま流用を聞かないのかって理由はココに有ると思います
実はブレーキが右側シングルディスクなのです
なので左側は座面加工してからボルト穴もあけないとキャリパーを取り付ける事が出来ないんだ
面倒だけどソレぐらいはやってみる価値は有るかな?
それとキャリパーのボルトピッチが90mm
DAEGのキャリパーを付けてやろうかと思ったけれどサポートを作るのがメンドイ
だれかピッチ90mmのキャリパーおくれー!><



5_20140913200255f92.jpg


取りあえず問題が山積みで解決しなきゃならない事が沢山有る
賢い良い人は頭の中で収まりを整理出来るのかもしれないが、俺はバカなんでCADでお絵かきします
実はパーツをトレースしてCADデータにするのって意外と楽しかったりする
パーツデータが増えてくると、どのパーツとどのパーツの組み合わせが最高の収まりだとか
または何処をどれだけ加工しれやれば取り付けが出来る等が解ると言うか、考えやすい

6_20140913200332467.jpg

取りあえずフォークを取り付けるのにはステムとトップブリッジが必要になってくる
コイツに流用するステム等は定番的なメニューに従うとして、先ずはR1-Zの現状を出来る限り詳しく調べておく方が、後々に楽になる


7_20140913200333d2a.jpg

そんな訳でアンダーステムをトレースしてCADデータにしておく
コイツはここまで詳しい絵は必要ないんだけど、後で使用する倒立用のステムのハンドルストッパーの位置関係把握に役立つはずだ


8_201409132003347e5.jpg

現状で解るデータは全て入力
R1-Zの収まり
グース350のフォークピッチ
新たに採用するステムの情報

こうやると、何が使えて何が使えないか
どんな寸法の物が必要かが解る





9_201409132003352b4.jpg

その結果、R1-Zのフロント一式何も使えない事が解った(爆)
まぁライトやメーターは何とでもなるからヨシとして
グースのアクスルシャフトを使わなければならない為にホイールが×
ベアリング径の都合でシャフトを通す事が不能
だからってR1-Zに合わせた細いアクスルシャフトを作ったとしてもソレは貧相で怖いし
ホイールをザグってベアリングを一つ大きくすれば問題解決なんだけど、それはそれで大変なので適合するホイールを探す方が勝負が早そうだ
ブレーキディスクもΦ280って半端だし、この際Φ300にするか?
特にオイルは漏れてないけどフォークもOHしたいし
アウターもキレイに再アルマイトしたいし
考えたらめっちゃカネが掛かる事に気が付いた(今更)

やっぱり前足も後ろ足もシャキッとさせたいね

取りあえず暫くはコイツで遊べそうだ




スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(2trackback(0

2014/09/14(Sun)11:35

ついに倒立フォークですか!
やはり流用って大変なのですね。
こっちを付けると、そっちが付かずみたいに、合わない部品が増えていっちゃうんですね。。。
となるとボルトオン対応のパーツは、ほんとに便利に思いますが、お金出すだけで誰でも付けられるので、それも面白くないかなって思いますよね。

私には絶対できないことに、挑戦されていくので、ほんとに楽しみにしています!

名前:Nikkor (URL) 編集

2014/09/14(Sun)23:47

Nikkor さん
こんばんは
そーなんですよ
流用って一番手っ取り早いのですが、その代わりどの組み合わせにしなきゃいけないってデータが無きゃ、逆にお金も掛かるし苦労も多いです
でも幸いなこ事に同じYAMAHA同士で有れば、意外とコンバートが効くように作られているのがYAMAHAの良い所です
いや、これはどのメーカーにも共通していますが、自分の知る限りYAMAHAとKAWASAKIはパーツの互換性が有る場合が多いのでどちらのメーカーも大好きです

ぶっちゃけスズキもホンダも同じメーカー同士ならパーツの互換性が有るものが多いんですけれどね(笑)

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ